池袋ウエストゲートパークの犯人は?ストラングラーの正体は加藤あい?

2000年4月に放送されたテレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」。

物語では1話からストラングラーという謎の存在が登場します。

ストラングラー池袋で殺人を繰り返している犯人ですが、その正体が気になります。

今回は、池袋ウエストゲートパークに登場する犯人、ストラングラーについて深掘りをしていきます。

池袋ウエストゲートパークのストラングラーの正体は?

池袋ウエストゲートパークでは、1話「イチゴの回」でリカこと中村理香(酒井若菜)がラブホテルで殺害されます。

リカが殺害される前から池袋では女性がラブホテルで殺害・暴行をされる事件が相次いでいたため、マコト(長瀬智也)やキングことタカシ(窪塚洋介)はリカの犯人を殺害した犯人も同一人物だと推測します。

犯人は通称、ストラングラーと呼ばれました。

ストラングラーは、英語ではstranglerというスペルで絞殺犯、絞殺魔という意味です。

ストラングラーによりリカ殺害された後、マコト、タカシが中心となりカラーギャング「G-Boys」を池袋中に総動員させ、ついに犯人をつきとめます。

その人物は、リカが援助交際をしていた相手、スーさんでした。

リカはスーさんと肉体関係はないものの、周囲に内緒に援助交際をしており、お小遣いをもらっていたのです。

池袋を探し回りスーさんを捕らえることに成功したマコトとタカシでしたが、その過程でもう1人怪しい人物を発見します。

それは、池袋で歯科医院を開業している早乙女アツオ(羽賀研二)です。

早乙女はマコトの友人で風俗嬢の橋本千秋(矢沢心)を拐い、ラブホテルに連れ込もうとしていましたが、ラブホテルに入る途中でマコトに発見され、スーさん同様に捕らえることに成功します。

最終的にスーさん、早乙女を脅迫まがいな方法で自白を迫り、早乙女がストラングラーであることがわかりました。スーさんは完全な無罪でした。

早乙女のカバンからは、過去にラブホテルで殺害した女性の写真が発見され、言い逃れができない状況でもありました。

しかし、早乙女は自身がストラングラーであることは認めつつも、リカを殺した犯人ではないと断言します。

そして、早乙女の様子から、マコトも「こいつはリカを殺していない」と周囲に断言するのです。

話を整理すると、

・スーさんはリカを援助交際をしていたが、事件とは無関係
・池袋のラブホテルで女性を殺害していたのは、早乙女(=ストラングラー)
・しかし、早乙女はリカは殺していないと断言

となります。

1話でマコトの友達であるリカが殺害されますが、その謎が解明されないまま話が進んでいくのです。

池袋ウエストゲートパークの犯人は?

では、一体、リカを殺した犯人は誰だったのでしょうか。

結論から説明すると、リカを殺害したのはヒカル(加藤あい)、ドーベルマン山井(坂口憲二)の2人です。

犯行を企てたのがヒカル、ヒカルの指示を受けて殺害をしたのが山井です。

詳細は後述しますが、ヒカルは過去のトラウマにより多重人格者でした。

ヒカルは普段マコトたちと一緒にいる時の通常のヒカル、そして、裏の顔であり残逆な性格であるもう1人のヒカルがいます。

リカを殺害した理由は、裏のヒカル(多重人格でたまで出てくるヒカル)が、本来のヒカル(マコトと遊ぶ良い性格のヒカル)を苦しめるために、仲が良かった友人のリカを殺害したのです。

山井はそんなヒカリが抱える闇を救ってあげたいと考えたのでしょう。

山井はヒカルに共感をして、殺害を実行するのでした。

ドラマで山井はヒカルに対して「お前は俺と一緒だ」と話しており、正確な描写こそないものの、山井も多重人格者なのかもしれません。

ヒカルと山井の2人はリカだけでなく、マコトの友達であるシュン(山下智久)も殺害しています。

シュンが殺害されたのは物語の後半であり、かなり衝撃的でした。(タカシの実家が経緯するサウナのロッカーに遺体が隠されていたのです・・・)

ここまでの話を整理すると、

・リカを殺害したのはヒカルと山井
・ヒカルが山井に指示を出し、山井が実行した
・ヒカルは多重人格者であり、裏のヒカルが殺害を企てていた

ということです。

2人はストラングラーではないですが、ストラングラーに便乗をしてリカを殺害したのです。

池袋ウエストゲートパークのストラングラーの正体は加藤あい?

以上から、池袋ウエストゲートパークに登場する犯人について整理すると、

・池袋のラブホテルで女性を殺害していたストラングラーは早乙女(羽賀研二)

・ストラングラーに犯行を見せかけてリカを殺したのはヒカル(加藤あい)、ドーベルマン山井(坂口憲二)

ということになります。

様々な登場人物が、各々の都合で人を殺害しています。

ドラマの雰囲気はギャグの要素も多数ありますが、池袋という街を表現させるため最後はヤクザも絡んだカラーギャングの抗争に発展していきます。

シリアスなシーンはかなり緊迫しており、主演の長瀬智也さん、窪塚洋介さんの演技は非常にひかります。

超がつくほどの豪華キャストであり、2020年現在で同じドラマを放送するのはギャラが払えなくて実現しないほどのメンツです。

今なら、池袋ウエストゲートパークを無料視聴できる方法があります。

詳しくはこちらをどうぞ!

まとめ

今回は、

●池袋ウエストゲートパークのストラングラーの正体は?

●池袋ウエストゲートパークの犯人は?

●池袋ウエストゲートパークのストラングラーの正体は加藤あい?

これらについてまとめました。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう