本田圭佑はメキシコ移籍後いつ怪我をした?衰えでチームから孤立?

Pocket

メキシコ1部リーグ・パチューカに移籍を果たした本田圭佑選手。

大きな期待をされて地元のファンも気分上々で迎えて入れていましたね。

例えば・・・

まさにパチューカが必要としてた補強。攻撃的ミッドフィルダーはピサーロが移籍してから不在だったポジション。まだ、しっかりプレーできるか分からないけどさ、ミランでは全然だったし。でもパチューカで復活してくれるといいね

この契約にはワクワクしてる。本田が調子を取り戻すのにパチューカは素晴らしい場所だし、彼のテクニックはリーガMXに完璧に合う

パチューカが現役の中で最高の日本人選手の一人を獲得。やっとリーグMXでまともな補強が

(引用:http://blog.livedoor.jp/aushio/archives/50399048.html)

しかし、現実的には本田選手は第4節までの欠場が決まっています。

原因はふくらはぎの怪我とのことですが、一体それはいつ怪我したものなのでしょうか。

31歳となり衰えもあるかもしれません。

チームメイトもこの状況に不満があるとかないか・・・

かなり不安定な船出となっているのです。

スポンサーリンク

本田圭佑移籍後にチームは連敗

本田圭佑選手は今シーズンからパチューカへ移籍を果たしました。

これには地元のメディアも大歓迎でした。

大手メディアの『UNIVISION』は、「まさに驚きの加入! パチューカにとってはこの夏最高の補強だ。そして、クラブ・ワールドカップへの切り札を獲得した」と一報。

本田とマルティネス会長の交渉と契約締結はロサンゼルスで行なわれたと説明し、「ホンダは来週の月曜日にチームに合流する予定だ。急ピッチでの調整となるが、23日のアペルトゥーラ開幕戦、プーマス戦に間に合わせるはずだ」と書き綴った。

アメリカのメキシコ系メディア『MEDIOTIENPO』は、「日本のボンバー(爆弾)がパチューカにやってきた」と、ユニークな見出しで報道。「金曜日の午前にトゥソスが“爆弾”に火をつけた。何年契約かは判明していないが、メキシコ・サッカー界にとってはまさに素晴らしいセンセーションだ」と伝えている。

(引用)http://news.livedoor.com/article/detail/13340101/


背番号は攻撃的MFの選手では珍しい「2」をつけたことも話題となりましたね。

本田選手はACミランでは若返りを図るチームの中で出場機会に恵まれずにいました。

しかし、持ち前のメンタルの強さで地元メディアが賞賛するほどしっかりとトレーニングを積んでいたようです。

確かにメキシコリーグは力は劣りますが、テクニックを重視するリーグのため、本田選手の持ち味が発揮されるであろうと期待値も高いです。

本田圭佑は移籍後に怪我

しかし、移籍後は第3節まで怪我により出場は見送られ、チームは3連敗。

リーグ優勝を目指し、さらにはクラブW杯にも出場するチームとは思えないスタートです。

本田選手は第4節も欠場することが濃厚であり、入団直後の歓迎ムードも薄まってきているのが実情のようです。

本田選手は確かにACミランとの最終戦まではコンディションは良かったはずです。

しかし、リーグ戦に出場できていないということは、オフの期間で怪我をしたと推測されます。

移籍先が決まらなかったこともあり、アメリカで通常のトレーニングを行っていたため、おそらくはそこで怪我をしたものと思われます。

これは公表されていなかったのでわかりませんが、現在の様子を見るとオフ期間で怪我をしたと推測するのが妥当でしょう。

本田圭佑はチームから孤立?

スポンサーリンク

そんな本田選手にチームでは不満の声が上がっているという報道があります。

本田選手の年俸はメキシコリーグでは破格の年俸400万ドル(4億5000万円)。

これはサラリーキャップを伝統としてきたパチューカにとっては異例の金額だそうです。

クラブの最高年俸でもあるみたいです。

しかし、そんな好待遇にもともといた選手が不満を覚えたとか。

確かに高額な年俸に見合っていないパフォーマンスであることは間違いないです。

本田選手はそれ以外にも専属の通訳やシェフなどを帯同させており、そのような特別な待遇に不満を感じている選手もいるかもしれません。

プロである以上結果を残さなければいけないですが、まだ試合にすら出ていませんからね。

メディアもそろそろ厳しい論調になってくるでしょう。

本田圭佑は衰えている?

さて、これは信じたくないですが、この怪我の治り具合や最近のパフォーマンスを見ると本田選手は衰えている?と感じてしまいます。

もちろん、試合を見ていないのでなんとも言えないですが・・・

ファンの論調も厳しくなっており、早く結果が欲しいところです。

おいおい、まだ出てなかったのか。ミランでほとんどベンチだったのになんで故障してんの?
それでチーム最高額もらって移籍してベンチにすら入ってない?さすがビジネス上手ですな。まぁクラブはジャパンマネー目当ての獲得だろうから、ボチボチ出てくればいいって感じなのかな。でも他の選手はやってられんわな。

ミランでほとんど試合に出てないのにコンディションが間に合ってないなんて、プロアスリートとして失格。

自分のチームで一試合も出ていない選手の方が年俸が高いとなったら、モチベーションがた落ちですね。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170810-00225839-footballc-socc)

いずれにせよ、本田選手には早くピッチで躍動してほしいですね。

普通に考えれば、メキシコリーグで十分にやっていける選手ですから。

怪我は残念ですが、いつだって逆境をはね返してきた選手なので、これからの粥役を期待したいですね。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする