本田圭佑は2018年ロシアW杯に出場できる?代表落選の可能性は?

Pocket

サッカー日本代表の本田圭佑選手ですが、所属クラブのACミランで出場機会に恵まれない状況が続いています。

2016-17年シーズンとなる今季は出場試合はわずか5試合(うち先発は1試合)となっており、出場時間に換算するとたった120分です。

サッカーの1試合が90分なので、非常に少ないですね。

ACミランでの調子はそのまま日本代表の選考にも影響がします。

これまでの実績や経験を見れば選出されることは順当ですが、代表選で重要視されるのは試合勘や実践感覚ですからね。

どんな実力がある選手でも数十試合ある中での5試合が出ていないと考えれば、プレー感覚を養うことも必要になるでしょう。

そして、一部では、本田圭佑選手は2018年のロシアW杯に出場できないのでは?という声も出ているのです・・・。

スポンサーリンク

日本代表・ハリルホジッチ監督は移籍してほしい!?

繰り返しになりますが、代表戦に大切なのは選手の実績と経験に加え、実践での感覚です。

どんな有名なチームに所属していたとしても、試合に出ていない選手をいきなり代表戦で起用するのはリスクがありますからね。

代表では限られた時間で結果を残する必要があるため、コンディションが良い選手が選出されていきます。

そういう意味では所属するACミランで出場機会がない本田選手は、日本代表のハリルホジッチ監督からすれば「実力的に呼びたいけれども、現状ではちょっと考えてしまう・・・」といったところでしょう。

3月23日、28日のW杯アジア最終予選では本田選手は選出されたという報道が出ていますが、本来であれば招集を疑問視される選手ではないですからね。

イタリアでも下記のような報道がされていたようです。

14日付のイタリア紙「トゥット・スポルト」は、日本代表のハリルホジッチ監督から「このまま試合に出なければ招集するのが難しくなる」というメールが本田に届き、「本田、代表の座も失う」との見出しで今回のメンバー外を示唆。だが、ミラン関係者によれば、既に届いていた招集の可能性を伝えるレターに加え、14日には確実に招集する旨を伝えるレターが届いたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000004-spnannex-socc

試合出場に苦しむのは本田選手だけではありません。スペインに渡った柴崎選手も苦しんでいますね・・・
柴崎岳はメンタルが弱い?不安障害で退団後に鹿島復帰の可能性は?

日本代表では誰よりも経験値が高い!

一部のメディアでは「本田不要論」が出ておりますが、個人的にはまだまだ本田選手は日本代表には必要だと考えています。

技術的な面もそうですが、他の選手と異なるのはそのメンタル経験でしょう。

これは一朝一夕で変化するのものではありません。

Jリーグでも調子の良い選手や海外から出戻りした選手もいますが、それはあくまでも自分が所属するチームだから結果を残せている面はあると思います。

日本代表となると1試合における精神的なプレッシャー、一発勝負の試合の組み立て方、国先基準の判定など、国内だけではわからない部分が多数あります。

確かに本田選手は2016−2017シーズンでの試合出場は少ないですが、それでもこれまで代表で活躍し、数々の修羅場をくぐってきた経験は絶対的なものです。

これは他の選手にはありません。

もちろん、Jリーグに所属する期待の若手を起用することは大切ですが、一方で、本田選手の経験とメンタルの強さを捨ててまで、招集に値する選手はいるのでしょうか。

試合勘は大切ですが、半年ほど試合に出ていないからといって、30歳の選手の実力や技術がガクッと落ちることはないと思います。

これは本田選手も下記のようにインタビューで受け答えしています。

ロシア W杯からが逆算して、あえて現在のクラブにいるようですね。

それに結局のところ、今ジタバタしても自分の能力は半分にはならない。逆に出られるところに行ったとしても倍にはならないわけですよ。今は試合勘がない程度。技術は生涯なくならないし、フィジカルは自分で追い込んで維持できる。何が大事かと言ったら、最後の半年でいかに新しいトライをしながら、ベストコンディションで6月のW杯を迎えるか。それにつきる。

https://news.yahoo.co.jp/feature/551

経験値が高いベテラン選手と言えば、かつて日本代表でエースだったカズでしょう。50歳になっても試合に出てはいますが・・・
三浦知良ことカズは老害で客寄せパンダ?現在の実力とスタメンの真相は?

本田選手がロシアW杯に出れない可能性もあるの!?

スポンサーリンク

ただ、W杯の最終予選を終え、来季もこのままあれば当然に代表から声はかからなくなるでしょう。

2018年であれば本田選手も32歳

年齢的にはベテランと呼ばれても良い年齢になってきますね。また、今回のW杯がほぼ最後のチャンスといっても過言ではないでしょう。

本田選手が現状のままで過ごすとは思えません。

今季が終わればしっかりと次の移籍先を探すことになるでしょう。

きっちりと試合に出れるチームを選ぶのは間違いありません。

あとは2017夏からの約10か月間で最大限にアピールすることが大切になりますね。

ライバルになりそうな若手選手も育っており、本人はそれを理解しているはずです。

これは W杯の特性でもありますが、4年に一度しかりありません。逆に言えば、最初の3年間が絶不調でも、最後の1年で絶好調であれば選出される可能性もあるのです。

本田選手ほどの実績があれば監督も嫌でも目に付きますから、そこにしっかりと試合実績を積めば選出されることは間違い無いでしょう。

一方で、来季のチームで試合に出れないとなると・・・ちょっとロシアW杯のメンバー選出は難しいかもしれません。

移籍といえば本田選手と同じ左利きのエースであった中村選手もジュビロ磐田に電撃移籍を果たしましたね。
中村俊輔がジュビロ磐田へ移籍した真相は?理由はクラブ側の対応!?

まとめ

・本田圭佑選手のロシアW杯出場が危うい!?

・本田選手は現在は試合に出れていない

・経験とメンタルは日本代表での代替がきかない

・来季の出場時間が非常に大切になる

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする