須藤凜々花が留学するドイツの大学と場所はどこ?結婚は破局なの?

Pocket

8月末でのグループ卒業が決定しいるNBM48・須藤凜々花さん。

卒業した後はどうするのか?

もちろん、結婚の道に進むのだろう・・・

なんて思っていましたが、なんと、ドイツに向かって博士号を取得するみたいです!

この展開はかなりビックリです。

なんでドイツなの?

そもそも結婚はしないの?

気になったので須藤凜々花さん「ドイツ留学」について調べてみることにしました!

スポンサーリンク

須藤凜々花は結婚しないの?

須藤凜々花さんといえば、6月のAKB総選挙での突然の「結婚発表」でかなり話題になりました。

OBの大島優子さんも自身のインスタグラムで批判するなど芸能界でもその言動には驚きの声があがっていましたね。

須藤さんが結婚すると宣言した相手は一般人。

医療関係の仕事に従事し、学生時代は心理学を学ぶ傍らでバンド活動も展開していたようです。

一般人の取材をする週刊誌もどうかと思いますが、本人は「(須藤さんと)結婚までは・・・」と結婚する意識は低い印象でした。

一方で、須藤さんにはプロポーズもしたという報道もあり、実際のところは本人達にしかわからないということでしょう。

結婚の報道もされていましたが、最近は音沙汰無し・・・

総選挙の場で「結婚宣言」をしたにもかかわず、このようなドイツ留学の話がでているということは、結婚が流れてしまった可能性もあります。

年齢もまだ20歳ということもあり、無理に急ぐ必要はないかもしれませんが、ファンとすれば「結婚はしないのか!?」とツッコミたくなるでしょう。

須藤さん自身、芸能界での活動は続けていく意思を示しており、あくまでもグループの卒業を強調しています。

とはいえ、ドイツでは流石に芸能活動はできないと思いますので、休止か引退となるのが一般的な流れではないかと思いますね。

須藤凜々花の進路はドイツの大学?場所は?

しかし、須藤さんは結婚すると思いきや、アルバムでのメッセ―ジにて、

「NMB48に出会うことができて本当に良かったです。ここには愛しかなかったです。愛はここにしかなかったです!!」
「私はドイツで博士号を取ってきます」

と記載しているのです。

これはオフィシャルのメッセ―ジですので、この言葉は間違いないでしょう。

ドイツで博士号と取得するということは、大学への留学を意味していますね。

なぜドイツなのかまでは明記されていないですが、具体的に国名があがっているため、その確度は髙いのではないでしょうか。

大学名は定かではないですが、日本人が向かうということではれば、大都市でもあるベルリンの可能性もありますね。

しかし、ドイツで博士号をとるのは至難のことです。

ドイツでの語学留学や学部への留学とはわけが違います。

一般的なドイツでの留学は、ドイツ語を勉強しにいくパターン、もしくは日本の大学に籍を置きつつ一時的に留学するパターンになるのでしょう。

前者の場合は学生である必要はなく、個人でお金を払えば自由にできますね。

一部では現地の仕事を斡旋してもらえるようで、そこでキャリアアップにもつながっていくようです。

後者は、ドイツでの学校ではなくて日本の学校に籍を置くパターンとなりますので、あくまでも日本学校の単位取得につながります。

ドイツで博士号をとるというのは、ドイツの学校を卒業する必要があり、さらにはドイツ語での論文を書く必要がでてくると思います。

論文くらい簡単じゃん!

と思う人もいるかもしれませんが、日本の大学とはわけが違います。

日本では入学することは難しい一方で卒業することは簡単ですが、欧米はその逆。

欧米の大学で卒業することはしっかりと勉強しないと何年も卒業できないのです。

須藤凜々花がドイツに留学する理由は?

スポンサーリンク

さて、なんでまたドイツなのでしょうか。

英語を学ぶのであれば、アメリカが一般的ですからね。

あえて英語圏を外れて、欧州のドイツに向かう理由は気になりますね。

とはいえ、ドイツは非常に日本人の気質にあっており、生活しやすいことは間違いないでしょう。

特に、デュッセルドルフでは日本人コミュニティーがあるようで、デュッセルドルフ大学もあります。

この大学では約30,000人が通学しており、日本学なるものも取得できます。

簡単とはいえないですが、かなり馴染みやすい環境であることは間違いないでしょう。

サッカーでも香川真司選手をはじめ多くのプロ選手がドイツで活躍しており、同国での日本人へのイメージも決して悪くはないはずです。

いきなり、博士号となると厳しいかもしれませんが、欧州の経済では常に中心であることは間違いないため、将来的にドイツでの留学経験はプラスになるのではないでしょうか。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする