Pocket

Perfumeあ~ちゃんが連続ドラマで声優に初挑戦することが決まったようですね。

ドラマは2017年1月18日から毎週水曜日に放送が決まった「東京タラレバ娘」。

主演の吉高由里子さんに加え、榮倉奈々さん、大島優子さん、鈴木亮平さん、坂口健太郎さん、など30代前後の俳優さんが出演されます。

あーちゃんの役どころは、吉高由里子が演じる主人公・倫子にダメ出しをする生き物「レバ」。

これはあくまでも主人公・倫子の妄想の中のキャラクターで、出演する設定も倫子の脳内ということになります。

さて、Perfumeでは常に広島弁を使用するあーちゃんですが、果たしてこのドラマでは広島弁を使用するのでしょうか。

スポンサーリンク

改めて、「東京タラレバ娘」でのあーちゃんの役を確認!

本作であーちゃんは声優に初挑戦です。

役どころの確認ですが、架空のキャラクター「レバ」を担当します。

これはもう一人(正確には一匹?)、相棒のキャラクターがいまして、名前は「タラ」。

タラの担当は俳優の加藤諒さんです。

2人合せて「タラレバ」になり、白子(タラ)とレバテイ(レバー)がモチーフという何とも空腹を誘いますね。

ドラマではCGでの登場になるようです。

本作では「あのとき、ああだったら」「こうしていれば」というタラレバ話が多数でてくるようで、そのときにダメ出しをするキャラクターのようです。

(参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000028-mantan-ent)

 

ダメ出しとは、なかなか厳しい役どころのようですね。

また、本作の出演にあたり、あーちゃんは下記のように意気込んでいます。

「声のお仕事はずっとやりたいと思っていて、周りに話していたのでかなったと思いました。レバちゃんは辛らつな言葉で罵倒し、私があまり言わない言葉ばかりなので、大丈夫かなと少し不安ですが、すごい楽しみです」、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000028-mantan-ent

初挑戦ですが、歌で魅せている美声を本作でも期待していたいですね!

 

声優は広島弁でか?標準語か?

左:タレ、右:レバ
http://natalie.mu/comic/news/216344

 

さて、気になるのはそのセリフです。

一部では出身地である広島県の方言(=広島弁)を使うのでは!?という期待の声もあがっています

確かにperfumeではデビューから一貫して広島弁を使用しており、

一部では「わざとなのでは?」という声もあがるほどです。

広島出身なので使用できると思いますし、その中でもあーちゃんは山間部出身で結構方言色が強いところの出身だそうです。

今回のドラマでも広島弁か標準語か・・・と期待が持てます。

このニュースを聞き、ファンの間でも下記の声があがっています。

・広島弁以外、しゃべれるのか

・ぜひとも広島弁で期待!
せっかくドラマ化だし原作に忠実では勿体ない

・広島弁でいくのか!?どうなのか

・標準語でも話すことはできる?広島弁でもいいよ

・せっかくだから広島弁で!

スポンサーリンク

などなど、あーちゃんの広島弁を声優でも、という声もありますね。

個人的には、標準語で通常は話していただき、叱ったり・怒ったり・喜んだりと感情があらわになるセリフは広島弁を使ってほしいですね。

これもドラマだから魅せる「遊び」の部分だと思いますので!

 

気になる「タラレバ」原作はどうなの?

このキャラクターは原作でも出てきており、主人公・倫子に叱咤激励をするキャラクターです。

漫画の画像は掲載できないですが、「お前は一生独身だーー!」と厳しい一言もかけるシーンもあれば、「愛されるよりも愛す選択をするんだ」と優しくアドバスも送り、「あんまり飲みすないで」と心配したりと、妄想のキャラながらあらゆる場面に登場しています。

また、原作の評価が非常に高く、面白いの声が多数あがっています。

 

・このマンガがすごい!(2014年)オンナ版・第2位
・雑誌『an・an』編集部員が選ぶ「第6回an・anマンガ大賞」(2015年)
・2015年度コミックナタリー大賞 第4位

 

2014年から連載とまだ新しい部類に入る漫画ですが、アラサー女子をターゲットに人気コミックなんですね。

コミックスは6巻まで刊行されており、ドラマ化にともなってますまず需要はあがるのではないでしょうか。

 

まとめ

・あーちゃんがドラマ「東京タラレバ娘」で初声優

・本人は昔からやってみたかったとコメント

・一部では広島弁を期待することも

・ドラマスタートの18日結論がでる!

 

 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事