ミスター・サンデーで森友学園の保護者はやらせ?BPOに倫理違反で申し立て?

Pocket

不名誉な疑惑があがっている森友学園ですが、2017年3月5日に小学校の入学説明会が開催されました。

入学説明会の内容やレポートはやはり気になるところです。

疑惑に揺れる学園の説目会ですので、マスコミだって潜入捜査などを行っているかもしれませんね。

そんな中、フジテレビのニュース番組である「Mr.サンデー」が大失態をしているという話が出ているのです。

同番組で「森友学園の説明会に参加し、退出命令を受けた保護者」としてインタビューをしていた人が、保護者ではなく劇団の演出家だったようです。

しっかりとテレビでインタビューを受けていますが、紹介のテロップが「保護者」となっているのでは、明らかに紹介が誤っていますね。

ネット上では放送倫理を問うBPO案件だという声もあります。

実際のところ、どうなのでしょうか。

スポンサーリンク

小学校の説明会でインタビューされたのは誰?

繰り返しになりますが、今回の問題点は小学校の説明会が開かれたところ、説明会に出席して「退出命令を受けた保護者」としてインタビューを受けた人物が劇団の演出家だった様です。

これはTwitter上で大きく話題になっており、ネット上を中心に一気に拡散されています。

この劇団の演出家は保護者としてではなく、記者やジャーナリスト的な目線でこの説明会に参加しています。

名前は高間響さん。

京都で時事ネタコメディをしている「笑の内閣」という劇団の脚本家、演出家だそうです。

下記のURLがリンク先となりますので、チェックしてみてください。

森友学園 瑞穂の国記念小学院の入学説明会に行ってきました

内容には途中退出の内容は記載されていませんが、明らかに保護者ではない人物の参加だったため、運営サイドから退出を命令されたと想像できます。

この人物はコラム上で自身を「ジャーナリストではない」と言い切っているにもかかわらず、この説明会に参加していたようです。

BPOとは何?放送倫理への申し立て?

さて、今回の件で問題となっているのは、「保護者」としてインタビューした人が「ただの劇団の演出家」だったということです。

これには下記2つのことが考えられます。

①フジテレビが演出家だと知っててインタビューをした
②フジテレビが演出家だと知らないでインタビューをした

要は、フジテレビが演出家であることを認知していたか、どうか、ということです。

これが上記でいう①のケースですと大問題ですね。

「強制退出」されたのは保護者ではなくて演出家だった(もしくは説明会で適切な態度を取らなかった)からなので、それを保護者としてインタビューするのはお門違いです。

これが口裏合わせで行われていたのであれば、完全に話題作りのための仕込み・ヤラセといえるでしょう!

また、このようなケースであれば放送倫理・番組向上機構(BPO)に意見を送れば問題になることでしょう。

ただ、どちらせよ、今回の報道では「保護者」ではないので、誤報道であるといえるでしょう。

今後の展開はどうなるの?

style=”text-align: center;”>スポンサーリンク

処分内容は明確になっていませんが、BPOの目的は勧告など行い倫理を向上させていくことです。

テレビ番組はCMなどからスポンサー企業がついていますが、このようなケースで勧告となってしまった場合はスポンサー企業が離れてしまうでしょう。

つまり、番組が存続できなくなりまし、テレビ局の倫理そのものが疑われることとなってしまいます。

罰金など具体的な内容はないですが、勧告等になった場合のデメリットが計り知れないほど大きいのです。

実際、この疑惑があがっている段階で、すでに多くのマイナスの意見が寄せれられています。

・仕込みってホントにあるんだな。昭和のバラエティのことかと思ってたわ

・これ訴えられないの?悪質にも程があるだろ

・ネットすげえ。マスゴミのうそがどんどんバレるwww

・TBSみたいな捏造やヤラセの真似をするウジテレビ

・マスコミとか演出家とか、サイコパスでなきゃできない職業だな
 嘘を自分で作って平然と流す

・保護者じゃないから嘘報道だわな

・どうせネットでこれが炎上しても腐れマスコミは取り上げないんだろ?

・明日の朝から停波でいい。

強烈な批判意見もありますね。

確かに視聴者としては真実として視聴しているわけなので、少し残念な展開になっているは確かですね。

もちろん、この裏付けはありませんし、演出家の人が「インタビューを受けました」とも言えないですからね。

どちらにせよ、真実の報道がされて欲しいですね。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする