• トレンド
    フィンガリングモンキーの入荷予定と購入方法は?価格はいくら?
    2017年11月7日
  • タレント・モデル(男性)
    田中聖は年末のイベントで何するの?チケット購入方法と会場はどこ?
    2017年11月15日
  • 音楽
    SCANDAL(スキャンダル)MAMIの行きつけの美容院はどこ?歴代の髪型は?
    2017年11月6日
  • サッカー日本代表
    本田圭佑はメキシコ移籍後いつ怪我をした?衰えでチームから孤立?
    2017年8月12日
  • タレント・モデル(女性)
    紗栄子の新恋人で彼氏は誰?イギリスで移住でお金持ちと結婚?
    2017年8月10日
Pocket

朝早くからビッグニュースが飛び込んできました。

日本時間で8月1日(午前5時)にテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手が、ロサンゼルス・ドジャースにトレードとなりました。

しかも、内容はダルビッシュ投手1人に対して、ドジャース側は3人の有望な若手を放出しており、かなりの期待値の高さです。

ドジャースとしては、ワールドチャンピオンにまた一歩近づく補強で間違いありません。

ダルビッシュ投手にとってもナ・リーグ最強のチームに移籍となりますので、ワールドチャンピオンが見えきたといっても過言ではありません。

さて、そんなダルビッシュ投手がドジャースに移籍した理由はなんだったのでしょうか。

その真相は気になりますね。

また、ダルビッシュ投手は新天地であるドジャースで活躍できるのでしょうか?

様々なことが気になったので、調べてみました!

スポンサーリンク

 

ダルビッシュ有投手がトレードとなった理由は?真相は?

ダルビッシュ投手のトレードは、8月1日午前5時過ぎに米FOXスポーツのケン・ローゼンタール記者がツイッターで報道しました。

もともと、メジャーリーグのトレード期限は日本時間では8月1日午前5時。

日本には若干のラグはありましたが、ダルビッシュ投手のトレードには多くの人が注目したでしょう。

もともと、トレード自体は高確率で行われると噂されていましたが、実際に決まるとなると驚きますよね。

今回のダルビッシュ投手1人とドジャースの若手有望株3人のトレードには両チームの思惑がきちんとありました。

【ドジャース】
・ワールドチャンピオンに向けてエース級投手の獲得
・エース左腕、カーショウの負担軽減
・FA後のダルビッシュ投手の獲得

【レンジャーズ】
・トレードにより若手選手を獲得→来期以降への投資
・ダルビッシュ投手が今オフFA権獲得
・今シーズンはプレーオフ出場も難しい

ダルビッシュ投手は今シーズン終了後に自動的にFA権を取得するため、一旦レンジャーズから離れることとなります。

レンジャーズとすれば、現場は優勝争いなどをしておらず、いわば今シーズンは「消化」のシーズンとなっています。

つまり、シーズンが終わったらどちらにせよダルビッシュ投手は退団扱いとなるため、今のうちに放出して年俸負担の削減と若手3人を獲得したほうがプラスとなります。

再契約となってもかかる費用は同じですからね。

(もちろん、優勝争いをしていれば放出あり得なかったでしょう)

そんな時にナ・リーグを独走するドジャースがワールドチャンピオンになるためにダルビッシュ投手の補強に名乗りでました。

ドジャースといえばメジャーを代表する投手であるカーショウがいますが、彼と同等に近い投手を補強することで頂点への道をより強固にしたい意図があるでしょう。

そして、あわよくば、ダルビッシュ投手と来期も契約にこぎつけたいのではないでしょうか。
 

ダルビッシュ有投手はドジャースで活躍できる?

https://pixabay.com/ja/%E9%87%8E%E7%90%83%E5%A0%B4-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0-%E9%87%8E%E7%90%83-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84-%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0-%E5%B8%AD-1149153/

実際にダルビッシュ投手はドジャースで活躍できるのか?

これは誰もが思うところですが、個人的には十分に活躍できると考えてみます。

ダルビッシュ投手は今シーズン、22試合で先発登板6勝9敗防御率4.01。

味方の援護も少なく、勝星を逃した試合もあり、見た目以上に貢献度が高い投手です。

ドジャースの打線、中継ぎ陣であれば水を得た魚のように成績も伸びていくでしょう!

また、ドジャースはロサンゼルスに位置しており、気候も穏やかで暖かく、日本人に適した場所です。

歴代の日本投手も多く、黒田博樹、石井一久、斎藤隆など活躍した投手が目立ちます。

また、現在でも、日本でお互いにしのぎを削った前玉健太投手がいることもプラスに働くでしょう。

チームに馴染みやすい環境であることは間違いありません。

ダルビッシュ投手の今回のトレードについては下記のような記事もでています。

 

地元メディアは、トレードが明るみになった直後にダルビッシュが会見に臨んだ模様なども速報。右腕は「(トレード期限となった現地時間)3時手前くらいで決まりそうって話があったので心の準備はしてた」とトレードとなった時の心境を振り返り、「レンジャーズでも2012年から6年目でチームメイトやファンの方々にお世話になって感謝しています」とチームへの想いを口にした。

 また、現在メジャー最多の74勝を挙げ、ナ・リーグ西地区首位を独走するドジャースから求められたことについては「一番勝ってるチームからほしいと言われて光栄なことだと思う」と話した。

https://full-count.jp/2017/08/01/post78142/

本人もトレードに驚く一方で、前向きに考えているに違いありません。

首位を走るチームから声がかかるほど、ダルビッシュ投手の実力が秀でているということです。
 

ダルビッシュ有投手の来シーズンはどうなる?

スポンサーリンク

さて、少し先の話になりますが、ダルビッシュ投手は今シーズンが終わればFA権を獲得します。

メジャーリーグの場合は自動的にFAとなるので、どのチームとも交渉が可能になります。

そのためFAは日本的な「裏切り」的な扱いではなく、制度として確立された普遍的なものと捉えられています。

ダルビッシュ投手は今シーズンが終わったら、ルール上ドジャースを離れ、次のチームを探します。

もちろん、提示金額に納得すれば、ドジャースと契約しても、レンジャーズと契約してもいいのです。

ドジャースとしては今シーズンにしっかりと優勝を果たし、来期以降のダルビッシュ投手との契約も勝ち取りたいでしょう。

ちなみに、ダルビッシュ投手がトレードに際してNG(拒否権行使可能)とした球団もあり、これらのチームへの入団可能性は低いかもしれません。

・オリオールズ
・レッドソックス
・カブス
・インディアンス
・ロッキーズ
・ホワイトソックス
・タイガース
・アスレチックス
・パイレーツ
・ブルージェイズ

とはいえ、まずは今シーズンの残り試合をどう過ごしていくかだと思います。

ダルビッシュ投手には是非、ワールシリーズ制覇をしてほしいですね!

 

 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

プロ野球の関連記事
  • ダルビッシュ有はドジャースで活躍できる?トレードの理由と真相は?
  • 巨人の山口俊投手が暴行で今後はどうなる?解雇と起訴の可能性もいらないの声?
  • 左肩機能不全の症状と完治方法は?横浜DeNAの濱口遥大投手の復帰時期はいつ?
  • 楽天の則本昂大はメジャーで通用する?ポスティングでの移籍はいつ?
  • 藤浪晋太郎の2017年の成績予想!メジャーの評価を大谷翔平と比較!
  • 則本昂大の球種はいくつ?2017年の成績予想とメジャーの評価は?
おすすめの記事