• タレント・モデル(女性)
    紗栄子の新恋人で彼氏は誰?イギリスで移住でお金持ちと結婚?
    2017年8月10日
  • 音楽
    安室奈美恵の紅白でのギャラ(出演料)はいくら?登場は大トリで歌う曲は何?
    2017年12月20日
  • タレント・モデル(男性)
    田中聖は年末のイベントで何するの?チケット購入方法と会場はどこ?
    2017年11月15日
  • トレンド
    フィンガリングモンキーの入荷予定と購入方法は?価格はいくら?
    2017年11月7日
  • テレビ
    カイジのバラエティには台本があった?実写でやらせの演出シーンあり?
    2017年12月15日
  • 音楽
    SCANDAL(スキャンダル)MAMIの行きつけの美容院はどこ?歴代の髪型は?
    2017年11月6日
  • ビジネス
    ハゲで割引となるホテルの名前は?価格とハゲの基準は誰が決める!?
    2017年11月21日
  • サッカー日本代表
    本田圭佑はメキシコ移籍後いつ怪我をした?衰えでチームから孤立?
    2017年8月12日
Pocket

ソフトバンクの松坂大輔投手が、復活をかけたシーズンに挑みます。

2017年は、2015年からの3年契約の最終年にあたります。

残念なことに過去2年間は勝ち星をあげるどころか、1軍での登板もままならい状態でした。

しかし、2017年に入り明らかに体重の減量にも成功しており、復活の兆しがありますね。

キャンプでは自ら志願をして打撃投手を務めるなど調整も順調に進んでいるようです。

ファンの皆さまが気になるには、やはり、「2017年の松坂大輔投手の成績」ではないでしょうか。

全盛期は投手にとって最高の賞と呼べる沢村賞も受賞した「平成の怪物・松坂」が復活した場合のシーズン成績を予想してみました!

また、痩せたことでの投球フォームや体重についてもチェックしてみました。

スポンサーリンク

日本球界復帰後の松坂投手の成績は?

松坂投手の日本復帰は決まったのは2014年12月でした。

契約内容は「3年・12億円」という大型契約で、単年に換算すると年俸4億円と

日本球界のトップクラスの年俸です。

背番号は各球団もエースが担っている「18番」。誰もがかつての活躍を期待していましたね。

しかし、2015・2016年の2年間に関していうと年俸に見合った成績を残せずに終わってしまいました・・・。

 

2015年は右肩の痛みで1軍登板はなく、シーズン中に「右肩関節唇及び腱板クリーニング術」「ベネット骨棘切除術」「後方関節包解離術」を受けたほどです。

2016年も10月2日に初めて1軍の試合(対楽天)に登板します。

しかし、中継ぎで登板して1回を投げ、被安打3与四死球4暴投1で5失点(自責点2)と散々たる内容でした。

これは約10年ぶりの日本球界復帰登板でしたが、多くの人の期待を裏切った結果となってしまいました。

一部の関係者や解説者「引退勧告」ともとれるような発言も飛び出しましたね。

全盛期の姿からはほど遠く、ファンにすると残念な気持ちがこみ上げてきたに違いありません。

日本での最盛期は物凄い投手でしたからね。

 

●メジャー移籍前の在籍8年での成績

204試合 108勝60敗 勝率.642 投球回1402.2回 1355奪三振 防御率2.95 完投72

・新人王 (1999年)

・沢村賞:1回 (2001年)

・ベストナイン:3回
(投手部門:1999年 - 2001年)
※3年連続ベストナインは投手最多タイ(他に稲尾和久)

・ゴールデングラブ賞:7回
(投手部門:1999年 - 2001年、2003年 - 2006年)

・JA全農Go・Go賞:3回
(最多奪三振賞:2003年5月、2005年5月、2006年5月)

・オールスターゲームMVP:1回 (2004年第1戦)

・パ・リーグ特別表彰:1回 (2000年)
※シドニー五輪出場による会長特別賞

・WBC最優秀選手:2回 (2006年、2009年)

・日本プロスポーツ大賞:2回 (1999年、2007年)
※1999年は大賞、2007年は殊勲賞と40周年特別賞

・報知プロスポーツ大賞:1回 (1999年)

・毎日スポーツ人賞:2回 (1999年、2007年)
※1999年はファン賞、2007年は国際賞

・ナンバーMVP賞:1回 (1999年)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%9D%82%E5%A4%A7%E8%BC%94

 

今オフはちょっと異なる!復活の兆しが!

