吉村志穂は2020年現在何している?バレー引退後の活動と結婚は?

女子バレーボール選手として活躍されていた吉村志穂さん。

現役時代は東海大学を卒業し、Vチャレンジリーグの上尾メディックスに所属されていました。

女性、男性問わず人気の選手であり、日本代表に選出とまではいきませんでしたが、かなり話題に上がった方でした。

引退から年が経過しましたが、現在は何をされているのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は元バレーボール選手、吉村志穂さんの現在について調べてみました!

吉村志穂の経歴・プロフィールまとめ

プロフィールと所属チーム

まずは吉村さんのプロフィールと経歴を振り返ってみましょう。

プロフィール
・本名:吉村志穂
・愛称:シホ
・生年月日:1989年12月13日
・年齢:30歳
・出身:神奈川県伊勢原市
・職業:元バレーボール選手
・身長:168㎝
・体重:68㎏
・血液:A型
・活動:元バレーボール選手
・所属:元上尾メディックス
・家族:非公開(姉がいる)

吉村志穂さんは1989年12月13日生まれで現在30歳、神奈川県伊勢原市出身の元バレボール選手です。

2016年6月に勇退を表明するまで、Vプレミアリーグの上尾メディックスに所属していました。

吉村志穂さんは小学校3年生からバレーボールをスタートさせます。きっかけへ実のお姉さんから影響を受けたものだったようです。

そのあとは、神奈川県の強豪高校である川崎橘高校に進学を果たし、2007年の佐賀インターハイ・ベスト4に進出するなど活躍を果たしました。

2008年には各大学スポーツが強いことで有名でもある東海大学へ進学します。

吉村志穂さんは身長は168cmと決して高くはないですが、スパイクの最高到達点は291cmであり、非常にジャンプ力と力強さを兼ね備えた選手です。

当時の東海大には吉村志穂さんだけでなく、後にVプレミアリーグに所属する近江あかりさん、山口かなめさんも在籍していました。

その中で吉村志穂さんはポジションはWS(ウイングスパイカー)として、1年生カルテットのエーススパイカーとして活躍を果たします。

東海大は、当時は2部リーグでしたが、吉村志穂さんら1年生を中心に躍動し、初年度に春季2部リーグ準優勝、さらに全日本インカレ準優勝と好成績をおさめました。

2011年には全日本インカレで優勝を果たし、吉村志穂さんもエースとして大活躍しましたね、

個人の実績でいえば、2011年にユニバーシアード代表、つまりは大学選抜に選ばれています。

上尾メディックスに入団

大学で活躍を果たした吉村志穂さんは、2011年12月に当時はVチャレンジリーグだった上尾メディックスへの入団が内定します。

大学時代の活躍を考えれば、妥当な入団と考えて良いでしょう。

吉村志穂さんは上尾メディックスでも入団直後から主戦として活躍を果たし、リーグ戦では十分に実力を発揮していきます。

2012/13Vチャレンジリーグではチーム2度目となる優勝に大きく貢献したことで、最優秀新人賞を獲得しています。

大学時代、ユニバ代表、上尾メディックスと申し分ない活躍をされていますすね。

2016年に突然の「勇退」

吉村志穂さんはVチャレンジリーグ、Vプレミアリーグでそれぞれ2年間、合計4年間を上尾メディックスで過ごしますが、2016年6月にチームを離れることが発表されました。

引退かと思われましたが、公式サイトでは「引退」という言葉ではなく、「勇退」と出ていましたね。

突然の発表とういうだけでなく、吉村志穂さんは1989年生まれであり、2016年6月ではまだ26歳と非常に若かっただけに非常に驚いたファンの人も多かったと思います。

詳細は後述しますが、2020年現在も現役を続けていないということは、事実上の引退ということだと推測されます。

吉村志穂が退団した理由は?

吉村志穂さんが若くして引退された理由としては、おそらくは「怪我」でしょう。

これはあくまでも推測であり、退団をした理由は正式は発表をされていません。しかし、年齢が20代半ばのスポーツ選手で試合でチームに貢献している選手が退団するということは、怪我の影響である可能性が非常に高いです。

吉村志穂さんはVプレミアリーグでの2年間を振り返ると、2014/15シーズンは10試合、2015/16シーズンは18試合の出場となっており、フル稼働できたとは言い難い内容でした。

体が168㎝とバレー選手の中では決して大きい方ではないため、自然と身体への負荷・負担も大きかったのだと思います。

引退時には「〇〇で引退をする」となど明確な理由は述べられておらず、理由は公表はされていません。

ただ、2019年5月には「膝の靭帯損傷」というツイートをされており、続けて「現役時に古傷が再発した」と明記しています。

公表こそされてませんが、おそらくはプレー中に痛め、膝の靭帯を痛めたことで上尾メディックスを離れることになったのだと思われます。

2年目以降は試合の出場数がガクッと減っていますからね。

実力はチームで屈指だったはずですので、やはり怪我の影響は大きいでしょう。

吉村志穂さんのTwitterを見ても、やはり怪我をして思うようなプレーができなかったこと退団の理由だと思われます。

怪我によって体が全く動かないという訳ではなさそうでありますが、スポーツ選手が小さな怪我でもコンディションが崩れてしまうほど繊細であり、吉村志穂さんもそれが原因だったと考えられます。

そして、Twitterで「バレーボールが嫌いになる前に辞めよう」と記載をされており、思うようにプレーできないため精神的にもかなりしんどい時間だったと思います。

メンタル的にも非常にダメージを受けていたことが推測されており、心身ともに限界に達していたのではないでしょうか。

怪我をした原因は?

吉村志穂さんが勇退を宣言し、上げおメディックスを退団した理由は怪我がきっかけであることは間違いなさそうです。

怪我により自身のプレーが困難になり、精神的にもバレーボールを続けられるほどではなくなったものと思われます。

バレーボール選手である以上、コートの上では常に結果が求められるため、コンディションが万全でない状態であれば、退団というのは現実的な選択だったのかもしれません。

アスリートにとっては怪我はつきものであり、これは吉村志穂さん云々、スポーツ選手にとって誰もが起こり得る出来事の一つです。

吉村志穂さんはバレーボール選手の中では168cmと小柄でありながら、スパイクで得点を奪うウイングスパイカーのポジションでした。

ウイングスパイカーとしての最高到達点は291cmと身長を考えると非常に高いです。

吉村志穂さんの体型を見ればわかりますが、かなりがっちりした身体であり、筋肉も非常についており、ジャンプをするバネも相当なものでしょう。

しかしその一方で、スパイクを決めるために全力で跳び、全力で腕を振り下ろすことは、身体をかなり酷使していったのだと思います。

身体が小さい分、常に筋力とバネをフル稼働させる必要がありますからね。

1日に何十回、何百回と同じ動作を繰り返すうちに自然と身体に小さな疲労が蓄積をしていき、怪我を引き起こす原因となっていた可能性はあります。

もちろん、チームでも練習や試合後のケアはしっかりと行っていたと思いましが、吉村志穂さんは身長を抜群の身体能力でカバーしていったことで勤続疲労のような形で、見えない蓄積がされていたのでしょう。

身体が回復する以上に疲労が溜まっていると、徐々にそれが怪我を引き起こしていきます。

現役復帰をする可能性

吉村志穂さんは上尾メディックスを退団する際、「引退」ではなく「勇退」という言葉を使っていました。

つまり、言葉尻だけを考えれば「勇退」であるため、現役を復帰をする可能性も残されているということです。

しかしながら、一度現役を退いた選手が独自に練習を重ねて再びプレーできる可能性は非常に低く、吉村志穂さん本人にその気があったとしても非常に困難なことではないかと思います。

吉村志穂の2020年現在

バレボールのエキシビジョンマッチに参加

吉村さんは現在、バレーボールの仕事ではないと推測されますが、実際のところは定かではありません。

ただ、引退後はバレーボールの試合のエキシビジョンマッチに出場したこともあったようです。

ブレス静岡とは静岡でVリーグを目指す新興のチームみたいですね。

トークショーに参加

さらに、2017年1月には上尾でトークショーも行った模様です。

引退後でも、過去に上尾メディックスという地元チームに所属していたこともあり、上尾では大変人気なのでしょう。

Twitterもフォロワーが多数おり、今でも多くのリプライがありましたね。

バレーボール教室を開催

2018年8月には、上尾メディックスで活躍をされた滝沢ななえさんとバレーボール教室を行っています。

引退後もこのようにバレーに関わるお仕事をされているようですね。

また、2019年12年にも台風19号の影響で被災されたクラブチームを対象に、上尾メディックスが「令和元年台風19号災害復興支援バレーボール教室」を開催しており、吉村志穂さんも参加されています。

このバレーボール教室には、メディックスOGの土田望未さん、滝沢ななえさん、丸山裕子さんも参加されていたようです。

開催にあたり吉村志穂さんも下記のコメントを出されていましたね。

今回短い時間ではありましたが、台風19号復興支援ということもありバレーボールを通じて何か一つでも皆様の力になれればと思い、バレーボール教室を行うことができました。
バレーボールを楽しむをテーマに進めることができ、笑顔絶えないバレーボール教室になったと思います。またみんなで一緒にバレーボールができるの楽しみにして待ってます!

チャリティオークションに参加

2020年4月にはコロナウイルスの治療にあたり医療従事者の方々へ向け、チャリティーオークションに参加しています。

チャリティーオークションの発起人は元日本バレーボール代表の大山加奈さんであり、非常に多くの元バレボール選手が参加されています。

吉村志穂さんはバッグをオークションにかけ、その金額を寄付されるようです。これは素晴らしい試みですね。

しかし、この時のオークションでは、吉村志穂さんのユニフォームが別の人から出品されており、少しだけトラブルになっているようでした。

どうやら、吉村志穂さんのユニフォームをオークションにかけて、それでお金儲けを企んでいるようでした。本人が寄付活動をしている中で、かなり悪どい人もいたようですね。

最終的にユニフォームを出品した人のオークションは取り下げられており、ことなきを得たようです。よかったですね。

吉村志穂は中日ドラゴンスの又吉投手と結婚?

吉村さんを調べていくと、必ずプロ野球・中日ドラゴンスの又吉投手にいきつきますね。

中日ドラゴンスの又吉投手とは1990年11月生まれのプロ野球選手です。

2013年にドラフト2位で入団を果たし、入団から3年連続で60試合以上を投げるなど中継ぎの柱として活躍をされています。

ただ、経歴は、沖縄県出身、沖縄県立西原高等学校→環太平洋大学のため、直接、吉村さんとは関係ありません。

2人については過去にTwitterでのやり取りを目撃した方がいたようです。

他にも、又吉さんがプロ野球の選手名鑑に好きなタイプに吉村さんの名前をあげており、中日ファンを中心に話題になっていました。

ただ、それ以外での目撃情報はなく、現在は噂の域を出ないと思われますね。

特にご結婚されたとの報道等はないため、まだ独身でしょう。

また、同じバレーボール選手として、日本代表で活躍する石井優希選手、岩坂名奈選手がかなり注目をされていますね。

二人ともモデル並のルックスと可愛い顔をしており、実力と人気の双方を兼ね備えています。

試合中のユニフォームでの後ろ姿もかなりセクシーです。

まとめ

今回は、

●吉村志穂の経歴・プロフィールまとめ

●吉村志穂が退団した理由は?

●吉村志穂の2020年現在

●吉村志穂は中日ドラゴンスの又吉投手と結婚?

これらについてまとめました。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう