シリーズ累計6,000万部以上の大ヒット漫画「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」。

 
序盤の黒笠編で鵜堂刃衛という人斬りが登場し、緋村剣心と戦っています。

 
結果的に刃衛は剣心に負けてしまいますが、どれほどの強さだったのでしょうか。

 
のちに斎藤一、四乃森蒼紫や志々雄真実など確固たる強敵が存在が現れたことで少し存在感が薄れてしまいましたが、少し過小評価されている気もします。

 
今回は、るろうに剣心に登場する鵜堂刃衛の強さについて深掘りしていきます。

るろうに剣心の鵜堂刃衛とは?

まず、るろうに剣心に登場する鵜堂刃衛について解説していきます。

 
●鵜堂刃衛(うどう じんえ)
・生誕:1843年7月生まれ
・星座:かに座
・身長:182cm
・体重:78kg
・血液:AB型
・流派:二階堂平法

 
鵜堂刃衛はどこの組織や藩閥にも所属していない、浮浪(はぐれ)人斬りです。

 
お金で人斬りを請負い、自らの殺人欲求に従い標的を殺していきます。

 
要人暗殺請負人「黒笠」として暗殺を手がけており、後に登場する四乃森蒼紫や志々雄真実という敵役とは違い、主義や思想など確固たる信念はなく、自身の殺人欲のみで動く危険な存在です。

 
かつて新撰組隊士でしたが、当時から殺人欲求にかられて人を殺めており、新撰組から粛清されたそうになった際に返り討ちにして脱退をはかリ、明治に入り浮浪(はぐれ)人斬りとして暗躍した背景があります。

 
作中では元老院議官・渋海から依頼により陸軍省要人谷十三郎の暗殺を試みますが、護衛についていた剣心の強さに関心を抱き、先に剣心を殺害しようと目論見ます。

 
刃衛は、その後、神谷薫を拉致して剣心との再戦をはかります。

 
薫を人質とした理由は、剣心を激怒させ、人斬り抜刀斎に覚醒をさせるためでもありました。

 
抜刀斎前の剣心には圧倒していた刃衛でしたが、覚醒後の剣心には双龍閃により右腕の筋を破壊されてしまい、剣客として再起不能となる致命的な傷を負います。

 
最後は黒幕の存在を特定されないよう、刃衛は自害します。

鵜堂刃衛の強さはどれくらい?

剣心に破れて自害した刃衛でしたが、相当の手練れであることは間違いありません。

 
刃衛は実在した流派、二階堂平法という剣術を使います。

 
作中で刃衛は「心の一方」という瞬間催眠術を使っていますが、これも実在する話がモチーフになっています。

二階堂平法とは?
二階堂流は、鎌倉幕府の評定衆で美濃稲葉城主であった二階堂氏が中条流を学んで開いたとも、また一説には念流の祖、念阿弥慈恩の門人である二階堂右馬助が興したともいわれている。

二階堂平法は、初伝を「一文字」、中伝を「八文字」、奥伝を「十文字」とし、これら「一」「八」「十」の各文字を組み合わせた「平」の字をもって平法と称した。

また、奥伝以外に「心の一方」あるいは「すくみの術」の秘術があり、いまでいう瞬間催眠術のようなものであったらしい。

この術にかかった者は、金縛りにあったように身動きができなくなったという。主水大吉は、12歳のときから祖父に師事し、これら秘伝のことごとくを伝授された。
(引用:ja.wikipedia.org)

 
では、実際の刃衛の強さはどれほどなのでしょうか。

 
剣心を相手にした際、刃衛は「今のお前は、(自分が)煙草を吸う間に殺せる」と話しており、言葉通り、剣心は歯が立たずにいました。

 
不殺を貫いた覚醒前の剣心との実力であれば圧倒的に刃衛の方が上です。

 
しかし、刃衛は薫の肺を麻痺させたことで、剣心を「人斬り抜刀斎」と覚醒させたあとは逆に刃衛では太刀打ちできず、剣客としての致命傷をくらい、自害を測っています。

 
この点から、通常の緋村剣心よりは刃衛の方が強いため、逆説的にいえば、通常の剣心で倒せた敵は全員、刃衛に敵わないと考えて良いでしょう。

過小評価されている?

刃衛は物語序盤に登場したこともあり、その実力は過小評価されている適役の一人でしょう。

 
るろうに剣心はコミックス発売28巻とありますが、刃衛が登場したのは2巻でした。

 
どうしても少年漫画の場合、物語が進むに連れて強敵が登場するパターンになっており、序盤の敵は相対的に弱いイメージが出てきます。

 
しかし、刃衛は京都編の開始までは作中で最強の敵でもあり、詳細は後述しますが、志々雄真実率いる「十本刀」の中に入っても上位の人材だと思います。

 
もともと、るろうに剣心の連載自体が30回と予定されており、黒笠編を最終章とする構想で刃衛は物語最後の敵となる予定だったそうです。

 
そういう意味でも強いキャラクターとして描かれているのも納得であり、物語を通しても屈指の暗殺者であることもうなづけます。

鵜堂刃衛は十本刀より強い?

刃衛がもし、志々雄真実の十本刀に入った際は何番目の強さになるのでしょうか。

 
るろうに剣心のオフィシャルブック「剣心皆伝」には、各登場人物の能力値が記載されています。

 
この本の内容から、刃衛は宇水や安磁と同等の実力を持っていることがわかります。

 
十本刀の強さ順では、

 
①瀬田宗次郎
②魚沼宇水
③悠久山安慈

 
であるため、2〜3番を争えるほどの強さです。

 
「剣心皆伝」によると、刃衛は新撰組時代は沖田総司が率いる一番隊の隊士だったそうです。

 
一番隊は事実上、局長・近藤勇の直下の部隊といわれており、指折りの実力者が揃っていたといわれています。

 
刃衛はそこに所属しており、さらには襲撃を返り討ちにしていることからも、実力は相当なものでしょう。

 
主要メンバーの中では、相良左之助よりは間違いなく上であり、斎藤一や京都編以降の四乃森蒼紫には勝てないといったところでしょう。

 
物語で出番が早すぎたことが存在が薄れてしまっていますが、実力では作中の敵の中でも強い存在であることは間違いありません。

まとめ

今回は、

 
●るろうに剣心の鵜堂刃衛とは?
 
●鵜堂刃衛の強さは?過小評価されている?
 
●鵜堂刃衛は十本刀より強い?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう