池袋ウエストゲートパークのヒカルは多重人格?父親との過去についても考察

2000年4月に放送されたテレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」。

主人公・マコト(長瀬智也)の恋人であるヒカル(加藤あい)は、多重人格の女性であり、物語のクリマックスに非常に大きな衝撃を残しました。

多重人格になった理由はヒカルと父親との関係にありますが、どんな内容だったのかも気になりますね。

今回は、池袋ウエストゲートパークに登場するヒカルの多重人格のエピソードについ深掘りをしていきます。

池袋ウエストゲートパークのヒカルは多重人格?

池袋ウエストゲートパークに登場するヒカルは多重人格の女性であり、内面には2人のヒカルが存在しています。

1人はマコトやマサと遊んでいる時の明るくて友達想いのヒカルです。

もう1人は心に闇を抱えており、普段のヒカルとは正反対で暴力的なヒカルです。このヒカルは普段の明るいヒカルを嫌っており、物語で親友のリカをドーベルマン山井に指示をして殺害し、最終話ではマコトも殺害しようとします。

ドラマでは1話でマコトやヒカルの友人であるリカが殺害され、当初は池袋の殺人魔・ストラングラーであるいわれていましたが、実は犯人は闇を抱えたヒカルだったのです。

多重人格の設定はドラマや漫画で多少異なりますが、池袋ウエストゲートパークでは表のヒカルは、裏のヒカルの存在を知りません。

その一方で裏のヒカルは表のヒカルを認識しています。

裏のヒカルが物語で登場する回数は限られており、物語のほとんどは表のヒカルでの登場です。

物語の後半から裏のヒカルの存在が明らかになっており、仲間の中では最初にシュンが裏のヒカルの存在に気付きました。

シュンが裏のヒカルに気づいたのは、ドラマ8話でした。

マサが高校生の彼女(といってもマサのお金目的で付き合っていただけですが)を妊娠させてしまった時、表のヒカルがその彼女に対して「本当は妊娠してないでしょ」とマサのために話し合いを求めます。

しかし、ヒカルに対してマサの彼女と友人はヒカルを袋ただきにしようと暴力的な行動に出ます、揉み合いになる中で登場したのが裏のヒカルです。

裏のヒカルが登場したシーンは描かれていませんが、マサの彼女と友人が退散した直後のシーンが映し出されており、また、その出来事を境にシュンがヒカルと距離を置くようになrます。

さらに、シュンは絵が得意であったため、普段の明るいヒカルの顔と怖くて闇ががった裏のヒカルの顔をそれぞれ描き、マコトやマサにメッセージを送ろうと考えていました。

そのシュンも最後は裏のヒカルとドーベルマン山井に殺害されてしまいます。

裏のヒカルはかなり凶悪な性格であり、ドラマではリカとシュンという表のヒカルの友人2人の殺害の首謀者です。

また、裏のヒカルはドーベルマン山井と裏で繋がっており、これが物語の伏線として随所に描かれていきます。

池袋ウエストゲートパークでヒカルが多重人格の理由は?

では、ヒカルはなぜ多重人格となったのでしょうか。

理由はヒカルの小学生〜中学生に起きた出来事が原因です。

ヒカルが小学生から中学生まで、父親に性的暴行を受けていました。

ヒカルの父親は交響楽団に所属する優秀な指揮者、母親は大学勤務。

ヒカルは何不自由ない生活をしており家も池袋に大きな一軒家を構えていましたが、ヒカルが子供から歳を重ねるにつれ、父親からのちょっかいがエスカレートしていきます。

ドラマでは父親のタンスの中にヒカルのスクール水着が隠されていたり、風呂を覗いたりした過去の描写がありました。

テレビドラマの都合、それ以上の描写はありませんでしたが、父親からの暴力は非常に激しいものだったと母親からの回想で明らかになっています。

そして、ヒカルは父親に反抗することなく、正確にはできなかったと思われますが、目の前の現実を受け止めきれずにおり、現実逃避という形でもう人一人の自分(裏のヒカル)を生み出してしまったのです。

これは私の推測ですが、過重なストレスを抱えながら良い子が故に吐き出すことができずにいたため、ストレスを吐き出すためにもう一人の人格を意味だしてしまったのでしょう。

池袋ウエストゲートパークでヒカルと父親の関係は?

ヒカルと父親の関係は、実の親子です。

ヒカルの父親は世間的には真っ当な職業につきながらも、自宅では娘であるヒカルに性的な好奇心を隠せずにおり、それが虐待へと繋がっていきました。

そして、母親もそれをわかっていながら、黙認をしていたのです。

ドラマでは父親を演じている俳優さんはそこまで有名な方ではなく名前は不明ですが、母親は杉田かおるさんが演じていましたね。

ちなみに、杉田かおるさん演じる母親は最終回に登場します。

ヒカルの父親は、ヒカルが高校生くらいの時に家から疾走し、それ以降は行方不明になっています。

また、母親は大学に勤務しておりますが、すでに再婚相手がいるだけなく、ヒカルの多重人格を認識してあえて放置していることもわかりました。

ヒカルは幼少期の父親との関係により、もう一人のヒカルを生み出してしまいました。

今なら、池袋ウエストゲートパークを無料視聴できる方法があります。

詳しくはこちらに記載しています。

まとめ

今回は、

●池袋ウエストゲートパークのヒカルは多重人格?

→多重人格。表のヒカル、裏のヒカルが存在する

●池袋ウエストゲートパークでヒカルが多重人格の理由は?

→幼少期にヒカルは、実の父親から性的虐待を受けており、ストレスにより多重人格となった

●池袋ウエストゲートパークでヒカルと父親の関係は?

→ヒカルは父親から性的虐待を受けていた。父親は突然、疾走した

これらについてまとめました。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう