Pocket

漫画家、愛内あいるさんのレポ漫画が話題になっています。

 
Twitterで投稿した漫画ですが、多くの人にリツートされ早くも次回作を望む声が殺到しています。

 
愛内あいるさんのレポ漫画のタイトルは「ブサイクなので整形に行ってきた話」。

 
かなり直球なタイトルですが、多くの共感を呼んでいるようです。

 
今回は愛内さんの漫画について調査してみました。

 
愛内さんの顔写真・画像も気になるとことですよね。

 
こちらも合わせてチェックしてみました!

 

スポンサーリンク

愛内あいるの漫画が話題

テーマは整形


 
愛内さんのレポ漫画が大きく話題になっています。

 
繰り返しになりますが、タイトルは「ブサイクなので整形に行ってきた話」。

 
タイトルからもわかる通り、テーマは整形です。

 
内容は「整形手術とそこに至るまで」を描いています。

 
話は約10年以上前のことであり、おそらくは、愛内さん自身の話か近い人の話なのでしょう。

 
かなりリアルな感情が描かれています。

 
漫画はまだ最後まで連載が終わっていないので結末は不明ですが、早くも多くの人から共感を得ています。

 
漫画を発表した場となったTwitterもフォロワーが10,000人を超えている状態なのです!

 

渾身のレポ漫画


 
漫画の内容は切ない部分もありますが、人間が感じる「顔」に対する劣等感を見事に描いています。

 
「自分の顔は人より劣る そう深く思うようになりました」

 
「そしてそれを証明する様に 私の人生には必ず可愛い子が側にいた」

 
「二重にさえなれば・・・!!」

 
「私だって好きでこんな顔に産まれたわけじゃない」

 
顔をかなりのコンプレックスを抱いていた様子がセリフだけもひしひしと伝わってきますね。

 
愛内さんの想いがのった作品のようですね。

 

私にとっては30年以上生きてきてずっとこの悩みと向き合って、顔も醜いのに心まで醜くなっていく気がして、頭では人は人と自分は自分とわかっていても心がついて来なくて辛かった日々でした。

で、ようやく自分のの中での決着をつけたのでいつか描きたいなと思っていた話でした。
この本当にありがたいことに共感いただいてたくさん読んでいただき、思い切って描いてよかったです。

せっかく漫画家という仕事をさせてもらっているので漫画で伝えなきゃいつするの!って感じで。
今、悩んでいる方や悩んでいた方に読んで欲しいと思っています。

 

愛内あいるの漫画の評価

連載中の漫画は?

さて、愛内さんの上記の「ブサイクなので・・・」の漫画は、自身の本業の合間を縫って描いた作品のようです。

 
現在は下記の漫画を連載されていますね。

 
・竹書房まんがライフMOMO「きららちゃんは天才ですし」

 
・声優さん達ラジオ4コマ「青空学園文学部」

 
・カドカワGzブレイン ファミ通女児向ゲーム誌「クマ・トモ」

 
一気に3つ漫画を連載するのは体力的もきついでしょう。

 
その中で合間を縫って4作目として別の漫画の連載を実施していると思うと、凄いとしか言いようがないですね。

 
本業の連載はもちろんですが、「ブサイクなので・・・」も十二分に好評です!

・ネットの声

「続きが気になります」


「とっても気持ちわかります…」


「私も同じようなことを言われて育った幼少期があるので、なんとなく自分と重ね合わせてしまいました」


「読みながら泣きました。昔の経験と重なります」


「涙が出そうでした」


「とても共感しました」


「まだ中1だから整形はできないけど考えてます」


「うちの中2の娘も一重で悩んでました」


「自分の過去と重なりました。怖いですが、続き、読みたいです」


「ああもうわかる」
「映画化決定」

顔写真・画像は?

しかしながら、愛内さん、いや、愛内先生の顔写真・画像は探しても出てきませんでした。

なぜ漫画家の顔は出てこないのでしょうか(笑)

検索をすると同じ「愛内」つながりで、歌手の愛内里菜さんの画像が出てきてしまいました。

今回は見送りになってしまい、残念です・・・。

愛内あいるのレポ漫画はいつ掲載?

スポンサーリンク

不定期更新

続きが早く見たい!

 
と、嘆いても、「ブサイクなので・・・」の漫画は不定期更新。

 
完全に個人での連載のため、首を長くして待つしかなさそうです。

 
愛内さんもブログで「仕事の合間に描いているのんびりペース」と話していますね。

次回はいつ?

多くの人が心待ちしていますね!
 

次回は未定ですが、待ちきれない人も多いでしょう!

 

https://twitter.com/Tm3vg/status/947850079100006402

 
 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事