人気ゲーム「消滅都市」がアニメ化され、注目を集めていますね。

 
主人公はゲーム同様にユキとタクヤですが、2人の関係がどうなるのかは気になるところです。

 
ゲームでは物語の展開に恋愛要素はほぼ含まれていませんでしたが、アニメではストーリーに変化があるのでしょうか。

 
今回はアニメ「消滅都市」の恋愛関係を絡めた展開や結末の可能性について調べてみました、

 
 

 

「消滅都市」ユキとタクヤの関係性の考察

消滅都市では突如、消滅した都市「ロスト」を目指すユキとタクヤの物語です。

 
ユキは「ロスト」の生き残りであり、正体不明の謎の少女。

 
タクヤは一匹狼の運び屋であり、仕事に妥協は許さない青年です。

 
タクヤはある科学者からユキをロストに運ぶことを依頼されたことで接点を持つようになり、仕事以上にユキに関わろうとはしません。

 
ゲーム内でも、タクヤは序盤から一線を引いて、ユキに接することを決めているようです。

 

「協力ではなく、契約だからな」

「俺は仕事で関わっているんだからな。俺とお前は別人だ。

だからお前もきちんと自分の役割だけをこなしてくれ」

 
タクヤは目的地の「ロスト」までユキを運ぶだけ。

 
ユキはタクヤの言葉に対して、冷たい響き・・・、と感じます。

 
しかし、

 
「お父さんに会いにいく」

 
と、自らの家族、アイデンティティを探すために、揺るぎない決意を持ってタクヤとともに出発をします。

 
キャラクターの設定と関係性がゲームとアニメは同じですが、アニメではより細い心理描写が描かれていることでしょう。

 

「消滅都市」ユキとタクヤに恋愛要素はある?

ユキとタクヤは消滅都市では恋愛要素を醸し出す雰囲気もゼロではありません。

 
一方で、ゲームの主たる目撃は消滅した都市を探すことであり、2人の恋愛部分はご法度と考えるファンも少なくありません。

 
ゲームではユキがタクヤに想いを寄せている様子が少し描かれていますが、タクヤ側からは一切その様子がなかったです。

 
恋愛部分は具体的には描かれていないですが、ユキがタクヤに対して想いを寄せているのは確かです。

 
以下の内容はゲームでのネタバレもありますので、ご注意ください。

 

2人が出会ったシーン

ゲーム部分から考えると、ユキはタクヤに好意を寄せていることは間違いありません。

 
2人が出会った時、ドラマパートではユキが出会いを回想しているセリフもありますが、心境が変化していることを悟っています。

 
タクヤはかなりクールな性格であり、ユキとの出会いも仕事の一つと捉え、非常にドライな雰囲気の中で物語がスタートします。

 
しかし、当時を振り返るユキは、

 

「・・・今になって思えば、タクヤの言い分は何も間違ってはいなかった。

私を運ぶことはただの”契約”なんだから、あれが当然の反応だ」

「・・・私だって、タクヤのことなんか、どうでもよかった。」

 
と、振り返っています。

 
ポイントは「どうでも良かった」と過去形にしているところであり、裏を返せば”今はどうでも良くない”ということになります。

 

ストーリー第4章第24話より

 
ゲーム「消滅都市」の第4章第24話では、ユキの心中でもう一人の自分を向き合いながら、気持ちを整理するシーンがあります。

 
ここで、もう一人の潜在的なユキがタクヤのことを「好き」「恋をしている」と言います。

 

「私・・・タクヤと走れるのが、嬉しくて仕方なかったの。

だって・・タクヤが・・・大好きなんだもん。

タクヤと話していると、胸が締め付けられる気がするの。おなかがキュンって・・・熱くなるの。

私・・・恋をしてるんだなって。いま、恋をしているんだなって。そう・・・感じるのよ。」

 
しかし、すぐに自身でそれを「違う!」とかき消してしまい、別の人物が登場するシーンへ展開していきます。

 
確かにセリフ上では本人は違うと否定をしていますが、このストーリーが入っている第4章第24話のタイトルが「恋をしているんだなって」となっており、ここにユキの本心が隠されていることは間違いありません。

 

準公式サイトでの相関図

 
ゲームの公式情報ではありませんが、ファンの間で準公式サイトと位置付けられている「ゲーム攻略Wik」の相関図では、2人の関係を結ぶピンクのラインが出来上がっていますね。

 
ユキからタクヤへは「好き」となっており、一方で、タクヤからユキへは「好意」と中途半端な言葉が記載されています。

 

https://gamerch.com/shoumetsu/

 
あくまでも準公式ですが、ゲームが発売されてからすでに時間が経過をしており、修正等がされていないということは、この内容で間違いなさそうです。

 
タクヤはあくまでも「好意」とだけしか書かれておらず、恋愛の要素については不明です。

 
ただ、タクヤもユキと長い時間を過ごすことで恋愛とまではいかないものの、「友人」「保護対象」といった情が湧いてきた可能性があります。

 
ユキの年齢は未成年の設定であり、仕事と割り切りながら付き合うのではなく、きちんと全力で協力してあげようという前向きな感情が芽生えてきた・・・ということだと推測されます。

 

「消滅都市」恋愛要素に反対派の声

 
ゲームファンからは、ユキとタクヤの恋愛については反対の声も上がっており、アニメでどのように描かれるのかは不明です。

 
もともとゲームの対象は男性が多いため、アニメも恋愛系ではなく、あくまでも消滅した都市「ロスト」を探求するところにフォーカスをあててほしいという声はあります。

 
実際、ゲームでは恋愛要素はアクセントほどでしかなく、上記「第4章第24話」以外は特段気にならないですね。

 
純粋なゲームファンからすれば間違いなく恋愛要素は省いてほしいでしょう。

 

「消滅都市」アニメの展開と結末は?

アニメでの描かれ方は放送を見てみないと定かではありません。

 
しかし、すでに放送回数は全12話分が完成しており、途中での変更は事実上不可能な状態です。

 
そう考えると古くからのゲームのファンの意向を無視することはできず、彼らが求めていない恋愛の要素は非常に少ないのではと推測されます。

 
また、今回は話数も限られており、その中で29人のキャラクターを登場をさせる都合、メインのストーリーから脱線してオリジナルの要素で話を膨らませるのは難しいのではないでしょうか。

 
実際に公式サイトでも恋愛を関連付ける内容は一切記載がなく、

 

残された人の想い、暗躍する謎の組織、そして隠された陰謀。

タクヤとユキ、全くの他人だったふたりは、

旅の中で絆を深めつつ、消滅都市の謎へと迫ってゆく。

 
と書いてあります。

 
あくまでもユキとタクヤは仲間であり友人として描かれていくと予想できますね。

 

まとめ

人気ゲーム「消滅都市」のアニメ化に伴い、主人公・ユキとタクヤの関係について深堀りしてみました。

 
ゲームではユキからタクヤへは恋心を描いていることがわかりました。

 
アニメでは恋愛要素があるのか、ないのか。

 
放送を見て確かめ、楽しんだ方が良いでしょう!

アニメ「消滅都市」をフル動画で無料で見る方法!

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 
 

Twitterでフォローしよう