Pocket

 
2018年10月10日の22時から、ドラマ「獣になれない私たち」が放送されますね。

 
主演は松田龍平さん、新垣結衣さん。

 
「W主演」のようですね。

 
原作なしの完全なオリジナルドラマであり、脚本は「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」を描いた野木亜紀子さん。

 
ホンネを言えず、感情を抑える日々を送る男女のラブストーリーを描いています。

 
新垣さんとは「逃げ恥」以来のタッグとなり、今回もかなりの視聴率が期待できそうですね。

 
今回はドラマ「獣になれない私たち」について、気になった点を調べてみました。

 
特に「元ネタはあるのか?」「新垣さん演じる深海晶にモデルはいるのか?」という点が知りたいですね。

 
それでは早速、調査をしてみました!

 

スポンサーリンク

「獣になれない私たち」 ドラマ放送に期待!?

主演は松田龍平・新垣結衣

繰り返しになりますが、本作は松田龍平さん、新垣結衣さんのW主演です。

 
2人の共演は映画「恋するマドリ」以来、11年ぶりになります。

 
芸能界屈指の演技を見せる男女の共演に、放送前から注目が集まっていることは確かですね。

 
ドラマのストーリーはガチガチの恋愛ドラマではなく、一歩を踏み出せない男女が徐々に恋愛をしていく物語のようです。

 

仕事やプライベートで周囲に気を使いすぎる女性・深海晶(新垣)と、すべての物事に対し斜に構えている会計士・根元恒星(松田)。

常に本音を言えず、心に鎧を着込んだ男女が、仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会ってしまった。

赤の他人だからこそ“本当の本音”をぶつけ合うなかで、2人はやがて、傷つきながらも自分らしく踏み出していく。

 
脚本を担当する野木亜紀子さんは本作で新垣さんと4度目のタッグになります。

 
・2013年 「空飛ぶ広報室」
・2015年 「掟上今日子の備忘録」
・2016年 「逃げるは恥だが役に立つ」

 
特に、2016年「逃げるは恥だが役に立つ」は、社会現象を起こすほどの大ヒット。

 
TBS火曜日のドラマ枠が始まり、歴代最高の視聴率を記録しています。

 
エンディングに披露された「恋ダンス」は至る所で披露され、国民的なブームも引き起こしましたね。

 
新垣さんもかなり楽しみにされているようですね。

 

本当に信頼する方なのでまたご一緒できて本当に感謝です。

なんともいえない安心感があります。

それと同時に、だからこそのプレッシャーもあります。

脚本に込められた野木さんからの期待と課題に応えられるように頑張りたいです。

 
さらに、今作では松田さんという雰囲気ある演技ができる俳優さんが主演に加わり、「逃げ恥」とはまた異なる魅力でストーリーが展開されていくことでしょう。

 

そんな「逃げ恥」以来の2人のタッグ、また映画「恋するマドリ」(2007)以来、11年ぶりとなる新垣と松田の共演に、早くも期待の声が殺到。

ネット上では

「これは期待大!」

「野木さんの脚本×ガッキー好き過ぎるので楽しみでしかない!」

「新垣結衣&野木亜紀子キターー!!」

「野木さんとガッキーと松田龍平とか絶対見る」

など、続々とコメントが寄せられ話題となっている。

 

キャスト一覧

さらには、キャストも魅力的ですね。

 
松田さん、新垣さん以外にも、演技派の役者が出演をしています。

 
 
ここではキャスト一覧を記載します。

 

「獣になれない私たち」キャスト一覧
深海晶(しんかい あきら)〈30〉
演 - 新垣結衣

根元恒星(ねもと こうせい)〈33〉
演 - 松田龍平

花井京谷(はない きょうや)
演 - 田中圭

長門朱里(ながと しゅり)
演 - 黒木華

橘呉羽(たちばな くれは)
演 - 菊地凛子

花井千春(はない ちはる)
演 - 田中美佐子

タクラマカン斎藤(タクラマカン さいとう)
演 - 松尾貴史

九十九剣児(つくも けんじ)
演 - 山内圭哉

上野発(うえの はつ)
演 - 犬飼貴丈

松任谷夢子(まつとうや ゆめこ)
演 - 伊藤沙莉

佐久間久作(さくま きゅうさく)
演 - 近藤公園

岡持三郎(おかもち さぶろう)
演 - 一ノ瀬ワタル

(引用:https://www.ntv.co.jp/kemonare/chart/)

 
各出演者の相関図は公式ホームページに記載があります。

 
松田さん、新垣さんはそれぞれ別の会社に勤務している設定であり、最初は別に恋人がいます。

 
松田さん(根元)は菊地凛子さん演じる橘呉羽、新垣(深海)さんは田中圭さん演じる花井京谷さんと交際している設定です。

 
もちろん、そこから大きく話が展開していきますよ!

 

「獣になれない私たち」ネタバレ・あらすじは?