しかし、契約3年目で最終年を迎える今季は復活の兆しが見えています。

1月28日に松坂投手が自主トレを公開し、昨シーズンのだいぶ太っていたといえる体型から一気にスリムになっていました。

ファンからも「松坂、激ヤセだ!」「だいぶすっきりした体型だ」「もはや別人だ」と変化を気づき、驚く声もあります。

やはり体が資本となるプロ野球選手ですからね。体重は非常に大切です。

現在の体重は公表こそされていないですが、昨年より10㎏は減量されていると報道されていますね。

流石に最盛期の時と比べれば見落とりしますが、非常に良い具合というのは間違いなさそうです。

2月に入ってからもその調整は順調で、3日には実戦形式で打者13人に対して、3安打3奪三振とまずまずの成績をみせています。

同日ではブルペンで161球を投じるなど早い仕上がりをみせており、首脳陣にも大きくアピ―ルできているので、これはもしかしたら・・・と思ってしまいます。

 

さらに!
痩せたことにより、投球フォームはしなやかになっており、同じ投手だった工藤公康監督も松坂の状態を評価したと報道がありましたね。これは期待が持てるでのはないでしょうか。

背水の陣で臨む契約最終シーズンですからね。

報道からも松坂投手の意気込みや覚悟が伝わってきます。

そして、現在は2軍で調整中ですが、2月21日からは1軍で調整するのでは?と予想されているのです。

 

気になる2017年の成績を予想してみた!

スポンサーリンク

さて、2017年の成績ですが、起用されるポジションによって予想は様々ですが、

個人的には先発+中継ぎ(ロングリリーフ)での起用ではと思っています。

ソフトバンクの先発陣の層は非常に厚く、1年間を通してローテーションを

守るのは少し厳しいとは思っています。

 

【ソフトバンク・先発候補】

<当確>
・武田翔太
・和田毅
・千賀滉大選手
<有力>
・バンデンハーク
・東浜巨
<次点>
・中田賢一
・摂津正
・田中正義
・岩嵜翔
・大隣憲司

ざっと見てもこのような選手がおります。

先発では昨年に二けた勝利をした3人(武田、和田、千賀)は当確、また、負けない男であるバンデンハーグ、才能が花開きつつある東浜も有力です。

次点にも実績のある中田投手、摂津投手がおり、松坂投手がこの中に割ってはいるのは至難のわざと言わざるを得ないです。

先発・中継ぎの合算での成績ですが・・・

 

25試合(7先発)4勝5敗 防御率3.53

 

くらいではないかと予想します。

うーん、なんとも言えない数字ですが、36歳の現役投手の時点でプロとしては成功者です。

そして、36歳で活躍した投手は昨年はいないのではないでしょうか。

そう考えると、37歳を迎える松坂投手でも、一般的な先発・中継ぎ投手の成績に落ち着つくのではと考えています。

 

 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

スポーツ, プロ野球の関連記事
  • 山中慎介はイクメンでかっこいいパパ!自宅の場所と再戦で王者となる確率は?
  • 吉村志穂は2018年現在何している?バレー引退後の活動と結婚は?
  • 式守伊之助は同性愛でセクハラ被害者の10代若手行司は誰?処分はどうなる?
  • アンパンマン号が箱根駅伝に出現した理由と運転手は誰?販売先やメーカーはどこ?
  • 箱根駅伝で陸王モデルのシューズを履いている選手はいる?モデルは誰!?
  • 亀田興毅の現役復帰戦はいつ?相手は?2018年に王座タイトルマッチに挑戦!?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事