• 音楽
    安室奈美恵の紅白でのギャラ(出演料)はいくら?登場は大トリで歌う曲は何?
    2017年12月20日
  • 音楽
    小室哲哉の不倫ソングでの作詞作曲は?華原朋美のコメントと反応も!
    2018年1月18日
  • 女優
    吉岡里帆は運動神経が良い?悪い?ストイックな性格で体重管理の方法は?
    2018年1月6日
  • タレント・モデル(女性)
    西野七瀬は鼻がでかい?電影少女での過激悩殺シーンも可愛くないと噂
    2018年1月17日
  • 音楽
    ももクロ緑(有安杏果)は宗教を拒否してぼっち?卒業の真相は百田夏菜子と不仲?
    2018年1月25日
Pocket

2018年1月8日、びっくりするニュースが飛び込んできました。

 
漫画家のカクイシシュンスケさんが、同じく漫画家の三田紀房さんに対して、アシスタント時代の残業代を請求することを発表しました。

 
カクイシさんのTwitterにしっかりと明記されていましたね。

 
三田さんといえば大ヒット漫画「ドラゴン桜」「インベスターZ」といった作品を世に送り出した方です。

 
三田さんは職場での「アシスタントは週休3日」「残業禁止」をメディアで話しており、今回の出来事の真相が気になりました。

 
また、カクイシさんの作品や顔画像についてもチェックしていきます!

 

スポンサーリンク

カクイシシュンスケが三田紀房に残業代請求

請求の経緯

まずはカクイシさんが三田さんに残業代を請求する経緯を整理します。

 
発端はカクイシさんのTwitter。

 

 
ツイートの中に「私がアシスタントとして働いていたマンガ家の三田紀房さんに過去の残業代を請求しました」と記載がありますね。

 
カクイシさんが自身のブログで記載しておりますが、三田さんのもとで「平成17年9月5日から平成29年4月27日まで」働かれていたようです。

 
年月にすると約11年と7ヶ月となります。

 
かなり長いですね。

 
一つの企業に10年以上所属することも稀な時代の中、一人の人に10年間仕えることは簡単なことではありません。

 
三田さんは週休3日制度を取り入れており、月曜日〜木曜日までを仕事の日付とされているようです。

 
カクイシさんのブログを見ても、

 

木曜は18時で一度20~30分ほどの夕食休憩をとり、その後22時、23時まで我々アシスタントは残業するのが常だったじゃないですか。24時過ぎたことだってありましたよ。25時までやったことだってありました。

 
と、記載がありました。

 

なぜこのタイミング?

雇用者と非雇用者。

 
関係性からいえば、労働基準法たるものが日本には存在しますので、時間外業務については「残業代」を支払わなければいけません。

 
カクイシさんの主張は法律の前では間違っていないのかもしれません。

 
しかしながら、なぜ、11年7ヵ月も勤務した後に請求しようと決意したのでしょうか。

 
ブログを読んでいくと少し理解できました。

 
平たくいうと、同じような待遇であるアシスタントに同じような思いをさせたくない、ようです。

 
個人的に漫画をはじめとした出版業界の知識は乏しいため、カクイシさんの年収を拝見した時は驚きました。

 
おおよそで300万円を超えるほどだったようです。

 
この金額に対して「多い」「少ない」を述べるつもりはありませんが、世の中の平均年収を下回っていることは確かです。

 
さらにいえば、労働時間を非常に長く取っているため、時給換算ではかなり低いと予想されます。

 
しかし、なぜ、請求を退職した後にしているのかは定かではありません。

 
改善したいのであればアシスタント時代にもできたと思います。

 
あえて辞めた後に請求しているということは、ある程度は計算されたことだったのでしょうか。

 

カクイシシュンスケの活動内容

連載漫画は?

さて、次にカクイシさんの現在の活動について調べてみました。

 
カクイシさんの作品ですが、Twitterのプロフィール欄を見ると、

 
・ヤングアニマル嵐『柔のミケランジェロ』
・読切2作品『Other』『Grasp!!』

 
このように記載されていました。

 
タイトルをチェックしてみましょう。

 
「柔のミケランジェロ」は柔道に打ち込む高校生を描いた漫画です。

 
カクイシさんの連載デビュー作のようですね。

 
連載スタートは10月6日からのため、単行本はこれから発売されるようです。

 

 
さらに、同じ柔道をテーマにした読み切り作品が「Other」「Grasp!!」となっているようです!

 

顔画像・写真は?

話題になっているカクイシさんですが、ご尊顔を拝見できないかとネット上をチェックしていましたが、見つかりませんでした。

 
写真等もありません。

 
漫画をはじめとした作家系の方がメディアの前に顔付で出る場合は、本当に売れて方に限りますからね。

 
なぜなら、作家が顔を出すのは大きなリスクだと聞いたことがあります。

 
読者と培ってきた漫画や小説の「世界観」で繋がってきていたものが、顔が出たことで容姿の「好み」「好まない」という別の判断基準もできてしまいます。

 
大ヒット連発の作家さんであれば話は別ですが、売れ出している頃は作品に注力していくが普通のようですね。

 

カクイシシュンスケの請求の正当性

スポンサーリンク

請求金額はいくら?

 
漫画家・アシスタントの関係性に一石を投じたカクイシさんですが、気になる請求金額はいくらだったのでしょうか。

 
仮に残業は毎週木曜日の18:30から6時間(24:30)だったとしましょう。

 
月収が平均で20万円と仮定すると、日給は9,000円。

 
時給で約1,100円となります。

 
時間外労働は1.25倍されると思いますので、一回の残業でおおよそ8,600円。

 
年間で52週間のため、8,600円×52で換算すると、年間で447,200円となります。

 
さらに、11年7ヵ月の歳月がありますので、計算すると約5,180,000円となりました。

 
正確な数字ではないかもしれないですが、単純計算でこうなりますね。

 
一般的な企業のサラリーマンの年収くらいにはなります。

 

結果はどうなる?

さて、最終的には結果はどうなるでしょうか。

 
カクイシさんは請求したと話しており、あとは三田さんサイドの話になります。

 
どう出てるのでしょうか。

 
今回の件は、ネットを見ても賛否両論ですね。

 

スポンサーリンク

【結果】カクイシシュンスケに残業が支払われた

Twitterで報告

 
1月17日にカクイシシュンスケさんが残業代支払いについて、自身のブログにあげていました。

やはり、残業代の請求は法律上でも正当なものだったようです。

 
残業代を請求した件ですが、支払っていただけました。
 

労基署では、一日9時間×4日=週36時間労働ということであれば変形労働時間制をとっているということだろうけれども、たとえその形でも一日9時間を超えた場合と週4日を超えて働いた分は残業代が発生すると、説明を受けました。

しかし残業代請求をしても満額で支払いがあることはなかなかないので、まずは多めに請求しておいた方がいいと言われ、とりあえず変形労働時間制はないものと考え(正式な契約があったわけではありません)8時間を超えている分の労働時間を2年4か月分請求しました。

そして、こちらの指定した期日に満額で入金がありました。

 
三田さんは本件について、感謝すると手紙も添えており、器の大きさを感じました。

 
確かにアシスタントも重労働ですし、雇用者である以上しっかりと請求できる立場にあります。

 
しかしながら、わざわざメディアを通して実施する必要があったのか?

 
また、今後のアシスタントのために行動を起こしたとお話されていますが、個人的には、現実は何も変わらないと思います。

 

現従業員にも同待遇

三田さんは現在、自身のところで働いているアシスタントにも同じように支払いをしたようです。

 
辞めた人に支払い、現在も働いている人に対して支払わないのは問題ですからね。

 
アシスタントという職業も今後は多くの技術に代替されているポジションだと思います。

 
今後の漫画家のあり方もまた変わってくることでしょう。

 
 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

漫画・アニメの関連記事
  • 愛内あいるの顔画像と写真は?整形した漫画は実話で次回の連載はいつ?
  • カクイシシュンスケの顔画像は?請求した残業代はいくらで結果どうなる?
  • 文豪ストレイドッグスの劇場版と舞台の内容は?キャストと詳細は?
  • 黒執事とコラボしたコンタクトレンズ購入方法は?ハートアップの限定店舗は?
  • 比村乳業って何?コミケでの「比村サーキット」の高速頒布を解説!
  • 「こち亀」連載終了をラサール石井は知っていた?最終話は9月17日!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事