Pocket

◼︎「20代で禿げる人」には共通点があった?

20代はお洒落な髪型をして積極的に遊びたい年齢だと思います。

特に大学生であれば、カラーを入れてみたり、長髪にしてパーマをあててみたりしたいでしょう。
当然のごとく、お洒落な髪型には「髪」が必要です。

20代は誘惑が多い時期です。お酒も飲めるようになり、深夜まで遊ぶことも多々あると思います。10代からの生活環境の変化や乱れにより、薄毛・禿げが進行するケースがあります。

薄毛・禿げになる人の90%が遺伝といわれていますが、20代では少なからず共通点があります。

そしてそれは、自身で意識をすることにより十分な改善が可能です。まずは20代禿げる人の主な原因をあげていきます。

SEP_283215075753_TP_V.jpg


●20代で禿げている人の特徴は?
【特徴①】過度なカラーリング・パーマをしている

20代は髪を明るい茶髪や金髪などカラーリングをして遊びたい時期ですね。しかし。カラー剤、パーマ剤などが頭皮に浸透し、毛穴が詰まる可能性は否めません。

市販商品のカラーリング後に頭がかゆくなったり、ヒリヒリするなど頭皮にダメージを与えることが多いです。過度なカラーリング、パーマは薄毛の元になりますので、将来を見据えた場合は控えることも一つの方法です。

 

【特徴②】睡眠が不足している
20代の時に特に疎かにしてしまうのが、睡眠です。会社での飲み会など断れない付き合いができてきて、寝れない日も出てくるかもしれません。

20代の間は体力があるのでついつい睡眠不足でも乗り切れてしまいますが、実は体そのものは疲弊しています。

日中に受けた髪へのダメージは、睡眠でした回復されません。そのため、「20代の時は大丈夫だったけど、30代で一気に禿げてきた・・・」なんて話があるのは20代の時に蓄積された疲労が解消されないことが大きな原因だったりします。

睡眠不足の場合、体の機能が低下します。その際、体は吸収した栄養を優先的に各臓器へ配分するので、頭皮や毛髪は後回しになってしまい、結果的に薄毛を助長することになります。

スポンサーリンク

 

【特徴③】食生活が乱れている
栄養が偏った食事に注意が必要です。特にお肉、ファーストフード、お菓子など食べ過ぎることで薄毛、禿げへのリスクは高まります。

・肉・・・体内のコレストロール濃度が高くなる → 油脂が溜まりやすくなり、毛穴が詰まる。
・お菓子・・・糖分・タンパク質により体が糖化する → 頭皮の機能が低下、血行が悪くなる。

栄養化が高い食事へ変更することで禿げへのリスクを減らしていくことが必要です。また、間違ってもファーストフードを食べることはしないでください。頭皮環境を整えにくくする油分や添加物が多く含まれています。

 

【特徴④】運動が不足している

適度な運動を続けないと、血液の流れが悪くなってきます。

血液の流れが悪くなる=血行不良、ということです。頭皮の血行も悪くなり、薄毛や抜け毛を促してしまいます。

適度な運動を継続することで、血行が正常に機能していきますので、ランニングやジョギングなど自身にあった運動を行うことが大切です。

一方で、これまでに運動をしていなかった人が過度な負荷を急にかけてしまうと、体内の酸素の使用量が急激に多くなり、体調を整えにくくなります。あくまでも血行促進を目的にしていますので、運動量は徐々に増やしていくのが最も適した方法です。

 

【特徴⑤】自慰行為!?
少し前、自慰行為をすると男性ホルモンが増えるため、禿げになりやすい・・・なんてことをが話題になりました。

しかし、医学的にはあまり根拠がなく、また、自慰行為で男性ホルモンが増えることはありません。

そのため、あまり過度に意識する必要はなく、むしろ、我慢したことが原因でストレスが溜まる可能性もあります。やりすぎない程度と頭の片隅にあればいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 


 

●20代で禿げにならないためには?

【対策①】よく寝る・運動する
薄毛の原因であるストレスを解消していくために、睡眠、運動は欠かせません。

睡眠ではただベットに寝転がるだけでなく、質の高い睡眠を行うことでより効果を発揮できます。就寝前にお風呂に入るなど体をしっかりと休めることが大切になります。

また、運動を行うことで体の血行が良くなります。激しい運動も大切かもしれませんが、最も重要なことは有酸素運動ができているか?ということです。

有酸素運動は血流を良くする効果が高いため、ウォーキングなどでも継続して行うことで体の健康を保つことができます。

 

【対策②】過度な飲酒・喫煙は控える
アルコール、ニコチンは決して、体を健康にすることはありません。過度に摂取すると体内での血流が悪くなりますので、薄毛の原因になります。

直接的な因果関係は少ないですが、過剰摂取はそもそも体に大きな負担をかけることにつながりますので、控えていきましょう。

 

【対策③】バランスのとれた食事をとる
肉食中心をやめ、バランスのとれた魚、野菜中心の食生活にすることがいいでしょう。特に、健康な髪を維持するためには、タンパク質、ビタミンB、亜鉛は必須です。

・動物性タンパク質・・・魚、肉
・植物性タンパク質・・・豆腐など豆類
・ビタミンB・・・野菜、魚
・亜鉛・・・わかめ、昆布、レバー

食生活はあくまで習慣的なものですので、継続して意識することで体内環境が改善されていくことでしょう。

 

【対策④】適切なシャンプーを行う

スポンサーリンク

運動や食生活で体内を清浄化しただけは、効果は期待できまません。最後に忘れてはいけないことが、正しいシャンプーです。毎晩(あるいは毎朝)に頭皮の油をしっかりと取り除くことで、毛穴のつまりを解消していくことが必要です。

1.浴槽に浸かる
まずは浴槽に浸かり、全身の血行を良くしていきます。また、体温が上がるため、頭皮の毛穴が開き、汚れが取りやすくなります。

2.お湯洗い
お湯で毛髪についた汚れを落とします。シャンプーをする前に髪の毛にお湯をかけることで、より効果的にシャンプーを行うことが可能です。

3.シャンプーの泡立て
シャンプー液を両手を使い、しっかりと泡立てます。頭皮に直接。シャンプー液をつけると毛穴が詰まったり、後のすすぎできちんと洗い流せない場合が出てきます。

4.シャンプーでの洗髪
泡立ててから、後頭部から前頭部にかけて洗っていきます。

5.適温での優しいすすぎ
すすぎは疎かになりやすいポイントです。シャンプーで洗髪した時間を同じくらい、しっかりと泡を洗い流します。強くゴシゴシと洗うのではなく、優しく洗い流すことが大切です。

6.タオルドライ
タオルドライもすすぎ同様、ゴシゴシ髪をこするようなことは禁物です。優しくタオルで髪を包むように、水分を吸収してください。

7.ドライヤー
自然乾燥はせずにドライヤーでの乾燥させます。ドライヤーは頭皮から約20㎝離した状態から行います。

 

【対策⑤】適切な頭皮ケアを行う
食生活の改善、適度な運動、適切なシャンプー・・・それでも薄毛が治らない、禿げが進行してる場合は育毛剤によるケアを行うことも手段です。直接的に頭皮へはらきかけるので、継続して使用することで効果を実感しやすいでしょう。

 

【オススメ育毛剤】
●1番人気の最強育毛剤‼︎【チャッチアップ】
医薬部外品の育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

●M字型ハゲが解消できる⁉︎ 薬用育毛剤【プランテル】
【速報】M字型ハゲ用の育毛剤プランテルが医薬部外品とし…

●世界初の技術で薄毛を救う!【M-1ミスト】
世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト[M-1]

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事