Pocket

◼︎お酒を飲むと禿げやすくなるのか⁉︎

お酒と薄毛・・・因果関係はなさそうですが、お酒を飲みすぎると当然、禿げやすい体質へと変わっていきます。

お酒を飲むと薄毛・抜け毛以外の部分についても害を及ぼしてしまうため、そこまで話題になることも少ないですが、しっかりと影響は出てきます。

食事の際に飲んだりする分には全く問題はあります。

ポイントは、「飲みすぎ」という点です。

beer-1286710_960_720.jpg


●「お酒」がなぜ薄毛の原因になるのか⁉︎
【原因① アセドアルデヒドの生成】
アルコールを飲むと、体内にアセドアルデヒドが生成されていきます。

アセドアルデヒドは毒性物質ですが、基本は体内で分解されていき、最後は酢酸という無害物質へと変わっていきます。

しかし、これが飲みすぎてしまうとアセドアルデヒドが最後まで分解されずに残った分は全て血液に入り込んでしまいます。

アセドアルデヒドが血液中に入った後が厄介です。もともと人間の成長を抑制させてしまう成分ですが、血液に入ることでジヒドロテストステロン(DHT)を増加させます。

ジビドロステロンは禿げの原因となるホルモンです。これが多ければ多いほど禿げる確率が高くなると言っても過言ではありません。飲みすぎに注意な理由の1つ目がこれになります。

 

【原因② アミノ酸、ビタミン、亜鉛の消費】
上記で、アセドアルデヒドが生成されることはご説明しましたが、この物質が持つマイナス点は物質そのもの毒性だけではあります。

アセドアルデヒドが生成されると、体はこれを無害な酢酸へ変化させようとしますが、そこ過程でアミノ酸、ビタミンを過剰に使用してしまうのです。

特にビタミンがなくなっていくことは薄毛、抜け毛にとっては大きな要因になります。ビタミンは髪の毛のフケやかゆみを抑制させる効果がありますので、なくなってしまうと髪の毛の健康が保てなくなっていきます。

スポンサーリンク

また、抜け毛防止で度々でてくる亜鉛も減少すると言われています。

これはアルコールを飲むことにより減少してしまうので、重ねて注意が必要です。

アルコールを飲みすぎることは肝機能へ悪影響を与えるだけでなく、薄毛に必要な成分を奪ってしまいますので、注意が必要です。

 


●お酒を飲むなということか⁉︎
あくまでも飲み過ぎなければ大丈夫
薄毛とアルコールには確かん因果関係がありますが、だからといって「飲むな!」というものではありません。

アルコールは食欲増進の効果があり、食事の際に飲むことは良い効果を発揮します。

これが飲みすぎに変わると悪影響になりますが、適度な量であればプラスに作用すると思います。

どこからがプラスで、どこからがマイナスに働くかは個人差があるのでわかりません。また、多少アルコールによりアミノ酸やビタミンが失われても、サプリメントで補給できますので、問題はありません。

 

【私のオススメ育毛剤】

●1番人気の最強育毛剤‼︎【チャッチアップ】
医薬部外品の育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

●M字型ハゲが解消できる⁉︎ 薬用育毛剤【プランテル】
【速報】M字型ハゲ用の育毛剤プランテルが医薬部外品とし…

●世界初の技術で薄毛を救う!【M-1ミスト】
世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト[M-1]

【私のオススメ シャンプー】

●育毛剤だけではない⁉︎満足度1位の【チャッチアップシャンプー】が登場!
濃密スカルプシャンプー【チャップアップシャンプー】

●お笑い芸人ナイツが絶賛⁉︎【アルガンK2シャンプー】も登場!
ナイツが絶賛するほどの効果!?アルガンK2シャンプーはこちら!!

●26万人の育毛実績!アデランスのシャンプー【ヘアリプロ】って何!?
ヘアリプロ初回お試し商品【薬用スカルプケア】

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事