Pocket

◼︎ストレスで禿げそうだ・・・

ストレスは禿げの原因になることははっきりとわかっています。

しかし、ストレスを抱えているが、禿げてはいない。それでも、禿げそうで心配だ・・・・。

そんな方もいらっしゃると思います。禿げてからの育毛ではなく、そもそも禿げないためにストレスを抑える予防対策ですね。

ストレスの蓄積は自律神経を乱すため、各器官の働きを鈍くしてしまいます。

頭皮の血行も例外なく悪くなり、毛細血管まで十分な栄養が届かないという事態になります。

人間の体での優先順位は各臓器からになりますので、頭皮などへ行き届くはずの栄養も、

自律神経の乱れにより各臓器へ向い、結果的に頭皮が疎かになり薄毛や抜け毛になることは考えられます。

当然、禿げてからの治療より、禿げる前の予防・対策の方がいいです。

個人的にはいきなり育毛剤を使用してもいいとは思いますが、お金もかかりますし、第一現時点で禿げていないのであれば、無理する必要はありません。

では、ストレスからくる薄毛、抜け毛予防にはどんな方法があるのでしょうか。

man-921004_960_720.jpg


●「ストレス禿げ」を解消するには⁉︎
【対策① 好きなことをやる!】
結論から言うと、ストレスが解消できれば何でもいいわけです。

ストレスが溜まっている人の特徴として、ストレスをため続けていることがほとんです。

溜まる一方で、解消できていない。そんな日々の積み重ねが、ある時の抜け毛につながっていきます。

読書、カラオケ、映画鑑賞、ドライブ、旅行、運動・・・自身の趣味や興味のある時間を意識的に作り、毎日継続してみてはいかがでしょうか。

近年になって「1人カラオケ」「1人ディスニーランド」「1人焼肉」など個人で楽しむ文化も出来ていいますので、ちょっとでもイラッとしたら、即行動してみましょう。

 

【対策② 風呂につかり、とにかく寝る】

スポンサーリンク

そんなことを言われても趣味などない!という人へ。

まずは、お風呂に入ってゆっくりしてみてはいかがでしょうか。さすがにお風呂に入らない人はいないと思います。

お風呂で全身がぬるま湯につかることで体や頭皮の血行も良くすることができますので、薄毛対策にも多少の効果はみられます。

何より、心がリラックスできますので、マイナスの要素はありません。

余裕があれば、お風呂につかりながら、目を閉じてみましょう。

熟睡すると危険ですが、軽く目を閉じてうたた寝するのもストレス解消につながります。

(その際は、お湯の張り具合を低くするなど十分に気をつけてくださいね)。

お風呂で寝るのが怖い・・・という人はそのままベッドや布団で寝てしまいましょう。

人間が体力を十分に回復できるのは睡眠をしている時です。趣味などでストレス解消がいかない場合は、体を十分に休めることで対策は可能なのです。

 

【対策③ 歩く、走る】
体を動かすことが好きな人であれば、歩くこと・走ることはオススメです。

運動することは心身ともに健康する働きがあります。

余分なエネルギーを運動で使用するため、イラッとしたりする機会も少なくなっていきます。

また、運動により肥満も解消されていきますので、一石二鳥です。

基本的には、ウォーキング(歩く)・ランニング(走る)といった有酸素運動は、20分以上行うことで効果が出てくるといわれています。

まずは20分を行うことで体に好影響をもたらしてみてはどうでしょうか。

よく「ランナーズハイ」という言葉が出てくると思います。

歩いたり、走ったりしていると自然とウキウキしてきたり、リラックスすることができるというものです。

これは体を動かすことにより、ドーパミンやセロトニンが体内に分泌されることでおこるようです。

体を動かすことが苦にならないのであれば、育毛と肥満解消の2つの意味でもチャレンジしてもいいかもしれません。

 

【私のオススメ育毛剤】

●1番人気の最強育毛剤‼︎【チャッチアップ】
医薬部外品の育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

●M字型ハゲが解消できる⁉︎ 薬用育毛剤【プランテル】
【速報】M字型ハゲ用の育毛剤プランテルが医薬部外品とし…

●世界初の技術で薄毛を救う!【M-1ミスト】
世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト[M-1]

 

【私のオススメ シャンプー】

●育毛剤だけではない⁉︎満足度1位の【チャッチアップシャンプー】が登場!
濃密スカルプシャンプー【チャップアップシャンプー】

●お笑い芸人ナイツが絶賛⁉︎【アルガンK2シャンプー】も登場!
ナイツが絶賛するほどの効果!?アルガンK2シャンプーはこちら!!

●26万人の育毛実績!アデランスのシャンプー【ヘアリプロ】って何!?
ヘアリプロ初回お試し商品【薬用スカルプケア】

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事