Pocket

10月10日の「究極の男は誰だ?最強スポーツ男子頂上決戦」に出演を果たす山岸将也さん。

2016年ミスター・ジャパンに輝いた実績を持ちます。山岸さんで4代目だそうです。現在は役者の道を進むため、アルバイトで水泳のコーチもしているようです。

●山岸 将也(やまぎし まさや)
・1993年8月27日
・神奈川県出身
・182㎝
・73㎏
特技は水泳で全国大会優勝経験あり?

山岸さんの特技は2歳のときから始めた水泳です。そして、山岸さんの凄いところは話題作りなどでスタートさせたわけでなく、過酷なトレーニングを積んだアスリートだというところです。

その戦歴ですが・・・

湘南工科大付属高校時代は、高校総体で優勝を果たします。種目は400mのフリーだったそうです。高校生の日本一ですからね、この時点でもう実力は説明する必要はないかもしれません。

高校卒業後は、順天堂大学に進学。同大学でもOWSジャパンオープン・2.5km×4リレーで優勝、さらに、関東学生選手県でも400mのフリーで優勝。

2016年リオデジャネイロ五輪に出場した競泳種目の藤森太将選手、塩浦慎理選手、古賀淳也選手とも識があるようです。普通の選手であれば面識などありませんからね。水泳の道をどんどんと突き進んでいたのでしょう。

「2016年ミスター・ジャパン」に出場するため水泳競技は断念してダンスレッスンに明け暮れたそうですが、その結果として、同選考会でファイナリスト11人の中から頂点に輝きました。

●「ミスター・ジャパン」とは?
13年から開催。外見に加えて知性や表現力のある男性を発掘するコンテスト。2016年はファイナリストには身長180㎝以上の18~25歳の11人が選抜。ダンス審査、スーツ審査、水着審査など行った。

スポンサーリンク

山岸さんのこれからの活動は?

山岸さんの志望は役者だそうです。

憧れは、哀川翔さんと渡辺謙さん。なかなか渋いところだなと思いますが、演技を「世界に発信しているところ」に魅力を感じているみたいです。

この2人のような役者になり、俳優として映画などで活躍する姿を早く見てみたいですね。

ちなみに・・・好きな女優は比嘉愛未さん。はっきりした顔だちと包容力ある雰囲気に惹かれているようですよ。

もともとは水泳選手なので運動神経は抜群でしょう。現在も趣味ながら、地元の茅ヶ崎でサーフィンをしているようで、体を動かすのが好きなようです。

10月10日の「究極の男は誰だ?最強スポーツ男子頂上決戦」でも好成績をおさめてくれるのではないでしょうか。

これからはいきなり役者の道へというものありますが、このように自身が活躍できるテレビ番組などにも出場して顔を売るのは良いかもしれないですね。

歴代のミスター・ジャパンはどんな人?どんな活動をしている?
◆2013年 初代ミスター・ジャパン
●鈴木 貴之(すずき たかゆき)
・俳優
・1990年2月21日
・京都府出身
・身長:188cm
・体重:80kg
・花園高校時代に春高バレーに出場

・2016年ドラマ『ダメな私に恋してください』出演
・2016年映画『HIGH&LOW THE MOVIE』出演
・2017年映画『…and LOVE』出演

◆2014年 2代目 ミスター・ジャパン
●比嘉 亨(ひが とおる)
・俳優
・1987年9月
・184cm
・沖縄県出身
・ラガーマン(ラグビー競技者)
◆2015年 3代目 ミスター・ジャパン
●渡部 純
・俳優、モデル
・1988年11月3日
・184cm
・秋田県出身

<広告>
・2013~ 洋服の青山
・2016 プーマ・ジャパン
・2015 日本セレモ二ー
・2016 中国ペプシ「ゲータレード」

初代の鈴木さんは今はテレビで見ることも多いですね。2代目の比嘉さん、3代目の渡部さんの活動はこれからなのでしょう。2代目の比嘉さんはサイトもないようで、現在は不明です。

話は戻りますが、山岸さんもこれから「4代目」の看板を背負い、大きく活躍してくれることでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事