Pocket

映画「詩季織々」が8月4日に公開されますね。

 
「君の名は。」で映画監督を務めた新海誠さんの作品を手がけているコミック・ウェーブ・フィルム制作の最新作であり、公開前から注目が集まっています。

 
舞台は日本ではなく中国。

 
中国のアニメ業界を牽引するブランド「ハオライナーズ」の代表を務めるリ・ハオリン総監督のもと制作されています。

 
日本と中国の若手クリエイターも起用されており、非常の楽しみな作品です。

 
今回は映画「詩季織々」について、

 
・あらすじ
・ネタバレ
・声優キャスト
・舞台の場所

 
などについて調べていきます!

 

スポンサーリンク

映画「詩季織々」が8月4日公開

3作品で構成

 
映画「詩季織々」の3作品で構成されています。

 
全てが独立したストーリーであり、3作品ともに監督が違います。

 

映画「詩季織々」3作品
・イ・シャオシン監督 ——「陽だまりの朝食」
・竹内良貴監督 —— 「小さなファッションショー」
・ハオリン監督 ——「上海恋」

 
異なる3人の監督が独特の世界観を演出して観覧者を楽しませてくれそうですね。

各作品が「衣装住」をモチーフにした作品展開になっているようで、「君の名は。」とはまた異なる内容になっています。

 

 
イ・シャオシン監督はアニメ作品自体が初挑戦のようですが、2016年12月24日に公開された「ストームブレイカーズ 妖魔大戦」で監督を務めています。

 
今作では自身の思い出をノスタルジックに綴ったストーリー展開になっているようです。

 
竹内良貴監督は「君の名は。」などの新海監督作品でCGチーフを務めていた人物で、劇場アニメ初監督作品となります。

 
「君の名は。」に携わっていた新鋭のクリエイターであり、作品にも期待できるのではないでしょうか。

 
ハオリン監督はその新海監督作品「秒速5センチメートル」にオマージュを捧げた作品を展開されるようです。

 
どの作品も独自の世界観で展開されているようで、公開が楽しみですね。

 

「陽だまりの朝食」あらすじ・ネタバレは?

 
「陽だまりの朝食」では食をテーマに作品が描かれています。

 
ビーフンがキーワードのようですね。

 

「陽だまりの朝食」あらすじ
北京で働く青年シャオミンは、ただ漠然と繰り返し日々に自身の心が渇いていくのを感じていた。

 
ある雨の朝の通勤途中、シャオミンはふと故郷。湖南省での日々を思い出す。

 
祖母と過ごした田舎での暮らし、通学路で感じた恋の気配や学校での出来事・・・

 
ささやかな事にも真剣に一喜一憂した子供時代の思い出の傍には、いつも温かい、心のこもったビーフンがあった。

 
しかし都会の北京では、街も人も、そして、ビーフンとの距離までも遠く感じてしまう。

 
そんな中、シャオミンの祖母が体調を崩したとの電話が入る。

陽だまりの朝食

 

 

「小さなファッションショー」あらすじ・ネタバレは?

「小さなファッションショー」では衣をテーマに作品が展開されています。

 
姉妹を主人公にして描いていますよ。

「小さなファッションショー」 あらすじ
広州の姉妹、ファッションモデルのイリンと専門学校生のルル。

 
幼くして両親をなくした2人は、ともに助け合いながらマンションで一緒に暮らしていた。

 
モデルとして成功したイリンだが、その人気が旬を過ぎつつあることを感じていく日々。

 
人間関係も悪化し仕事に悩み、恋人とも別れてしまう。

 
うまくいかないイリンはついにルルに八つ当たりをしてしまし、2人の仲に次第に溝ができていく・・・・

 
そんなある日、無理を重ねたイリンが仕事中に倒れる。

 
それをきっかけに姉妹はとうとう大喧嘩をしてしまうが・・・・

小さなファッションショー

「上海恋」あらすじ・ネタバレは?

「上海恋」は住をテーマにした展開になっています。

 
1990年代の上海が舞台です。

「上海恋」あらすじ
1990年代の上海。

 
石庫門席(せきこもん)に住むリモは、幼馴染のシャオユに淡い想いを抱きながら、いつも一緒に過ごしていた。

 
成長し、高校受験で忙しさがます中でも、カセットテープを交換し合って2人だけの交流を続けていた。

 
しかし、受験での出来事がきっかけでリモが石庫門から遠くへ出て行き、お互いの距離と気持ちは離れていく。

 
そして現代、社会人になったリモは仕事につまづき、状況を変えようと引越しをする。

 
その時、荷物の中に持っているハズの無いあの時のカセットテープを見つけてしまう。

上海恋

 

映画「詩季織々」の声優キャスト

声優キャストの一覧

 
「陽だまりの朝食」
・シャオミン : 坂泰斗

 

●坂泰斗コメント

僕自身がとてもおばあちゃんっ子なので、シャオミンのおばあちゃんに対する気持ちにとても共感しました。

また、いつの間にか忘れかけていた思い出に、再び目を向ける機会をくれた作品だなと感じています。

全ての人に、日々を過ごすうちに頭の隅っこに押しやられてしまった、幼い頃の沢山の思い出があると思います。

この作品を見て、その思い出たちにもう一度目を向けて頂ければと思います。

 
「小さなファッションショー」
・イリン(姉) : 寿美菜子
・ルル(妹) : 白石晴香
・スティーブ : 安元洋貴

 

●寿美菜子 コメント

私が演じさせてもらったイリンは、強気で本当に真っ直ぐな人。

日常から荒ぶったテンションが欲しいとディレクションをいただき、パワフルに演じさせてもらいました。

その分イリンの熱が伝われば嬉しいです。

きっと見終わった後、大事な人に会いたくなる、そんな温かな作品です。

お楽しみください。

 
「上海恋」
・リモ : 大塚剛央
・シャオユ : 長谷川育美

 

●大塚剛央コメント

リモは、ちょっとプライドが高かったり好きな子に素直になれなかったり、本当に年相応の少年なのですが、

あるきっかけもあって、大人になるにつれて環境とともに変わっていく心の動きが、

もどかしくもあり、演じていてとても楽しかったです。

変化していく街並みや、リモ達の関係に寂しさや懐かしさ、色々なことを感じていただけると思います。

是非たくさんの方に観ていただけたら嬉しいです。

 

映画「詩季織々」の舞台は中国

スポンサーリンク

中国の舞台と観光

3作品とも異なる舞台になっています。

 
田舎と都市を良いバランスで組みませていますね。

 
・陽だまりの朝食 : 湖南省

 
・小さなファッションショー : 広州

 
・上海恋 : 上海

 
これらの3ヶ所は日本からでも十分に旅行に行くことは可能ですね。

 
映画が公開されていないので、具体的な場所までは定かではありませんが、映画がヒットすれば観光スポットととして有名になりそうですね。

 
 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事