春日の東大受験での勉強方法と時間は?合格する可能性も知りたい

Pocket

お笑いコンビオードリーの春日俊彰さんが驚くような挑戦しますね。

2017年7月27日に放送の日本テレビ系バラエティ番組「得する人!損する人!」で東大受験にチャレンジすることが決まりました!

そうです。

日本で最も難関な言わずと知れた東京大学です。

春日さんは当初は断りの姿勢を見せてはいたものの、最終的にはオファーを許諾。

番組からの最高のバックアップを受けて、最難関の大学受験に挑みます。

今回は春日さんが東大受験に合格するために、どのような勉強方法と取り入れ、どの程度勉強すれば良いのかを調べてみました!

スポンサーリンク

春日が東大受験に挑戦する理由は?

春日さんの東大受験には日を増すごとに注目が集まっていますね。

なんせ日本で最も難関な大学ですからね。

東大受験する理由はだだ一つ。

番組の企画です(笑)

春日さん自身、当初は抵抗していたくらいですからね。

もちろん、試験は今冬になるので時間も限られてはいます。

オファーの話を受けた春日さんは当初、

「間に合うわけないじゃないですか。私じゃない方がいいです。カズレーザーとかの方がいいでしょ」

と番組内で話したほど。

そりゃ、最初は断りますよね。

しかし、番組から京都大学大学院卒のカリスマ塾講師・時田啓光さんを用意され、春日さんのやる気も上がっていました。

最後には、

「行きたい!通いたいね、東大に」

とかなりやる気に満ち溢れていましたね!

春日さんは芸人としてのキャラクターとは裏腹にかなりの努力家。

過去には自慢の身体能力を生かして、フィンスイミングの日本代表にも選出された経緯もあります。

それだけに、今回も何かしてくれそうな予感はありますね。

もちろん、ちょっとやそっとの勉強では合格することは難しいかもしれませんが、勉強を重ねていけば可能性は「ゼロ」ではありません。

ちょっと意地悪な見方をすれば、実は番組の裏側でかなり前から勉強していた可能性もありますしね(笑)

いずれにせよ、この挑戦を買って出たチャレンジ精神に敬意を表したいですし、是非東大合格をしてほしいですね。

春日が東大受験に合格する確率は?可能性あり?

http://media.studytown.jp/university-of-tokyo-entrance-examination-information/

さて、そんな春日さんですが、東大に合格できる可能性はあるのでしょうか。

というのも、流石に全く勉強ができない人では話になりません。

(かつての、お馬鹿タレントと表現したいた人たちでは流石に企画倒れでしょう)

しかし!

春日さんは予想以上の出来を見せてくれたのです。

番組内でまずは昨年2016年のセンター試験問題に挑戦したところ、下記の結果が出たのです!

【科目 取得点数/満点/受験生平均】
・日本史:61/100/65.55点
・英語 :57/200/112.43
・理科 :36/100/36
・地理 :49/100/60.10
・数学1A:16/100
・数学2B:11/100
・国語 :141/200

数学がかなり厳しいですが、日本史と国語はかなり良い点ではないでしょうぁ。

講師を務める時田先生も日本史の点数を見て、「受験勉強されていなくて、この点数を取るのは驚異的」と話したほど。

国語もかなり良く、漢文は50点満点中30点、古文は50点満点中50点となっています。

古文の満点はすごいですね。

時田先生も国語の良さには感嘆しており、なんとか可能性も見出せそうでした。

東大受験では900点満点中800点が合格目安だそうで、今回の春日さんの結果は371点でした。

残り430点を残りの期間でしっかりととってく必要がありますね。


そもそも春日さん自身が受験をするのは20年ぶり。

出身大学は日本大学で、当時は内部進学で上がれずに受験した経緯があったそうです。

しかし、もうここまできたら過去の成績・学歴なんて一切関係ありません。

ここからどのように勉強するかが勝負です。

東大の合格率は大学受験を行う人の上位0.5%〜1%といわれており、中でも理科3類は大学受験の最難関艶受験全体での上位0.01%とのこと。

その他にも東大合格の難しさは例えられており、ゲーム「ぷよぷよ」では挟み込み5色19連鎖だそうです。

そんじゃわからんという人もいると思いますが、英語を全く喋れない状態からネイティブ並みにすること、といえば想像できるでしょう。

もう言わなくてもわかりますが、かなり難しいのです。

難しいことは確かですが、春日さんだっけ日本のお笑い芸人の中では間違いなく上位5%には入っているでしょう。

(養成所やその他で目指している人の人数はかなり多いですからね)

それくらいテレビの第一線で活躍をし続けることは難しいのです。

だからというのは変ですが、今回の東大受験にも期待したいと思います。

春日が東大受験で行う勉強方法と勉強時間は?

スポンサーリンク

東大合格のためには効率的な勉強方法とかなりの勉強時間が必要でしょう。

勉強時間は1日15時間やっている人もいると聞きましたが、売れっ子で多忙の春日さんがそこまで確保できるとは思えません。

現実的に7〜8時間とれれば良いのではないでしょうか。

もちろん、勉強時間が多ければ良いというわけではなく、限られた時間の中で効率的に勉強することが大切になります。

運動が出来る春日さんには集中力という武器は持ち合わせていると思いますので、短期集中で一気に進めていくことでしょう。

どんな勉強方法があるのか?と思っていたところ、今回講師を務める時田先生が「偏差値35の「野球バカ」でも東大なら受かる勉強法 」という著書を出版されていました。

おそらく、ここに合格へのメソッドが記載されているのでしょう。

実際に読んだ人のレビューを参考にさせていただきます。

とにもかくにも、勉強に対しての苦手、嫌だ、面倒くさい、そういうネガティブ思考を楽しいと思って
どう脳を騙しながら、呼吸をするように勉強へ誘えるかです。
楽しいと思う、これも共通してます。
自分の得意分野に引き込むとか、科目の隔たり無く共通事項から記憶のネットワークを結ばせるとか
理科1類と2類の人たちから、機会があって聞いた話と大差がありません。

中には、記憶のネットワークの図式化としてマインドマップが例として写真が掲載されてました。
特にマインドマップは社会科科目で、恐ろしく真価を発揮すると個人的には思います。(暗記系ですね)

Amazonより引用)

まずはマインドの部分でしっかりと土壌を作るということでしょう。

少しでも「合格できない」と思ったら何もできないですからね。

具体的な合格方法からこれから番組内で明らかになっていくことでしょうが、マインドマップなど時田先生のオリジナルの方法が公開されることは間違いなさそうですね。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする