『るろうに剣心』の相楽左之助は弱いキャラクターなのでしょうか。

斬馬刀や二重の極みの強さを含めて、左之助の強さを深掘りしていきます。

【るろうに剣心】相楽左之助は弱い?

『るろうに剣心』の相楽左之助は、弱いキャラクターなのでしょうか。

左之助は物語序盤から活躍していますが、強さについては剣心と同等クラスとはいえず、かといって弱い存在というわけでもありません。

要所では必ず活躍している頼もしい存在であり、登場キャラクターではどのあたりの強さに匹敵するの考察していきます。

強さランキング

最初に結論からいうと、左之助の作中での強さは10位〜15位でしょう。

「10位〜15位」と幅を持たせている理由は、左之助の技の威力や打たれ強さをどこまで考慮するかで大きく変動するからです。

ただ、少なくとも左之助より強いキャラクターが9人存在しているため、最大でも左之助の順位は10位になると考えて良いでしょう。

筆者の独断によりますが、るろうに剣心の強さランキング上位9人は下記の通りです。

1位:比古清十郎(ひこせいじゅうろう)
2位:緋村剣心(ひむらけんしん)
3位:志々雄真実(ししおまこと)
4位:雪代縁(ゆきしろえにし)
5位:瀬田宗次郎(せたそうじろう)
6位:斎藤一(さいとうはじめ)
7位:四乃森蒼紫(しのもりあおし)
8位:魚沼宇水(うおぬまうすい)
9位:鵜堂刃衛(うどうじんえ)

上記の順位については筆者の独断によりますが、少なくともこの9人は左之助より強いキャラクターであることは間違いありません。

1位・比古清十郎から7位・四乃森蒼紫までは説明するまでもないでしょう。

8位・魚沼宇水と9位・鵜堂刃衛は左之助と直接対決はしていませんが、宇水は十本刀Mo.2の実力者、刃衛は剣心が抜刀斎として勝利した相手であり、左之助より強いことは明らかでしょう。

ここで明らかにしたいのは、物語の設定上、左之助は強くても10位の強さランキングということです。

それでは、左之助は一体、どのくらいの強さなのでしょうじか。次の項目で考察していきます。

【るろうに剣心】相楽左之助の強さ議論(考察)

『るろうに剣心』の相楽左之助の強さ・弱さについて、議論をしながら考察します。

左之助の強さは11位

先ほど、左之助の強さランキングは「10位〜15位」と述べました。

結論から述べると、左之助の強さは11位だと考えます。

ここでも筆者の独断ですが、強さランキング10位〜15位についても記載します。

10位:外印(げいん)
11位:相楽左之助(さがらさのすけ)
12位:悠久山安慈(ゆうきゅうざんあんじ)
14位:不二(ふじ)
15位:八ツ目(やつめ)

前提としてこの5人が10位〜15位に入るかどうかも主観になりますが、残りのキャラクターは明神弥彦 (みょうじんやひこ)、鯨波兵庫(くじらなみひょうご)、戌亥番神(いぬいばんしん) 四星(四神)が考えられるため、ほぼ異論はないと思われます。

10位〜15位のキャラクター同士はほぼ対戦したことがないため、あくまでも考察した順位です。

唯一の対戦は、左之助と安慈の戦いです。左之助は安慈に勝利しているため、必然的に「左之助>安慈」となります。

十本刀の順位づけから「安慈>不二」になるため、左之助と不二は直接対決こそないものの、「左之助>安慈>不二」と考察して良いと思います。

二重の極みの威力

10位〜15位で記載したキャラクターでも、外印(げいん)だけは左之助より順位を上にしています。

それは左之助の必殺技、二重の極みが大きく影響しています。

二重の極みとは、簡潔にいうと、通常のパンチやキックの後、刹那の瞬間に第二撃の衝撃を与えること対象を粉砕する"破壊の極意"です。

より詳細な説明は下記をご覧ください。

すべての物質には抵抗(=強度、硬度)が存在するために、その衝撃が完全に伝わることはない。だが刹那の拍子(75分の1秒)に二度の衝撃を打ち込むと、第一撃は通常通り物体の抵抗で緩和されるが、刹那に打ち込まれた第二撃の衝撃は、抵抗を一切受けることなく完全に伝わるため、物質の硬度に関わらず粉々に粉砕することができる

https://ja.wikipedia.org/

左之助の場合は修行の都合で右手のみですが、それでも戦いの中で「三重の極み」「二重の極み 改良型」技を独自に改良しています。

二重の極みは一撃決まれば相手にかなりダメージを与えることができる秘技です。

岩が一瞬で砕けるほどの衝撃であるため、ノーガードでまともに食らえば骨が折れるのは間違いありません。

一方で、自らの肉体のみでしか戦うことができないため、唯一の弱点はリーチに限りがあるという点です。

左之助と外印の相性

話を強さランキングに戻しますが、10位〜15位のキャラクターの中で、左之助は外印には勝てないと考察します。そのため、外印を10位、左之助を11位としました。

その理由は、外印の戦い方は、左之助にとっては非常に相性が悪いです。

外印には大きく分けて2つ特徴があります。

1つ目は外印自身が、ワイヤーの「斬鋼線」を武器に戦える点です。外印は、指一本ごとに200㎏の荷重に耐える腕力と、10分の1mm単位の精密な制御能力と個人としての能力が高いです。

素手が基本の左之助にとっては、ワイヤーの「斬鋼線」は非常に相性が悪いです。

左之助はリーチがない攻撃に対し、「斬鋼線」は飛び道具ほどではないものの、一定の距離から攻撃が可能です。

つまり、外印は距離さえ保つことができれば、左之助にはかなり有利に戦闘を進めることができます。

2つ目は外印は、参號機夷腕坊・猛襲型を操縦して戦闘もできます。「参號機夷腕坊・猛襲型」は外印が最高傑作と呼んでいる人形であり、剣心の攻撃も無力ができるほどの強さを誇ります。

一見すると左之助の二重の極みで攻撃はできそうですが、夷腕坊は物理的に「破壊」ができる素材でできておらず、ダメージを与えるまでに時間がかかりすぎるでしょう。

以上を整理ると、外印と左之助の相性という観点で、「外印>左之助」と考えて良いでしょう。

【るろうに剣心】相楽左之助の強さランキング

ここまでの話をまとめると、『るろうに剣心』の相楽左之助は決して弱いキャラクターではなく、作中でも強いカテゴリーに入ることは間違いありません。

強さランキングでは、全体の11位と考察します。

もちろん、11位という数字については主観の要素があるため、おおよそとして考えてください。

ただし、『るろうに剣心』の上位9人の強さついてはほぼ異論がないと思われるため、左之助の強さランキングは高くても10位となるでしょう。

まとめ

今回は、

●【るろうに剣心】相楽左之助は弱い?

●【るろうに剣心】相楽左之助の強さ議論

●【るろうに剣心】相楽左之助の強さランキング

これらについてまとめました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう