Pocket

2017年に大ブレイクした女優さんといえば、吉岡里帆さんではないでしょうか。

 
ドラマ、CMに引っ張りだこでテレビをつけて見ると吉岡さんを見なかった方が珍しいと思うほどです。

 
2018年になったても勢いそのまま売れ続けることは間違いないでしょう。

 
今回は「吉岡さんは何かスポーツはやっていたのか」とふと思ったため、運動神経について調べてみることにしました。

 
また、改めて経歴、主演ドラマなどについても振り返っていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

吉岡里帆は2017年にブレイク

プロフィールと経歴

まずは吉岡さんのプロフィールからチェックしていきましょう!

 
2017年にブレイクしましたが、本当に可愛い女優さんですね。

 
これからもどんどんドラマ・映画に出演して欲しいと思います。

プロフィール
・生年月日:1993年1月15日
・年齢:24歳
・出身:京都府京都市
・職業:女優・タレント
・所属:エーチームグループ
・身長:158㎝
・体重:非公表
・血液:B型

 
吉岡さんは京都府出身のようですね。

 
ドラマでは標準語の為、個人的には少し聞いてみたいです。

 
吉岡さんが女優業を本格稼働させたのは2013年から。

 
当時は映画「バケモノの子」、連続テレビ小説「あまちゃん」等のオーディションを受けるものの最終審査で落選していたそうです。

 
並行してグラビア活動も行なっており、今ではあまり考えられないですが、かなり大胆な水着等にも挑戦していますね。

 
自宅が京都にあたったため、東京との往復生活だったようです。

 
転機となるきっかけは映画デビューとなった「マンゴーと赤い車椅子」(2015年2月公開)。

 
その後も映画「幕が上がる」、映画「明鳥」に出演します。

 
特に「明鳥」は、人気監督である福田雄一監督のもと、オーディションに合格をしてヒロインの座を勝ち取っています。

 
今でこそドラマ・CMに出演していますが、当初はオーディションを受ける等苦労されているのですね。

 

ブレイクのきっかけは?


 
吉岡さんのブレイクのきっかけは連続テレビ小説「あさが来た」でしょう。

 
同ドラマでは残念なことにオーディションには落選してしまい、主人公は波留さんとなりましたが、スタッフが「何か役をやらせたい」と出演オファー。

 
第18週からレギュラーで出演し、注目を集めます。

 
連続ドラマ小説をきっかけに、吉岡さんと波留さんはかなり親交があるみたいですよ。

 
その後、吉岡さんの勢いはどんどん増していきます。

 
なんと、

 
『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)
『死幣-DEATH CASH-』(TBS系)
『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)『カルテット』(TBS系)

 
と、4期連続で民法連続ドラマに出演したのです。

 
4期ということは、1年間ドラまにて続けていたということですね。

 
2017年に入っても「カルテット」(TBS系)、「ごめん、愛してる」(TBS系)の2本の連続ドラマに出演。

 
女優としての力を着々とつけているようです。

 
女優業に加えて、現在はCM女王としても君臨していますね。

 
2017年にスタートしたCMだけでも下記のようなラインナップです。

 
* ZOZOTOWN ツケ払い
* 日本コカ・コーラ 綾鷹 にごりほのか
* 「京あるきin東京2017〜恋する京都ウィークス」広報大使日清食品 どん兵衛
* 資生堂 エリクシール ルフレ
* スマートニュース
 

2016年の段階でも「ゼクシィ」「UR賃貸」などにも出演していましたので、大忙しの毎日だったのではないでしょうか。

 

吉岡里帆の主演ドラマがスタート

タイトルは「きみ棲み」

https://twitter.com/kimisumi_tbs/status/937231753999036416
 
2018年に入り、吉岡さんの初主演ドラマが放送されます。

 
共演は稀李弥健太さん、向井理さんおと豪華な布陣ですね。

 
主役級の2人に対して、どこまで吉岡さんが演技ができるのか。

 
視聴者にとっても注目でしょう。

 
ドラマタイトルは「きみが心に棲みついた」。

 
原作は天堂きりんさんの漫画作品です。

 
ドラマのタイトルになっている「きみが心に棲みついた」と「きみが心に棲みついたS」が原作内容のようです。

 
前者は講談社の「Kiss PLUS」で全3巻、後者は同じく講談社の「FEEL YOUNG」にて連載されています。

 
自己評価が低いため他人を前にすると挙動不審になってしまう主人公・小川今日子が、対照的な2人の男性を前に心が動く恋愛漫画です。

 
小川今日子は作中では通称「キョドコ」といわれているほどです。
 

あらすじと役柄は?


 
吉岡さんが演じるのは、当然、主人公の小川今日子。

 
恋愛ドラマの主人公ということもあり、女性・男性ともに注目しているでしょう。

 
吉岡さんの前に現れるのは2人の男性。

 
一人は桐谷健太さん演じる漫画編集者・吉崎幸次郎。

 

吉崎は誰に対しても遠慮なく厳しい言葉を投げかけるが、その裏には優しさ・誠実さが溢れる“いい男”。とんでもない言動を自身に向けてくるキョドコを突き放すことができず、持ち前の熱さでつい助けてしまう。そんな吉崎が自分を変えてくれるのではないかと、キョドコは強く惹かれていく。

 
もう一人が向井理さん演じる大学時代の先輩・星名漣。

 

自信が持てないキョドコを初めて受け入れてくれた大学時代の先輩・星名漣(向井理)。一見爽やかなイケメンに見える星名だが、裏の顔があり、自分だけを信頼し離れられなくなっていたキョドコに、度を越えた冷酷な命令を下していた。一旦は距離を置くキョドコだったが、星名からの連絡は続き、会社で再会したことにより、星名に強く“依存”していた過去の感情が蘇ってしまう。

 

吉岡さんは、自分を変えたいと思いつつも、人前で挙動不審になってしまう少し変わり種な主人公を演じます。

 
2人の男性の間で心が揺れる主人公がどう変わっていくのか、あるいは変わらないのか。

 
結末は気になりますね。

 
また、キョドコとはいえ、仕事になるとかなり機敏に動くようで、働くシーンはまた見ものかもしれません。

 
演技とはいえ、吉岡さんのオン・オフを見ることができるわけですからね。

 

吉岡里帆は運動神経が良い?

スポンサーリンク

ストイックな性格

主演ドラマを控える吉岡さんですが、調べてみると運動部の経歴はなさそうです。

 
かつては書道部に所属していたようですね。

 
幼少期からご家族の影響もあり、歌舞伎、演劇、落語など芸術文化に親しんでいたようです。

 
大学も書道家を目指して、京都橘大学文学部日本語日本文学科書道コースに進学もしています。

 
そんな吉岡さんですが、性格はかなりストイックみたいですね。

 

ドラマ主演が決まった半年前から、吉岡里帆は役作りのために“超節制生活”を続けているそうで、休日には体調管理のため「血液検査」を受けて健康を確認、また太りやすい体質のため食事は「多くて腹五分め、普通は腹三分め」しかとらないようにしているという

 
血液検査、腹三分・・・。

 
なかなかそんなことができる24歳はいないでしょう。

 

体重管理の方法は?

さらに、体重管理の方法もすごいようですね。
 

女優デビューを目指すにあたってダイエットを意識。体を温めるため昼食・夕食は温かい野菜スープ中心の食生活にし筋トレをするなどして一年間で体重を約6キロ落とし、その状態を維持すべく今も“温活”は続け、大事な仕事の前には朝夜の食事をプロテインにするなど特に集中して痩せるようにしているという。

 

朝食にプロテインとはかなり厳しい生活を送られていますね。

 
しかし、それだけ自分に負荷をかけている証拠ですから。

 
女優業に対しての真剣さが伝わってきますね。

 
気になる「運動神経」については全く出てきませんでした。

 
とはいえ、ここまでストイックになれる吉岡さんですから、何をやらせても一流になれるかもしれませんね。

 
 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事