ネタバレ・あらすじは?

あらすじは、すでに公式サイトに掲載されていますね。

 

住宅街にあるクラフトビールバー「5tap」…そこに2組の男女が来店していた。

一方は、ECサイトの制作会社に勤める深海晶(新垣結衣)と、大手デベロッパー勤務の花井京谷(田中圭)のカップル。

京谷は、自分の母親が「恋人の晶にとても会いたがっている」と話しているが、晶は他のことに気を取られて聞いていないように見える…。

もう一方は、バーから徒歩3分の場所に公認会計士・税理士事務所を構える根元恒星(松田龍平)と橘呉羽(菊地凛子)のカップル。

呉羽が唐突に「私、結婚した!」と告げて薬指のリングを見せたことに、驚く恒星。

呉羽はそんな恒星のことは気にせず、シャンパンがわりに結婚祝いのビールを開けさせ、「5tap」店内にいる客たちに振る舞いはじめる。

晶と京谷もその乾杯の輪に加わり、4人は偶然にも一緒に呉羽の結婚を祝うことになった。

バーの店主・タクラマカン斎藤(松尾貴史)が「恒星と呉羽は付き合ってたんじゃなかったの?」と質問すると、呉羽は「お互いに大して好きじゃなかったから」と笑った。

隣にいる恒星は呉羽の発言に肯定も否定もしないが、晶はその言葉の意味が気になっていた。

実は晶には、京谷との間に抱えた「ある大きな問題」があったのだ…。

二人の間でその問題はずっと棚上げにされていて、京谷が晶のアパートに泊まった夜も、なんの話もできないまま…。

翌朝、目覚めた晶。出勤前から始まる、社長の九十九(山内圭哉)からの仕事の連絡に悩まされる。

満員電車に揺られている間もひっきりなしにかかる電話…

誰よりも早く出社した晶は、始業前に九十九の指令と同僚からの頼みごとを一気に片付ける。

この会社では一事が万事この調子で、全ての負担が晶にかかっていた。

いつものように疲れ果てて、帰路につく晶。駅からの帰り道にある5tapにいつものように立ち寄ると、恒星が先に飲んでいるのに出くわした。

お互いこの店の常連なものの、これまで話しかけたことがなかった晶だが、思い切って声をかけると…。

 
ネタバレ要素はまだ表に出ていますが、新垣さんが自分の中に抱えているモヤモヤ感をうまく演じていることは間違いありません。

 
予告動画を見ると仕事で周囲に気を使ってしまい、非常に疲れているシーンも出ています。

 
またそれが非常に可愛いのですが・・・。

 
そして、話が徐々に話すにつれ、徐々に勇気を振り絞り、本当の自分をさらけ出していくのでしょう。

 
松田さんが演じる根元は、思ったことを正直に話してしまう役のようですが、少し不思議な雰囲気がある役になりそうですね。

 
職業も会計士・税理士事務所という高めな職業についており、インテリな面も演じられていそうです。

 
出会いの場所がクラフトビールのバーということで、このドラマの放送を機に都内のビールバーも満席になるかもしれません。

 

「獣になれない私たち」 元ネタや実話に基づく?

スポンサーリンク

ストーリーに元ネタは?

「獣になれない私たち」のストーリーは完全にオリジナル。

 
原作漫画や小説がドラマ化される昨今、オリジナルドラマは希少であり、かなり期待が持てますね。

 
前述の通り、脚本は「逃げ恥」などを描かれた野木さんであり、今回も面白いドラマになるでしょう。

 
元ネタはやはりなさそうですね。

 
しかし、自分を出せないという点では、「こじらせ女子」が描かれた「きょうは会社休みます。」は雰囲気は似ているかもしれません。

 
こじらせ女子の特徴である、

 
・自分の中の女子力に自信が持てない
・甘え上手
・敵は天然モテ女
・寂しさに慣れている

 
などなど、少し今作の新垣結衣さん演じる深川晶に似ている部分はありますね。

 

深川晶のモデルとなった人物は?

今作で新垣さんが演じるのは、深川晶という30歳の女性。

 
1988年生まれの新垣さんと同じ年齢の設定です。

 
主人公については、新垣さんのコメントが非常に参考なります。

 

(このドラマの)主人公のように、嫌なのに、変えたいのに、勇気が出ないまま今と戦ってる人は実はたくさんいるのかなと思います。

やっぱり見てくださる方には、好きになってもらったり応援したくなったり、笑ってもらえる晶にしたいです。

カチカチになった心がふわっと軽くなるようなドラマになったらいいなと思います。 

 
周囲の人間に気を遣いすぎてしまい、あまり自分をさらけ出せない役柄のようですね。

 
話が進むにつれ、恋愛も仕事もうまく進展していくのでしょう!

 
実際にモデルになった人物はドラマがスタートしてみないとわからない面がありますので、放送を楽しみに待ちたいですね。

 
 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事