Pocket

芸能事務所の最大手といってもいいジャニーズ事務所。

そのファンクラブである「ジャニーズファミリークラブ」にて、

どうやら会員規約の変更があるようです。

事務所側からの発表ではありますが、この変更の背景には

あるNPO法人からの変更の申し入れがあったようです。

本件についてわかりやすく解説してまいります。

改善要求はなんで起こったのか?誰が発起人?

今回、ジャニーズ事務所のタレントファンクラブ、「ジャニーズファミリークラブ」

に対して、会員規約変更の申し入れを行った団体は、

NPO法人「消費者被害防止ネットワーク東海」です。

とあるSMAPファンから会費を支払っているメリットがないと同団体に

相談があり、団体からジャニーズ事務所へ連絡があったようです。

gatag-00012559

http://01.gatag.net/0012559-free-illustraition/

 

どんな点を変更要求されているのか?会員規約の内容は?

具体的に変更の申し入れがあったのは、ファンクラブ規約の下記3点になります。

①会員規約が予告なく勝手に変更することができる
②退会処分された会員が損害賠償などの一切の権利が行使できない
③支払い済みの年会費の返還はできない

パッと、この規約だけ見ても、なかなか消費者にとっては

厳しい規約になっていますね、

スポンサーリンク

条文を見てみると・・・

JFCは、本規約を予告なく改訂することがあります。
改訂された本規約については、JFCより告知されるものとし閲覧可能となった時点から効力を有するものとします。

---

会員が資格を喪失した場合、理由の如何を問わず、支払済みの入会金および年会費の返還はできません。
また、退会処分とされた会員は、損害賠償請求等の一切の権利行使ができません。
「タレント」およびジャニーズ事務所は、タレントファンクラブのサービスに関し、いかなる責任も負わないものとします。

---

会員が資格を喪失した場合、理由の如何を問わず、
支払済みの入会金および年会費の返還はできません。
また、退会処分とされた会員は、損害賠償請求等の一切の権利行使ができません。
(出典:https://www.johnnys-net.jp/page?id=jfcAgree)

と出ています。

 

今後はどうなるのか?

事務所側は既に見直しに着手しているようで、近いうちに新規約の発表が

あるかもしれません。

一方で、事務側は、NPO法人に対して期限の猶予を欲しいと話しており、

これは予測ですが年内での変更はないと思い割れます。

このような競技では、場合によっては1年、長くて3年ほどかかる時があるようです。

事務所側も営利団体なので、理由があった上記のような規約にしている

はずですので、しっかりと対策を練っていくのは当然のことですね。

過激なファンも一部ではいますからね・・・。

途中経過などは、NPO法人などのWEBサイトなどで逐一報告があがる

かもしれませんので、注視していきたいですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事