Pocket

Dragon Ashの降谷建志さんが映画「アリーキャット」で主演を務めることが決まりましたね。

普段はアーティストとしての活動が中心なだけに、今回の主演活動には少し驚きですね。

しかし、降谷さんの父は名俳優の降谷一行さん。

演技力もしっかりとの受け継いでいるのかもしれませんね。

降谷さんの芸名が父・古谷一行さんと異なるのは、親の七光りで活動したくないとあえて変更したそうです。

アーティストとしては十分すぎるほどの活躍を見せている降谷さんですが、演技力はどうなのでしょうか。

実は、過去の作品は2作品のみで、ひとつはデビュー前の映画「ゲレンデがとけるほど恋したい。」、もうひとつは、2013年に大河ドラマ「八重の桜」に斎藤一を演じしていました。

しかし、大河ドラマに出ておりますが、その後は俳優業を行っていません。

まぁ、当然といえば当然でしょう。本業はDragon Ashですからね。それも第一線のロックバンドです。

演技力に関しては今作でしっかりとわかると思いますが、降谷さんであればクールに演じてそうですね。

映画は2017年夏に公開ですので、楽しみですね!

 

 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事