尾野真千子が新ドラマ「狙撃」を有楽町でPR!?過去に降板も経験?

Pocket

尾野真千子が主演の新ドラマ「狙撃」PRで、有楽町に出没!?

女優・尾野真千子さん(34)が新ドラマ「狙撃」に出演します。テレビ朝日のドラマスペシャルで10月2日の21:00から放送されます。

そして、番組のPRも兼ねて、9月26日に放送される同ドラマのフライヤー配りを有楽町にて実施しています!人生初のチラシ配りに本人も乗り気だったようです。チェックの長袖シャツに細身のパンツで登場し、最後の1枚まで配り終えたそうです。

警察に事前と届はしていたそうですが、告知せずに行うゲリラ方式に歩行者は大興奮して様子だったとのこと。途中からは共演した俳優・佐藤浩市さんも参戦し、有楽町の駅前に大きな人だかりができたに違いありません。

ドラマではめずらしいフライヤー配りですが、出演者やスタッフの間で「自ら汗をかいて視聴者に訴えたい」という熱い想いを行動に移すべく、実行されました。10万人への配布を目指して9月から徐々に行っており、最終日の9月26日に主演の尾野さんが駆けつけたそうです。

作品への想いが伝わりますね。

尾野真千子さん主演の「狙撃」ってどんな内容?過去の出演歴は?

10月2日に放送が決まっている「狙撃」は、警察内部の権力闘争が発端となった「」次期首相候補狙撃事件」に尾野さん演じる女性刑事・上月が真相解明に迫る刑事ドラマです。

上月はもともと、抜群の腕を持ち元警視庁捜査一課に所属していましたが、不倫が原因で左遷されていました。そんなときに、警視庁警務部特務監察室に配属され、過去に起きた「次期首相候補狙撃事件」のことを知ります。そして、偶然なことに事件日は、上月は盗犯に母を殺された日でもあり・・・。

たまたま追っていた事件が過去の自分の出来事とリンクし、徐々に事件の深みと真相にはまっているパターンですね。本格派刑事ドラマのようで、あっという間にドラマを見終えるかもしれません。

主演の尾野さんですが、過去にも様々な作品に出演しています。

●尾野真知子(おの まちこ)
・1981年11月4日(34歳) 
・A型
・奈良県出身
・身長161cm

・主な出演映画
『萌の朱雀』『リアリズムの宿』『殯の森』『クライマーズ・ハイ』
『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』
『そして父になる』『ニシノユキヒコの恋と冒険』
『きみはいい子』

・主な出演ドラマ
『ひかりのまち』『芋たこなんきん』『火の魚』『外事警察』
『Mother』『名前をなくした女神』『カーネーション』『疑惑』
『最高の離婚』『夫婦善哉』『足尾から来た女』

4人姉妹の末っ子と生まれた尾野さんは、2000年の高校卒業後に上京して本格的に女優への道に進みます。大きな注目を浴びたのは、2007年です。主演映画『殯の森』、第60回カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得しました。

その後は順調に女優としての力つけていきます。

・2009年『火の魚』で第36回放送文化基金賞演技賞、東京ドラマアウォード2010助演女優賞を受賞。
・2011年、NHK連続テレビ小説『カーネーション』で東京ドラマアウォード2012主演女優賞を受賞。
・2013年、『最高の離婚』(フジテレビ)で自身2度目の放送文化基金賞演技賞を受賞。
・2014年 『極悪がんぼ』でフジテレビの月9ドラマに初主演。

今や「実力派」と言葉がぴったりとあてはまる女優さんですね。2015年には、EXILEの所属事務所の専務取締役と結婚されました。公私ともに充実しており、うらやましい限りです!

そんな尾野さんも過去に「主演の降板」を経験!?

尾野さんの実力を確固たるものにしたNHKの連続テレビ小説「カーネーション」。

本ドラマで数々の賞を受賞した尾野さんですが、主演なのに最後までは出演はしていなんですね。

この「カーネーション」というドラマは、尾野さん演じる主人公・糸子が青春期や戦争下などを経験する生きざまを描いており、物語が進展するにつれて徐々に役柄の年齢も上がっていきます。

そして、番組途中で突然に主演が夏木マリさんに変更になります。世に知れ渡ったのドラマスタート時ではなく、ドラマの放送途中だったため、これには視聴者も戸惑うばかりでした。

もともとこのドラマは、ファンションデザイナーの小篠綾子さんの一生を描いた内容になっていましたので、作品上で主演の雰囲気も変わっていくのは想定の範囲内でした。その一方で、ドラマ途中から尾野さんの演技に対して「過剰な演技」「リアル過ぎて・・・」などの批評もあり、まさに賛否両論といえる状態でした。

そんな中で起きた、尾野さんから夏木マリさんの役柄交代でしたので、交代という名目で事実上の「降板」と話す人もいます。(しかし、この降板疑惑は、脚本家である渡辺あやさんが全面否定しています。)

もちろん、その後の活躍を見れば尾野さんの実力は明らかです。このような逆境を経験して一回りも二回りも大きくなっていくのですね。

尾野さん主演の「狙撃」まで1週間です。

別に番宣するつもりはないですが、できることなら、私も一緒にフライヤーを配りたかったです。。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする