上原多香子の不倫がテレビで報道されない理由は?芸能界追放も?

Pocket

上原多香子さんが俳優・阿部力さんと過去に不倫をしていたことが連日のようにネットニュースで報道されています。

きっかけは週刊誌からのスクープであり、紙媒体がベースとなり、ネット上で拡散されている傾向になります。

口コミでもかなり広まっており、ヤフーニュースのアクセスランクでは1位となるなど2017年の芸能ニュースではかなり需要が高い内容になっているのではないでしょうか。

しかし、その一方で、テレビでは一切報道された状態となっています。

通常であれば週刊誌、スポーツ紙の紙面を各アナウンサーが紹介するような形で報道をするのですが・・・

なぜ、上原さんの不倫に関しては報道がないのでしょう。

そこで今回は「上原さんの不倫が報道されない理由」について調査をしてみました!

スポンサーリンク

テレビで報道されない理由①TENNさんの親族

今回の上原さんの不倫での一番の被害者は亡くなったTRNNさんのご家族でしょう。

なぜなら、真相はまだ明らからになってはいませんが、上原さんの不倫が一因となりTENNさんが自殺したとの見方もあるからです。

そうなると親族からすれば、報道する度に心象を害してしまいます。

さらに、TENNさんの自死につながることはスポンサーの規制上、非常に報道がしづらい面もあるのでしょう。

視聴者からすれば、上原さんの不倫の度にTENNさんのことも併せて報道されてしまい、ファンをはじめ多くの人が不快になることが予想されます。

結果、報道→クレーム→自粛という流れが見えており、あえて報道していない可能性があります。

テレビで報道されない理由②内容がスポンサーNG

これは①の内容と類似していますが、自死が絡む内容はスポンサーが嫌悪して自粛している可能性があります。

確かに大きな出来事ではありますが、テレビは公共の電話であり、スポンサーもまた広告料を支払っています。

その中でこのような内容はかなりイメージが悪くなてしまいかねません。

また、ただの不倫ではなく、一般人である親族を巻き込んでいるため、安易な報道をするわけにもいかないと思います。

スポンサーからすれば、わざわざ大きなリスクを冒してまで放送するメリットはありませんから、他の報道をしようとなるわけです。

また、今回の騒動を時系列でもまとめています。

上原多香子が不倫した時系列と経緯のまとめ!今後は芸能界を干される?

テレビで報道されない理由③スクープ性が弱い

スポンサーリンク

これは上原さんにはとっては不幸中の幸いかもしれません。

大人気お笑い芸人、雨上がり決死隊の宮迫さんが、ちょうど同じ時期で不倫したことが報じられました。

それでも、2人の女性とほぼ同じタイミングで密会していたことが報道されており、かなりのスクープになっています。

宮迫さん本人がテレビで謝罪するなど話題性も強くなっており、各局ともこちらの報道を優先させている可能性はありますね。

確かにテレビの出演数を見れば、宮迫さんと上原さんでしたら、明らかに宮迫さんの方が多いですからね。

視聴率も考えると宮迫さんの方がよりライトな内容ですので、報道しやすいことも大きいかもしれません。

慰謝料や解決金などお金関係もかなり報道するには大変そうですね。

上原多香子が不倫で払う慰謝料の金額は!?報道される解決金とは?

テレビで報道されない理由④大手事務所に所属

これはあくまでも筆者の推測ですが、上原さんが所属するライジングプロ、阿部さんが所属するホリプロはともに芸能界ではかなりの大手事務所です。

つまり、テレビ局側からすれば、お客さんにあたります。

少しでも良い俳優・女優・タレントを出演させて欲しいですからね。

そう考えると事務所の意向を汲み取り、報道を自粛しているとも考えられます。

確かにおこなった不倫とあくまでも当事者間の話なので、無理にテレビで報道する必要はありません。

ビジネス的に考えると今後のことも含めて大切なパートナーですので、お互いに傷つけることなく終わりたいと考えるは普通ですね。

上記の4つはあくまでも推測の範囲です。

しかし、ここまで報道されないのには何か理由があると思います。

一方で、週刊誌などは報道し、ネットでどんどん拡散されていきますので、情報が届かないことはないでしょう。

上原さんがもしかしたら、芸能界から追放!?なんて噂もあり、今後どうなるかはわかりません。

とはいえ、あくまでもこれは当事者間の問題だと思いますので、外野が黙ってもっと別のことに関心を示すことが賢明かもしれません。

相手の阿部さんもかなり滅入っていると思います。どんな性格の方なのでしょうか。

阿部力は性格が悪くて不倫した!?現在の嫁への慰謝料はいくら?

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする