大ヒット漫画「ダイの大冒険」の人気キャラクター、ヒュンケル。

 
作中ではヒュンケルの父親について語られるシーンがありました。

 
今回はヒュンケルの父親はどのような人物なのか、深掘りしてみました。

【ダイの大冒険】ヒュンケルの父親はバルトス?

「ダイの大冒険」のヒュンケルの父親について調べました。

 
ヒュンケルは人間ですが、血のつながった両親については語られておらず、詳細は不明です。

 
ヒュンケルは物心つかない幼い時に魔王軍の騎士、バルトスに拾われています。

 
経緯を説明すると、ハドラー率いる魔王軍がホアキア大陸の村を攻めていた際、魔王軍の一員だったバルトスがヒュンケルを拾います。

 
両親から拐ったのではなく、ヒュンケルが孤児として捨てられており、見かねたバルトスが拾ったのです。

 
ヒュンケルは生身の人間のため、物語上ではバルトスが父親ですが、血が繋がっている関係ではありません。

 
ヒュンケルにとってバルトスは育ての親になります。

 
「ヒュンケル」とはかつて魔界で伝説となった剣豪の名前であり、その名前をつけたのもバルトスです。

 
ヒュンケルは産み親の顔を知らないため、例え血が繋がっていなくても、バルトスを父親だと思って接しており非常に強固な関係がありました。

 
魔物ながらも人格や武士道の精神を持ち合わせてバルトスは、非常に礼儀が正しく、魔物とは言い難い存在でもありました。

 
fヒュンケルに対して「たとえ敵でも女は殺すな」と指導したのもバルトスです。

ヒュンケルの父親バルトスの正体は?

バルトスの正体について解説していきます。

 
バルトスは魔王軍の一員であり、ハドラーの直属の部下でした。

 
ハドラーの魔力により生み出された存在ということもあり、非常に信頼されていたようで、地獄の番人としての役目を果たしていました。

 
ヒュンケルに剣術の基礎を教えた魔物であり、非常に戦闘力に優れた存在だったこともわかります。

 
しかし、そんなバルトスはハドラーの手によって殺されてしまいます。

 
経緯を説明すると、アバンが魔王軍を攻め込んだ際、バルトスがアバンと戦います。

 
あと一撃でバルトスが負けそうになった際、アバンは急遽を戦うことを止めるのです。

 
理由はバルトスの首にかかったペンダントが子供から授かったものであるため、子供を大切にしてほしいと情けをかけたからでした。

 
その心の大きさに感銘を受けたバルトスは、アバンに自らの敗北を認め、地獄の門を通すことを決意します。

 
しかし、バーンから救済されたハドラーから、アバンを素通りさせたことの怒りを買い、処刑されてしまうのです。

バルトスの「思い出をありがとう」とは?

バルトスの名言は「思い出をありがとう」でしょう。

 
このセリフは、バルトスがヒュンケルに託した言葉です。

 
一度目はバルトスがハドラーに処刑され、幼いヒュンケルを対面した際に最後に放ちました。

 
二度目は「魂の貝殻」に伝言を残した際にも、「もう一度言わせてくれ」と前置きして、この言葉を伝えています。

 
ヒュンケルは長きに渡りアバンがバルトスを殺したと思っていました。(実際はハドラーがバルトスを処刑)

 
しかし、マァムから託された「魂の貝殻」でバルトスから真実を聞き、悪の存在から改心することを決意するのです。

まとめ

今回は、

 
●【ダイの大冒険】ヒュンケルの父親はバルトス?
 
→バルトスは魔物であり正確には育ての親。ヒュンケルの実の父親・母親は物語では登場しない

 
 
●ヒュンケルの父親バルトスの正体は?
 
→バルトスはハドラーに生み出された魔物。戦闘力が高く、地獄の門番としての役割を担う

 
 
●バルトスの「思い出をありがとう」とは?
 
→ヒュンケルに伝えた最後の言葉。死際に伝え、「魂の貝殻」を通しても伝えた

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう