Z会システム障害の内容詳細と今後の復旧時期は?どこ会社を使用?

Pocket

大手通信教育の「Z会」がまさかのトラブルに見舞われています。

その内容は、同会会員向けの教材を作る際、基幹システムに大きなシステム障害が発生したというものです。

会員数は全部で約20万人だそうですが、そのうちの最大で約10万人に教材を発送できなくなるようです。

これは大変ですね・・・。

Z会より個人情報の流失はないと話していますが、これは不安ですね。

何より通信教育なので、一度で遅れてしまうと進捗が遅延します。

果たしてどの会社のシステムを使用していたのでしょうか?

また今後のサービス運用や復旧時期についても調べてみました。

スポンサーリンク

システム障害で何が起きた?

まず、現時点でわかっていることは「Z会」の「基幹システム」に「障害」が起きたということです。

どんなシステムかというと・・・下記を引用させていただきます。

システム障害が起きたのは、生徒の状況に応じた個別の教材を構成し、紙への印刷やタブレットに配信するためのシステム。生徒の学力や苦手分野などに応じて教材をパーソナライズする形で振り分ける。

教材のパーソナライズ化自体には以前から取り組んでいたが、1月中旬に新たなシステムを稼働させていたという。
https://japan.zdnet.com/article/35095747/

教材を配信するシステムが誤作動を起こしたのでしょうか。

これであれば個人情報の漏洩は心配なさそうですね。また、テキスト自体も通常に作成できているとみていいでしょう。

しかし、新規の顧客の受け入れは現時点で行っておらず、下記コースが一時停止となっています。

・幼児コース(新年少~年長)
・小学生コース(新小1~小6)
・小学生タブレットコース(新小3~小5)
・中学生コース
(高校受験コース・中高一貫コース)
・高校生コース
(中高一貫コース・公立高校コース・大学受験コース)

教材とサービス運用は4月から目処を立てているようですが、現時点では明確な答えは出ておりませんね。

Z会もこの件に関しては公式サイトで謝罪をしています。

一部を省略して引用いたします。

 お客様にはご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。また、本システム障害が発生したことで、一部のお客様におかれてはご案内が開講直前のタイミングとなりますこと、心よりお詫び申し上げます。
 尚、今回の障害は新たなシステムへの移行に伴う技術上のトラブルによるものであり、外部からのハッキングやコンピュータウイルスによるものではないことが確認されております。また、今回のシステム障害による個人情報の漏洩は生じておりませんので、ご安心ください。

http://www.zkai.co.jp/home/news/information/detail/2017info.html

どの企業もミスなく仕事をすることは大きな課題ですからね。

そのような中、なんと麻雀で採用する会社もあるようです!勝負の勘で利益もがっぽりといったところでしょうか。
麻雀大会で採用試験を行う企業はどこ?取り組む理由とその効果は?

実際、どんなシステム会社を使用している?

https://www.pakutaso.com/20140342087post-4006.html

Z会がどんなシステムを使っているのか?

少し気になって調べていると・・・

BroadLineというシステムを導入していることがわかりました!

会社はTOKAIコミュニケーションです。

ただ、これはインターネットのブロードバンドサービスのようですね。

これの不具合も可能性はなくはないですが、今回のトラブルは教材の印刷に関わるシステムなので、外部と言うより内部での発生の可能性が高いです。

もちろん、単純に印刷のデータが飛んでしまった・・・や、印刷ソフトがクラッシュしてしまった・・・なんてことも考えられますね。

一方で部外者からのハッキングという可能性も拭いきれませんので、会員にとっては不安は拭いきれないかもしれません。

様々な可能性が考えられますね。また、話は少し逸れますが、同じ不手際という意味では、DeNAがまとめサイトで大きな損失を出していますね。

保有する球団・ベイスターズへの影響も心配されるところです。

DeNAがまとめサイトを停止!ベイスターズへの影響と選手の年俸は減額!?

今後はどのように対応する?世間の声は?

スポンサーリンク

今後については、2月中旬を目処にwebサイトにて対応方法を再度案内していただけるようです。

約2週間ほどありますが、その間は一旦サービス自体が停止されるようですね。

ちなみに、Z会は今春から受講料が値上がりしたようで、今回の対応に「お粗過ぎでは?」という声も上がっています。

その他にも・・・

・ハッキングやらサイバー攻撃が増えてるご時世だから怖いですね。個人情報流出だけは避けたいところでしょうが、事実をちゃんと報告してほしいですね

・1月末にコケて復旧が4月以降って、随分な殿様商売だな。もう商売することが許されないぐらいダメだ。

・コスト削減の結果か?利益より信用と対応の方が大切だ。

・4月の復旧って。。。どんな障害なんだろう。
新システム自体が稼働できなかったとしても、旧システム延命で対処できないの?

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20170130-00000060-asahi-soci&s=lost_points&o=desc&t=t&p=2

Z会といえば、進学系の生徒が多数受講していた記憶があります。

20万人の会員も数もそうですが、やはり業界内でもトップポジションにいるのは間違いないです。

少子高齢化で学習がますます大切になると思うので、まずは事態を沈静化させ、ドラブルを解決してほしいですね。

トラブルの種類こそ違いますが、ピコ太郎さんのPPAPの商標登録が全く関係ない大阪の企業に申請された「事件」も今年に起きていますね。

PPAPで商標出願した大阪の企業名は?ベストライセンス株式会社?

まとめ

・Z会でシステム障害が起きた

・10万人の会員のサービスが停止に

・4月からサービス案内が再スタート

・世の中的にも厳しい目で見られている

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする