Pocket

2016年10月12日、堀優衣さんからが「カラオケ★バトル」に出場します。

この番組を見続けている人であればもう同じみの顔です。2016年の春のグランプリ優勝者ですからね。

もちろろん、「えっ?堀優衣さんって誰?」と思った人でも、彼女の紹介を兼ねて番組の見どころをお伝えします。

それくらい、彼女の凄さは際立っていますし、活躍が期待できますね。

まずは、堀優衣さんの簡単なプロフィールから!

●堀優衣(ほり ゆい)
・2000月10月12日
・栃木県出身
・特技:ピアノ、英語、クラシックバレエ
・趣味:カラオケ、音楽鑑賞、ディズニー(グッズなどを集める)

・過去の成績
2014年 U-18大会(歌うま甲子園)優勝
2014年 U-18大会(最強王者決定戦)優勝
2015年 U-18大会(歌うま甲子園)優勝 ※2回目
2016年 一般大会(春のグランプリ)優勝
2016年 U-18大会(歌うま大甲子園)優勝 ※実質3回目
2016年 U-18大会(歌うま大甲子園・夏)優勝 ※実質4回目

上記の成績を見てください!

全国の猛者が集うU-18「歌うま甲子園、大甲子園」で合計で4回優勝をしています。

4冠ですよ!

同世代の高校生や中学生の歌手と併せて「U-18四天王」の一人と呼ばれていますが、その実力は同年代を一歩リードしています。

実際、年齢関係なしにエントリー可能な、2016年の春のグランプリも制覇しており、今は実力に加え最も勢いがある歌手といってもいいのではないでしょうか。

堀さんはなんで歌がうまい?

スポンサーリンク

堀さんが歌を始めたのは、以外なことに「演歌」がスタートでした。

ポップミュージックなどではなく、渋くてゆったりな演歌だったのかというと、祖父が詩吟師範だったそうです。

祖父の影響は非常に大きかったようで、小学校1年生から徐々に人前で歌うようになりました。

当然、師範の英才教育を受けた子供ですから、人前で歌うことに抵抗はなく、カラオケ大会などにも積極栄に出場していきました。

初めての「タイトル」は、小学校4年生のときに獲得した「全日本カラオケスタジオ大賞」(県大会)でした。

この大会は年齢を問わない一般の大会です。

大人に混じりながら成果を出すことは、昔からの慣れっこだったんですね。

それだけ、才能があったのでしょう。

2009年、9歳のときに演歌歌手としての活動もスタートさせます。

9歳でスタートですからね。なかなかできないですよね。

そして、2012年9月には「ねがいうた」でCDデビューしています!

たった12歳で自身のCDを出しているんですね。

「●●ちゃんカラオケうまいね」とか「近所でも噂になるほどうまい」とかそんなレベルをゆうゆう超えてしまっています。

そして、前述の通り、2014年のU-18歌うま甲子園にて、優勝を果たすのです。

堀さんは現在、どんな活動をしている?

12歳でCDデビューを果たした堀さんですが、現在はどんな活動をしているのでしょうか。

普段は高校生ですが、すでに事務所に所属しているようです。

「サンブリリアント」という新宿区にある会社で、

映画のプロデュースを行いながら、若手アーティストのマネジメントをしている会社のようです。

同会社の個人ページにもしっかりと堀さんの名前と顔写真が掲載されています。

全国大会を制覇していますからね、知名度も徐々にあがってきているでしょう。

その他にも2015年からファンクラブが発足するなど着実のその声に魅了された人が集ってきていますね。

本人もカラバトの公式サイトでは、しっかりと「紅白歌合戦に出たい」と話していますので、その目標に向かって走り続けてほしいですね。

堀さんは、10月12日の「カラオケ★バトル」ではどうなる?誕生日を祝えるか!?

2016年の春のグランプリですからね。当然に優勝候補の一人です。

予選では「DESTINY」(松任谷由実)を歌うことが決まっています。その他のU-18四天王も同じブロックで戦いますので、ますます気が引き締まるところではないでしょうか。

しかし、堀さんが自身の実力を出し切れば、優勝は自然とついてくるでしょう。

なぜなら、堀さんの過去最高点は・・・100点です。

流石の一言です。

過去の点数を振り返るとその高得点ぶりに驚きを隠せませんね。

●2015年 U-18大会(歌うま甲子園)優勝 ※2回目
99,9021点/「時の流れに身をまかせ」(テレサ・テン)

●2016年 一般大会(春のグランプリ)優勝
100,000点/「あなたに逢いたくて」(松田聖子)

●2016年 U-18大会(歌うま大甲子園)優勝 ※実質3回目
100,000点/「さよならのオーシャン」(杉山清貴)
99,888点/「ORION」(中島美嘉)

●2016年 U-18大会(歌うま大甲子園・夏)優勝 ※実質4回目
99,978点/「夢先案内人」(山口百恵)

ここまでの高得点を出し続けることがすごいですね。

ちなみに・・・放送日の10月12日は、堀さんの16歳の誕生日なんです!!!

自らの誕生日を優勝で祝いたいですね!!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事