シリーズ累計6,000万部以上の大ヒット漫画「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」。

 
物語終盤の「人誅編」では、オイボレという老人が登場します。

 
戦いに疲弊した緋村剣心に話しかけるだけでなく、巴や縁との深い関係を匂わせる描写があり、正体について気になりますね。

 
今回は、るろうに剣心に登場するオイボレについて深掘りしていきます。

るろうに剣心のオイボレの正体は?

この投稿をInstagramで見る

#オイボレ

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―さん(@samuraixfan)がシェアした投稿 -

るろうに剣心に登場するオイボレの正体について記載していきます。

 
●オイボレ
・本名:不詳(作中に記載なし)
・生誕:1820年1月生まれ
・身長:157cm
・体重:58kg
・血液:O型
・趣味:人と話すこと
・好きな唄:ええじゃないか
・一人称:ワシ

 
オイボレは雪代縁が敵として立ちはだかる「人誅篇」で登場します。

 
落人群の主人のような存在であり、お人善しな性格。

落人群(らくにんむら)とは?
身寄りがなく、行き場のなくなった者が集まる最終の場所。

幕末から明治への時代の移り変わりと共に時代に背かれ(あるいは背き)、社会から弾かれた者が集っている。

 
オイボレは自身で正体を明かしていませんが、言動などから剣心の亡きの妻・巴、雪代縁(巴と縁は姉弟)との父親であることがわかります。

 
神谷薫が死んだと思わされた剣心が群にたどり着いた後に初登場し、何かと剣心に気を使っています。

 
縁とは異なり、巴の死に対して剣心を恨むような描写は一切なく、落人群に辿り着いた剣心の背中を押していくのです。

 
また、オイボレの2度目の登場は「人誅編」最後でも登場します。

 
剣心との戦いに破れた雪代縁は警察から逃亡した後に落人群にたどり着き、そこでオイボレと対面しています。

オイボレが巴や縁の父親とわかる理由は?

オイボレはお人好しの老人であり、巴と縁の父親でもあります。

 
作中でははっきりと父親であることは明記はされていないですが、言動から間違いないと思われます。

 
落人村に辿り着いた剣心を気にかけていた理由は当初は謎でしたが、最後に

 

「儂の娘の最期を看取った男だから」

 
と、群の仲間に語っています。

 
ここでいう「儂の娘」が巴になります。

 
巴は最後に剣心を助けるために闇乃武の頭領・辰巳もろとも剣心に斬られ亡くなっており、剣心が最後を看取ったのは間違いありません。

 
さらに、群の仲間との会話の中では「娘の墓参り」に向かうという言葉もありました。

 
オイボレは巴の形見であろうカンザシを付けていましたが、縁との戦い後に薫と剣心が巴の墓参りをした際、カンザシは巴のお墓に供えられていました。

 
その際、剣心が、

 

「誰だろう?縁の他に・・・巴に由縁のある者・・・」

 
と語っていますが、これは間接的に読者にオイボレと巴の関係をほのめかすセリフだと思われます。

 
・「娘の墓参り」へ向かう発言
・オイボレのカンザシが巴の墓にある
・剣心が「娘の最期を看取った男」

 
この3点から、オイボレは巴と縁の父親であることがわかります。

 
作中の最後では、警察から逃亡して落人群に辿り着いた縁と対面しており、下記の会話を交わしています。

 

オイボレ「君とはずうっと昔にどこぞで会ったような・・・」

縁「気のせい程度なら俺も貴様の面を見た覚えがある・・・」

 
対面した直後でありオイボレも縁も親子であると気づいていなさそうですが、"もしかしたら・・・"と仄めかすようなセリフです。

 
これがオイボレの最後の登場シーンになります。

 
考察にはなりますが、この段階ではオイボレも縁と100%気づいた訳でなく、セリフの通りどこかで会ったような気がする程度だったでしょう。

 
オイボレと巴・縁がどこで生き別れたかは定かではないですが、縁は少年の時代に上海に渡っており、オイボレも成人した姿を見るのはこれが初めてです。

 
流石に一目見ただけで自分の息子だとはわからないでしょう。

 
ただ、雰囲気などで勘付いたのではないでしょうか。

 
縁もずっと巴のことだけを考え生きている様子であり、父親のことはどこか記憶の片隅に追いやっていたと思われるため、対面した時に「気のせい程度なら」と前置きして返答したのでしょう。

オイボレと緋村剣心の関係は?

オイボレと緋村剣心は、落人村で初めて対面しています。

 
ただ、オイボレは巴の父親であることから、剣心は義理息子ということになります。

 
巴と縁は幼い頃に母親を亡くしている設定であり、この亡くなった母はオイボレの妻なのでしょう。

 
オイボレがどのような経緯で巴と縁と生き別れたかは明らかにされていませんが、縁が少年時代に上海渡っていることから、早い段階で別々に生活をしているものと推測できます。

 
剣心と巴が2人で生活をしている回想エピソーでは、巴の父に対しては特段言及されておらず、オイボレがなぜ剣心をみて"巴が愛した人"と気づいたかは謎です。

 
剣心には左頬の2つの傷があるため、それをみて気づいたのかもしれませんね。

まとめ

今回は、

 
●るろうに剣心のオイボレの正体は?
 
●オイボレが巴や縁の父親とわかる理由は?
 
●オイボレと緋村剣心の関係は?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう