Pocket

ビッグニュースが飛び込んできましたね。

今年での芸能界、歌手活動を引退すると公言した安室奈美恵さんが、12月31日大晦日の紅白歌合戦へ出演することが決まりました!

2017年最後の締めくくりに世代を代表するアーティストの出演が決まり、ファンの人もそうでない人も興奮冷めやらぬ気持ちなのではないでしょうか。

一時は紅白に出場しないという噂が流れ、公の場には出てこないのではないかと噂されていましたが、年末まで約10日と迫ったこの段階でサプライズ発表がありましたね!

安室さんが出演にするあたり、やはり、どんな曲を歌うのか?大トリなのか?といった出演関係の疑問は尽きないでしょう。

また、ビジネスの部分でいうと、正式なオファーに対していくらで承諾したのでしょうか。

一部の週刊誌では●億円(※詳細は下記で後述します!)とも報じられており、予算に厳しいNHKもかなり大盤振る舞いをしたのでは?と考えられます。

今回は安室さんの紅白出演に伴う疑問点を調査してみました!

スポンサーリンク

安室奈美恵が紅白に出演!何番目に出演?

さて、繰り返しになりますが、安室奈美恵さんの紅白歌合戦への出演が決まりましたね!

マスコミの報道を振り返ると、もともとは安室さんは出演に前向きではなかった様子です。

最初から出演する気があればもっと早く「出演決定」という報道されていたはずです。

普通にテレビの段取り等を考えると約10日前というのはかなり急な展開だったよと予想されます。

過去にも出演オファー断ってきた経緯もありますので、今回もその流れなのかなと誰もが思ったはずです。

安室さんがアーティストの中でもプロ意識が高いということで有名で、自身の納得いかないオファーは断ることが多いようです。

過去に紅白を断った経緯としても・・・

①フルコーラスで歌えず、曲を2〜3分に短縮せざるを得ない
②歌う前の司会とのMCで余計な話をしたくない
③自分のファンのためだけに歌いたい
④③同様にお金を払ってコンサートに来てくれるファンに申し訳ない

など、あくまでもファンの視線で歌手活動をしていることがあげられます。

特に③・④では安室さんのソロコンサートに決して安くはないお金でチケットを買ってくれるファンがいる中で、NHKで本来とは懸け離れた尺(①の理由)で歌うのは気がひける思いなのでしょう。

逆にコンサートに足を運ぶファンにとっては、非常に大切にされていることがわかりますね。

引退直前の最後の舞台、やはりファンとしては「大トリ」を期待したいです。

しかし、10代のファンに最後の姿を見せるという意味では、21時くらいの出演がベターなのかもしれません。

そのあたりの発表はこれからになりますね!

 

安室奈美恵が紅白で歌う曲と順番が?

安室さんが過去には9度、紅白に出演しています。

年代別に歌った曲をまとめてみると・・・

*  1995年 Chase the Chance

*  1996年 Don’t wanna cry

*  1997年 CAN YOU CELEBRATE?

*  1998年 CAN YOU CELEBRATE?

*  1999年 RESTECT the POWER OF LOVE

*  2000年 NEVER END

*  2001年 Say the word

*  2002年 Wishing On The Same Star

*  2003年 SO CRAZ

このようになります。 
今回も一度も歌ったことがない曲なのか?と思われるかもしれませんが、過去の紅白で多くの人を感動させた「CAN YOU CELEBRATE?」を披露する可能性は高いのではないでしょうか。

個人的にはメドレーもいいですが、2曲でいいので、しっかりとフルコーラスで歌ってほしい気持ちはありますね。

特に「CNA YOU CELEBRATE」は老若男女知っている名曲ですので、是非歌い上げてほしいと思っています。

新曲でもいいのですが、最後の舞台ということもあり、テレビの前の人も含めて全員が一体になれる曲がベストかなと考えております。

どんな曲を披露されるのか、こればっかりは吉報を待つか、本番に自身の目で確かめるしかなさそうですね!

また、個人的にはあまり喋らない安室さんが、MCに挑むのかというのは気になりますね。

自身のライブでもMCなしでぶっ続けで歌い続ける姿と言われており、そのスタイルを変えてトークに臨むのか?

もちろん、安室さんも大人ですので、トークになれば話すとは思います。

ただ、長らく「封印」してきたものを紅白で見せるのかも気になるポイントではありますね!

 

安室奈美恵の紅白のギャラ(出演料)はいくら?

スポンサーリンク

そして、何より気になるのは、そのギャラ(出演料)でしょう。

NHKはその豪華なメンツとは裏腹にかなり予算に厳しいです。

それは普通に受信料という形でお金を徴取している経緯もあり、企業広告がある民放とは一線を画す仕組みなわけです。

かつてはAKB48が出演していますが、ここまで人数が多いと1人あたりで2,000円ほど噂されておりました。

2,000円で朝から晩まで拘束されることを考えると、非常にきつい仕事です。

しかし、それ以上に「紅白に出場した」という実績が今後の活動にプラスになるからこそ、皆さんは出演するみたいです。

大御所メンバー、例えば北島三郎さん、森進一さんでも40〜50万円と言われています。

近年は視聴率競争も大切のため、視界にも女優さん、俳優さんを起用する傾向が強くなり、司会者の方がギャラが高い(100万円クラス)なのではとも言われているのです。

一部の週刊誌では、ギャラ3億円を提示したとまで言われています。

これが本当であれば流石にNHKも無理でしょう。

番組の制作費に匹敵する出演料ですからね。

こればっかりは本人しか分かりませんが、流石に3億円はないと思います。

しかし、普通の出演者よりかは「引退プレミアム」で結構なお金が動いているののでは?と思われますね。

また、今回の出演は紅組ではなく、特別枠での出演とのことですね、

下記のような報道も出てきますよ。

NHKが19日、大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分)に、来年9月で引退する歌手安室奈美恵(40)が特別出演歌手として出場すると発表した。昨年から19年まで4年間掲げられる紅白歌合戦テーマ「夢を歌おう」に即した特別企画に、紅組にも白組にも属さない形で歌うという。

NHKによると、曲目や中継か東京・NHKホールで歌うかなど歌唱の場所のほか、演出なども検討中という。安室は今年9月、残り1年での引退を発表したこともあり、NHKは会長をはじめ、幹部が紅白への出場を懇願していた。

 
 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事