柴崎岳はメンタルが弱い?不安障害で退団後に鹿島復帰の可能性は?

Pocket

日本代表を背負う逸材が異国の地で苦戦しています。

2017年1月31日にサッカーのスペイン2部リーグ、CDテネリフェへ移籍した柴崎岳選手ですが、2月21日の報道で、ホームのデネリフェを離れてバルセロナへ向かうこととなりました。

クラブ公式Twitterでは「個人的な理由のため」と公表されており、おそらく以前から報道されている不安障害が原因ではないのか?と推測されているのです。

前所属の鹿島アントラーズや日本代表でしっかりと活躍していた選手だけに、試合に出れない(実力不足ではない!)状況は報道を聞いていても心苦しいものがありますね・・・。

一部では柴崎選手のメンタルが弱いなどともいわれており、今回の真相はになります。

そして、契約が終わった段階では鹿島アントラーズに復帰する可能性は十分にありえます。

スポンサーリンク

柴崎選手の現在の状態は?

所属するチームのホームタウンであるテネリフェを離れ、バルセロナへ一時移動を決めた柴崎選手。

本来であればトレーニングをしているところですので、現在の状態は決して良いといえないでしょう。

むしろ、島(※テネリフェはスペインの孤島)を離れなければいけないほどの状態とも推測できるのです。

最初の報道は2月7日でしたね。胃腸炎と報道されており、それで練習・トレーニングに参加できていないというものでした。

環境が変わって、体調を崩したのか・・・と思っていましたが、そこからガクッと体重が落ち、6キロも痩せてしまったようですね。

そして、今回の体調不安の根底には、「不安障害」なるものがあると報道されています。

●不安障害
不安障害とは不安が高まり日々の生活に支障がでるほどの疾患をいいます。
具体的には、パニック障害、社会不安障害、全般性不安障害などが該当。
また、より狭義の部分では閉所恐怖症、高所恐怖症などがあげられています。

今回、柴崎選手は準備が少ない中でいきなり異国の地でプレーすることもあり、やはり心のどこかで不安な部分があったのでしょう。

サッカー面以外にも、生活リズム、言葉、食べ物・・・・様々な原因が小さく積み重なったのかもしれません。

2月20日には18日のアルメリア戦でスタンド観戦するなど体調は回復に向かっていると思われただけに今回のバルセロナへの移動の理由は知りたいとことです。

しかし、数日のうちにはバルセロナからテネリフェに戻るようです。

もしかしたら旧友やサッカー関係者からのアドバイスなどを求めて向かったのかもしれません。

18日にテネリフェの女子クラブに所属する元u20日本代表の堂園彩乃選手と写真撮影するなど、他の日本人と話すことで自然とストレスも軽減することもありますからね。

柴崎選手はメンタルは弱いの?

http://webe.medialab.co.jp/content/knowledge/75

さて、一部では柴崎選手は実はメンタルが弱い選手なのでは・・・?という話がでています。

たしかに、スペイン2部リーグに移籍して、精神的な部分で試合に出るステージに立っていないこともあり、この意見はひとつの正解かもしれません。

同じ日本人選手でも本田圭佑選手はオランダの2部リーグから這い上がってきましたからね!

しかし、個人的には柴崎選手はまだまだできると思います。

今回の件はやはり「いきなり環境が変わり過ぎた」から起こったことでしょう。

強調したのは「いきなり」と「変わりすぎた」という点です。

日本から海外でのプレーで環境が大きく変わるのは当たり前ですが、柴崎選手が移籍したテネリフェはスペインの孤島です。

当然、交通面やサッカーの環境面でマッチしない部分もあったと思います。

もしこれが街が繁栄するマドリッドやバルセロナだったら違っていたのかもしれません。

また、準備期間が少ない中での移籍だったので気持ちに負荷がかかったのでしょう。

しかし、柴崎選手のプレーでのメンタルは決して弱くなく、むしろ、強い選手なのでは?と思います。

昨年の12月に開催されたクラブW杯では、欧州王者のレアル・マドリーから圧巻の2ゴールを叩きこんでいますからね。

普通の選手であればできないことです。

実際、今シーズンにレアル相手に同一試合で2ゴールした選手はいるのでしょうか。

それくらい、レベルの高いことを大舞台で実施してしまう選手なのです。

契約満了後はそのまま海外?鹿島へ復帰?

スポンサーリンク

さて、柴崎選手ですが、まずはテネリフェで練習して、試合に出ることからスタートする

必要がありますね。

しかし、驚くべきことに今回の契約はなんと今シーズンが終わるまでの5か月間しかないようです。

普通、サッカー選手は最低でも1年、新規獲得の選手であれば3年前後は締結するのですが、今回が非常に短期間での移籍となっています。

仮に今シーズン活躍できなかった場合は退団も余儀なくされるでしょう。

そうなったときに、そのまま海外でプレーするのか、あるいはJリーグに戻るのか、の二択がありますね。

個人的には欧州でのプレーを見たいので、日本人が活躍しているドイツオランダでのプレーでもいいのでは?とも思います。

Jリーグに復帰する場合は鹿島への復帰が濃厚でしょう。

中盤の小笠原選手はベテランの域に達していますので、柴崎選手が加入すれば良い具合に世代交代も図れます。

現在はテネリフェでの活躍を本人も考えていると思うので、まずは残りの期間で日本で魅せてくれたプレーをどんどん披露してほしいですね!

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする