Pocket

嵐・二宮和也さんが主演するドラマ「ブラックペアン」。

 
原作は「チーム・バチスタ栄光」の著者である作家・海堂尊さんの小説で、タイトルは「ブラックペアン1988」です。

 
海堂さんご自身が医師ということもあり、医療現場でのリアルな光景や問題点が鮮明に描かれています。

 
ドラマはTBSより2018年から放送が決まっており、楽しみにしているファンも多いことでしょう。

 
二宮さんが演じる海堂征司郎の職業は外科医。

 
さらに、このドラマには元女子アナウンサーのカトパンこと加藤綾子さんも出演が決まっています。

 
加藤さんの役柄は原作にはない治験コーディネーターのようです。

 
役の設定や演技の評判はどうなのでしょうか。

 
気になったので調べてみました!

 

スポンサーリンク

ブラックペアンのストーリー

ブラックペアン・あらすじとネタバレ

ブラックペアンのストーリーから記載していきます。

 
二宮さんが演じるの天才的な手技を持つ外科医・渡海征司郎。

 
渡海は腕は一流ながらも、所属する東城大学医学部付属病院では、入局して10年間も「ヒラ」を務めているのです。

 
ヒラの理由は(原作小説では)出世欲がない本人が拒んでいるからであり、原作では医局のカンファレンスに顔を出さない、オペ室の控え室のこもっているなどかなりアウトローな役柄です。

 
簡単に言えば、「手術が一番上手いんだから、何やってもいいでしょ」という考えを見事に体現しています。

 
ドラマはこれから放送されますので、テレビ用に若干のキャラクター修正があると思いますが、原作では非常にダークな面が描かれていますね。

 
ドラマでのストーリーは下記の通りです。

 

二宮が演じるのは、天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海征司郎。大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員だ。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでいる。同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評される、通称“オペ室の悪魔”。
 
そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか? この技術導入に裏はないのか・・・? と疑い、反対する渡海の闘いが始まる。
 
そしてこの闘いは技術導入だけの問題にとどまらず、病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題にまで発展していく。外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメントドラマだ。
 

 
医療ドラマで描かれる多くが「人命救助」「研修医の成長」「医学の進歩」など割とオーソドックスなテイストが多い印象があります。

 
ただ、ドラマのブラックペアンでは、技術導入の是非をテーマに医局での争いが描かれているということでしょう。

 

ブラックペアン・原作との違い


 
原作を読んだ方であれば、ドラマと原作が大きく異なるテイストであることに気づくはずです。

 
まず、原作では渡海は主人公でありません。

 
原作での主人公は「世良雅志」という入局一年目の研修医です。

 
物語の大半は世良の力が及ばない、技術、機器、医局の構想などの展開で進みますので、あくまでも語り手の視点という意味です。

 
しかし、医局や医師を知らないという意味では入局一年目の世良は読者に一番近い存在であり、物語を理解する上で非常に感情移入しやすいキャラクターであることは間違いありません。

 
ドラマでは世良は竹内涼真さんが演じています。

 
さらに、前述のドラマのあらすじを見ると、

 
そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。

 
技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか? この技術導入に裏はないのか・・・? と疑い、反対する渡海の闘いが始まる。

 
と記載されています。

 
この文章を見ると、何も知らない読書は、ヒラながらも技術がピカイチの渡海のキャラクターが「善」であり、技術導入を図ろうとする他大学出身の新任医師を「悪」と見るのではないでしょうか。

 
渡海がその技術導入を疑ってかかり、問題点を指摘し、反対する戦いと考えるでしょう。

 
しかし、原作では全くそのような要素はありません。

 
原作では渡海はあくまでも自身の腕のみを信じ、その技術をオペ室で振る舞えるか否かのみを判断するアウトローのキャラクターです。

 
外科医の技術を考え「外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか? この技術導入に裏はないのか・・・? 」と考える人物でありません。

 
むしろ、新技術を持ち込もうとする他大学出身の新任医師、高階権太(役・小泉孝太郎)の方が性格が明るく、かなり自信家なところはありますが、医局の未来を考えている人物に映ります。

 
実際、原作では手術を失敗した世良を励まして現場復帰させたりと、かなり熱いキャラクターです。

 
ドラマでは渡海を中心に描かれていますが、予告されているあらすじを見る限り、大幅に原作と内容が異なっている可能性はありますね。

 

ブラックペアンに加藤綾子(カトパン)が出演!

役柄は治験コーディネーター


 
さて、続いて本題である加藤綾子さんの役柄について記載していきます。

 
加藤さんが演じる木下香織(きのしたかおり)の職業は元看護師の治験コーディネーター。

 
治験コーディネーターとは、略称でCRCと呼びます。

 
仕事の概要は下記となります。

 

病院内で患者さんと直に接し、治験内容の説明や、不安や心的負担を軽減するための相談相手として、被験者の方のケア・サポートをしていきますので、医療従事者としてのやりがいを存分に感じることができる仕事といえます。

 
治験が無事満了した時は、医師やスタッフ、担当モニターとの連帯感や達成感を共有することができ、やがて、自らがコーディネートした治験により、薬がリリースされたときは、言葉にできないほど感慨深いものです。

 
なにより治験に参加いただいた患者さんから、薬が効いた、治験に参加してよかったと感謝される喜びは、仕事冥利に尽きるといったところでしょうか。

 
また、医師を始めとする医療従事者、製薬会社のモニターなど、多くの方々と接する中で、さまざまな疾患や新薬の知識が得られ、広い視野で物事を捉えることが出来るようになります。

 
このように、新薬開発の一端を担い、新薬の登場を待ち続ける多くの患者さんに貢献できること、それがCRCという職業の魅力です。

 

治験コーディネーターとは新薬を発売するあたり、人体への治験が必要になりますので、段取りを組んだり、患者のケア等をする職業です。

 
医師とは新薬を治験するにあたりともに計画を練ったりするようです。

 
データ分析や整理といったデスクワークもありますので、ハードな職業の一つではないでしょうか。

 
ただ、看護師に比べると給料は良いと聞きます。

 

加藤綾子の演技は?

今回、加藤さんが演じる木下は原作には存在しない、ドラマオリジナル人物です。

 
しかし、ドラマのプロデューサーは「今後、ブラックペアンの謎を解いていく上で重要なキーマンになります」とコメントを残しており、作中でもかなり存在感があるのではないでしょうか。

 
下記のように人物紹介がされていますね。

 

加藤が演じる木下香織(きのしたかおり)は、元看護師で現在は治験コーディネーターとして、新薬や新機器開発の治験の窓口となっている。“神の手”を持ち、絶対的権力を持つ東城大の佐伯教授(内野聖陽)や、“オペ室の悪魔”と呼ばれ、皆に恐れられている渡海といった面々と対等なやりとりをしていく。

 
さらに、帝都大の刺客として東城大にスナイプを導入しようとする高階(小泉孝太郎)にも接触するなど、自分の信念を貫いて医療業界をけん引している人物である。

 
医療コーディネーターは、現在の医療業界において、病院・研究室・製薬会社・医療機器メーカーを繋ぐ重要な役割を担っており、今作においても治験コーディネーター・木下香織は物語を引っ張る重要な人物となる。本格的に女優デビューとなる加藤が木下をどう演じるのか注目だ。

 
加藤さんはアナウンサー出身ですので、ドラマ出演は初となります。

 
女子アナウンサーから女優になった前例はなく、かなり注目を浴びています。

 
アナウンサー時代はなんでも完璧なこなす印象がありましたが、今回のドラマでは果たしてどうなのでしょうか。

 
演技力に関してはまだ誰も見たことがないため、あくまでも予想の範囲になりますが、加藤さんはテレビ慣れもしておりますので、そつなくこなしてしまうのではないかと考えています。

 
ドラマの放送が非常に楽しみですね!

 
加藤さんのドラマ出演のコメントからも気合が伝わってきます!

 

出演依頼を頂いたときは、(連続ドラマのレギュラー出演が)初めてのことでドラマの現場にいる自分が想像できなかったですが、新しいことにこのタイミングで挑戦させて頂けることは本当にありがたいことで、がむしゃらに新人のつもりで吸収できるものはすべて吸収して取り組みたいと思います。

 
木下香織という役は内に秘めた強さがあり、しっかりとした女性だと思いますので、その香織のイメージをしっかり表現したいです。一生懸命逃げずに頑張りたいと思いますので、ぜひご覧いただければと思います。

 

加藤綾子がブラックペアン出演でエロい姿は?

スポンサーリンク

ベッドシーンはある?

今回、加藤さんがドラマ出演をするにあたり、少し気になっている点は「ベッドシーンはあるのか」という点です。

 
治験コーディネーターという役柄、力のある医者に取り入ってもらう必要があり、医者との「ムフフ」なシーンもあるかもしれない!と鼻息を荒くしている方もいるのではないでしょうか。

 
加藤さんは抜群のプロポーションですので、期待してしまう男性ファンは多いと思われます。

 
現時点ではそのようなシーンはありませんが、もしあれば話題になることは間違いありませんので、非常に期待したところですね!

 
これはドラマ放送を見て、逐一チェックしていくしかなさそうですね!

 

過激画像は?


 
並行して「過激画像も!」と思う方もいらっしゃると思いますが、現時点ではありません。

 
こちらもドラマをチェックする必要がありますね。

 
しかし、加藤さんの過去の過激な画像はネット上でも出てきています。

 
アナウンサーになる前の写真でしょうか。

 
かなり若い頃だと推測できますが、これはかなり嬉しいものですね。

 
加藤綾子 水着画像
 
加藤綾子 過去画像
 
加藤綾子 過去画像

 

 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事