Pocket

お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介さんが1日、警視庁より書類送検されましたね。

ノンスタ井上さんは昨年、世田谷区で車を運転していた際に走行中のタクシーに衝突し、そのまま逃走していました。

警視庁は上記の事件に対し、過失運転致傷とひき逃げで井上さんを書類送検しています。

人気お笑い芸人の事件でしたので、昨年に大きな話題になりましたね。

今回の書類送検で本事件はさらに展開することになりますが、今後はどうなるのでしょうか。

また、井上さんは起訴されてしまうのでしょうか。

 

井上さんが起こした「ひき逃げ」とは?

スポンサーリンク

まず、事の発端から説明します。

2016年12月11日午後11時45分ごろ、世田谷区若林の都道を井上さんが車で走行していた際、路肩よりに走行していたタクシーの前に入り込もうとして、タクシーと接触。

接触した際にタクシー運転手が出てこなったこともあり、そのまま逃走していました。

相手のタクシー運転手は首、腰に全治2週間の怪我。

通常であれば逃げることは当然ダメですし、また、警察に事故報告や被害者への救護もしなかったことも明らかな違反行為です。

井上さんは「事故を起こしたことが世間に知られたら大変になる」旨の発言をしていましたが、「隠すことの方が大変になるだろ、人の命に関わったかもしれないんだぞ!」と声を大にして反論したかった人が多いのではないでしょうか。

 

ことの大きさを考え、所属事務所のよしもとは井上さんの活動自粛を発表。現在も謹慎中となっています。

幸い、相手方の男性は一部の報道では井上さんの謝罪に誠意を感じ、ことを大きくするような方向にはならないと予想もされています。

しかし、今回、井上さんが事故の報告なくその場を逃走した事実は変わらず、過失運転致傷とひき逃げという2つの疑いで書類送検されることとなりました。

 

気になる今後の展開は?

https://pixabay.com/ja/%E8%BB%8A%E3%81%AE%E4%BA%
8B%E6%95%85-%E6%90%8D%E5%82%B7-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5-%E4%BF%9D%E9%99%BA-%E9%9B%A3%E7%A0%B4%E8%88%B9-%E8%A1%9D%E7%AA%81-%E5%A3%8A%E3%82%8C%E3%81%9F-%E4%BF%AE%E7%90%86-1538175/

 

さて、気になるのは今後の展開です。

まず、今回報道された書類送検ですが、そもそもこの言葉の定義について説明しますね。

 

●書類送検とは?

刑事手続において、司法警察員が被疑者を逮捕せず、または、逮捕後釈放した後に、被疑者の身柄を拘束することなく事件を検察官送致(送致、送検)すること
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B8%E9%A1%9E%E9%80%81%E6%A4%9C

 

つまり、簡単に言うと逮捕しているかどうかに関わらず、警察から検察に事故の報告をすることです。

今回であれば、警察が井上さんを「当て逃げ」の疑いがあるため、それを検察に報告した、ということです。

この書類送検は警察が犯罪の捜査をした場合は必ず提出するものです。

別に逮捕する、しないは関係ありません。

逮捕はあくまでも身柄を拘束する必要がある場合(例えば、逃亡の恐れ、証拠隠滅の恐れ、現行犯など)に限るので、今回の井上さんにはその恐れはなかったと判断されたのでしょう。

具体的には・・・

①有名人なので逃亡のリスクは少ない
②明らかに反省しており罪を認めている
③証拠を隠滅はされない(すでに警察が取得済み)

という要素があると思います。

 

井上さんは現在、正確に表現すると下記2つの容疑があります

①自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)
②道路交通法違反(救護義務違反など)

あくまでもこれを罪とするかは検察が判断するので、これからマスコミは検察に張り付くことになるわけです(笑)

 

起訴される?それとも和解して不起訴?

スポンサーリンク

今後のパターンは大きく分けて3つあります。

 

①警察が在宅起訴とする

在宅起訴になれば、裁判が開かれます。

裁判が開かれるケースは弁護士が来て争うようなケースですね。

「裁判長!意義あり!」のアレです。

裁判にかけられ、公の場で双方の意見を聞き、公の場裁判長がジャッジします。

 

②警察が略式起訴とする

略式起訴の場合は、在宅起訴ほどの大きな事件ではない場合、多くの手続きを省略した裁判を行います。

この場合は罰金刑と考えて間違いありません。

井上さんが罰金を支払った段階で事件が手続き上は解決したこととなります。

 

③警察が不起訴とする

今回は初犯かと思いますので、この不起訴になることが予想されています。

井上さんがタクシー運転手の方と和解しており、おそらく、示談金やお見舞金もお渡ししていると思います。

そのため、今回は不起訴の中での「起訴猶予」で落ち着くのではないでしょうか。

 

●起訴猶予とは?

被疑者の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときに検察官が行う不起訴処分
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B7%
E8%A8%B4%E7%8C%B6%E4%BA%88%E5%87%A6%E5%88%86

 

まとめ

・ミス東大の篠原梨菜さんが話題

・高校の偏差値も75と日本屈指の頭の良さ

・弁護士を目指し、過去には伝統のある賞も受賞

・インスタグラムはやっていますが、タグ画像はあり

 

 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事