Pocket

紅白歌合戦い出場した欅坂46。

司会の内村光良さんも参加したダンスで大きく話題になりましたね。

企画コーナーの一部でショートバージョンの「不協和音」をコラボしたところまではよかったですが、曲の終了直後にハプニングが起こりました。

しかし。最後のダンスが終わった段階で、後ろの方で倒れたメンバーがいました。

名前は鈴本美愉さん。

センターの平手友梨利さんの手も最後は震えており、かなり心配される終わり方でした。

スポンサーリンク

欅坂46・鈴本美愉が紅白で倒れた?

これが最後の集合した時の画像です。

ダンスが終わり、キメのラストポーズの瞬間に後ろでふらっと倒れた方いますね。

この方は鈴本美愉さんです。

http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/artist/12

この倒れ方はちょっとヤバイと思いますね。

本番中に体調を崩したと思いますが、容態はかなり悪いでしょう。

ニュースとしても報道されております。

 欅坂46が総合司会の内村光良と「不協和音」をコラボした企画で、メンバーの鈴本美愉が歌唱後、ステージ上で後ろに倒れ込む姿が放送された

(中略)

 「不協和音」は最後に、欅坂46のロゴマークの三角形のフォーメーションを作るが、その中で鈴本が後ろに倒れ込んだ。平手は最後のポーズで手が小刻みに痙攣しており、SNSでは鈴本と平手の体調を心配する声であふれている。

 

欅坂46・鈴本美愉が紅白で倒れた理由は?貧血?

スポンサーリンク

倒れた理由は定かではないですが、おそらくは過度の練習による貧血ではないでしょうか。

練習への肉体的な疲れに加え、過度のプレッシャーもあったかもしれませんね。

もともとかなり激しいダンスであることは有名でしたから、今回の紅白という普段とは全く異なる舞台で、かつ2回続けてとなるとキツイでしょう。

倒れた原因こそ公表はされていないですが、可能性として考えられるのは、貧血でしょう。

病気であればそもそも出演を見送っていますし、紅白出演ということで心身ともにかなり疲弊していたことが予想されます。

すぐにカメラが切り替わりましたが、ゲスト出演の吉岡里帆さんがかなり心配そうな表情をしており、現場でも騒然としていたことが予想されます。

もちろん、ファンからも心配の声が上がっています。

NHKホールに救護隊はいると思うので、緊急搬送までいかないかもしれません。

しかし、本番中にアイドルが倒れるのは異例です。

ゆっくりと体調を整えて、2018年を迎えて欲しいと思います。

 

欅坂46・鈴本美愉は放送直後に原因が判明!

どうやら、原因は過呼吸だったようです。

放送直後に下記のよう記事が出ており、現在は体調も回復しているようですね!

メンバーの鈴本美愉さんは、最後に三角形のフォーメーションを作るところで後ろに倒れ込んだ。センターの平手友梨奈さんもパフォーマンス中からふらつき、ダンス中に内村さんが「大丈夫?」と話しかけると、平手さんがうなずく一幕も。平手さんは最後のポーズで手が震え、しっかりとポーズを決められなかった。

関係者によると、容体が悪くなったのは、志田愛佳さんも含む3人で、いずれも過呼吸という。待機していた看護師が対応し、すぐに落ち着き、楽屋で休んでいるという。

 
 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事