『るろうに剣心』で剣心の妻、雪代巴が斬殺された理由をネタバレでまとめました。

雪代巴は剣心に殺される結末を迎えますが、その真相について順を追って解説します。

【るろうに剣心】妻の巴が斬殺された理由

はじめに、『るろうに剣心』で剣心の妻の巴が斬殺された理由を説明します。

結論から言うと、巴が斬殺された理由は、剣心が誤って斬ったからです。

剣心が暗殺集団・闇乃武のリーダー・辰巳と戦っていた際、剣心が殺されると思った巴は身を挺して剣心を守ろうとします。

そして、巴が辰巳を殺そうと2人の間に入りますが、その直後に剣心は刀を振り切り、巴と辰巳を一緒に斬ってしまいます。

剣心は意図的に巴を斬殺したわけではなく、戦いの中で本人も気付かぬうちに斬殺してしまったのです。

【るろうに剣心】剣心がなぜ妻(巴)を殺したかネタバレ

『るろうに剣心 』より

 

なぜ、剣心はぜ妻の巴を殺してしまったのか。

巴が斬殺された経緯をネタバレで解説します。

剣心と辰巳の戦い

剣心は、暗殺集団・闇乃武の「五感剥奪」により視覚・聴覚・触覚を一時的に失った状態で、リーダーの辰巳との戦いを迎えます。

当時の剣心は人斬り抜刀斎として大変な強さを誇っていましたが、視覚・聴覚・触覚を失っては、相手がどこにいるかさえわかりません。

また、巴はこの戦いで人質となっていたため、剣心と辰巳の戦いを目撃していました。追い詰められる剣心を見た巴は、隠し持っていた短刀を武器に剣心を守ろうと走り出します。

巴は剣心と辰巳の間に入ることに成功しますが、同時に剣心も自分の感覚を信じて辰巳に向かって刀を振り下ろします。

つまり、剣心が彼方を振り下ろした先には巴、辰巳がいることになり、剣心は2人を同時に切り殺してしまったのです。

剣心はこの時、視覚・聴覚・触覚を失っていますが、嗅覚はまだ残っていました。

そのため、剣心は刀を振り下ろした直後に、巴がいつも身につけていた「白梅香(はくばいこう」の香りを感じます。剣心は「白梅香」の香りで巴の存在を認識し、その後、自身が誤って巴を斬ってしまったと知るのでした。

十字傷の理由

巴が剣心に斬殺されて倒れる際、持っていた短刀が宙に舞い、剣心の頬に傷をつけました。

この時の剣心は縦に1本、頬に傷がついています。この1本は巴の許嫁だった清里明良がつけたものです。

そして、巴の短刀が横に傷をつけたため、剣心の頬には十字傷がつくことになりました。

原作と、アニメと映画では描かれ方は異なっていて、上記は原作の内容です。アニメと映画では、巴が死ぬ間際に剣心に意図的に傷をつけています。

【るろうに剣心】剣心と雪代巴の馴れ初めをネタバレ

最後に、剣心と雪代巴の馴れ初めをネタバレします。

巴は幕府方の間者(スパイ)

巴は、許婚の清里明良を殺した剣心(当時は抜刀斎)に復讐するため、幕府方の間者(スパイ)として接近します。

巴の裏で動いていた組織は、幕府直属の西の暗殺集団・闇乃武。巴は、闇乃武から剣心を弱点を探るように命令されていました。

剣心は巴の本来の目的を知る由もなく、また、人斬りとしての存在に疑問を抱いていたこともあり、次第に巴に依存していきます。

剣心に惹かれる巴

巴は当初、許婚の清里明良を敵討ちとして行動していましたが、剣心の人柄に触れたことで惹かれるようになりました。

剣心と巴は夫婦となり、身を隠すようにして大津での暮らしをスタートさせます。

平和な日々を過ごしていた2人でしたが、ある日突然、巴が闇乃武により拐われてしまいます。

闇乃武はこれまで巴を上手く利用してきましたが、巴本人の裏切りや、巴の存在そのものが剣心の弱点になったことで強制的に連れ去れるという手段をとったのです。

剣心は巴を助けるために闇乃武との戦いを始めます。あとはこのページの冒頭で解説した通りで、闇乃武との高いで巴も斬殺してしまうのでした。

不殺を誓う剣心

剣心は、自らの手で巴を斬殺してしまったことを悔やみ、心を大きく沈めました。

その後、剣心は自宅から巴の日記を発見します。日記を読んだ剣心は、自らが巴の許嫁(清里明良)も斬っていたことを知り、人は斬らないと誓います。

京都を去る直前、幕末の刀匠である新井赤空から逆刃刀を託され、不殺の流浪人としての生活をスタートさせ、薫や左之助たちとの出会いにつながっていきます。

また、そもそも剣心はなぜ人斬りになったのか?知りたい人は下記に詳しくまとめているので、ご覧になってください。

まとめ

今回は、

●【るろうに剣心】妻の雪代巴が斬殺された理由

●【るろうに剣心】剣心がなぜ妻(巴)を殺したかネタバレ

●【るろうに剣心】剣心と雪代巴の馴れ初めをネタバレ

これらについてまとめました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう