「スラムダンク」の流川花道と桜木楓の関係について考察します。流川と桜木はライバル関係ですが、仲が良いと思われる描写が多数あります。

流川と桜木がお互いにパスを出した回数についても、具体的なシーンを振り返りながら解説していきます。

【スラムダンク】流川と桜木は仲良しの関係?

はじめに、スラムダンクの流川と桜木の関係について考察します。流川と桜木の関係は、同じ1年生でライバル関係でありながら、実は仲良しである説があります。

流川と桜木がお互いに対して抱く感情について考察していきます。

桜木が流川をライバル視

流川と桜木の関係では、桜木が一方的に流川をライバル視しています。理由は下記の2つでしょう。

・晴子が流川を好き
・流川のバスケの上手さ

特に桜木が想いを寄せる晴子が、流川のファンであることは大きい要素です。流川と桜木が最初に喧嘩した理由も、流川が自身の傷を心配した晴子に冷たい態度をとったことで、桜木が「てめえ ハルコさんの優しい心を」と殴りかかった経緯があります。

晴子が流川に対して「片思いなの」と明確に気持ちを表していることで、桜木が流川に対して嫉妬心を感じていると思われます。また、流川のバスケの実力は県内トップクラスであり、桜木がちょっと練習しただけでは届かない存在であることも、ライバル視している理由でしょう。

流川は桜木の素質に気づく

流川は桜木のことをライバル視していないと思われます。物語が進むにつれ、実力は認めていくようになりますが、流川がライバル視しているのは仙道や沢北といった高校バスケのトップクラスの選手でしょう。

桜木はリバウンド、ブロックショット、スタミナなど流川より秀でている部分はありますが、全国大会前の1on1で流川に手も足も出なかったことを考えると、実力差は相当あります。しかし、流川は、桜木の素質については認めている描写が多数あります。

#6「JAM!」の最後のコマでは、桜木と赤木の1on1を見た流川は「やるじゃん、桜木……」と心の中でつぶやいています。流川としては、桜木をライバル視はしていないものの、桜木のポテンシャルには物語序盤から気づいていたのでしょう。

お互いを認めている関係

流川と桜木の関係は、一方的に桜木が流川をライバル視しているように思われます。流川はいちチームメイトとして桜木と接していますが、桜木が流川に対してちょっかいを出したり、からかったりするので、流川もやや強気の姿勢で接しているのでしょう。

バスケの実力では、桜木は物語序盤では素人だったため、流川の実力に気づいていませんでしたが、全国大会で流川のプレーをしっかりと観察したことで、その実力の高さに気づいたはずです。一方で、流川も桜木のポテンシャルには物語序盤から気づいているようで、インサイドプレイヤーとしての実力と成長速度には大きく驚いていることでしょう。

山王戦で桜木が背中を痛めた時、その異変に流川は安西先生とほぼ同じタイミングで気づいていました。それくらい、桜木のプレーを良く見ているということでしょう。さらに、桜木が試合中にネガティブになっている時、必ず流川から叱咤激励されています。

湘陽戦:「おい……なに縮こまってやがる。らしくねーんじゃねーのか」
山王戦:「集中力が足りん。必死でついてこい 交代しねーならよ」

流川と桜木は仲良しとまではいかないですが、お互いにチームメイトとして認め合っているといえるのではないでしょうか。

【スラムダンク】流川と桜木のパスの回数は?

流川と桜木はライバル関係であるため、試合中では双方へのパスが非常に少ないです。ただ、これはライバル関係であるだけでなく、お互いのプレースタイルによるところも大きいでしょう。

流川はボールを持ったら基本は1on1で攻撃をし、桜木はオフェンス面ではあまり関与しないことが多いからです。ここでは、流川と桜木のお互いへのパスの回数について解説していきます。

桜木から流川へのパス

桜木から流川へのパスの回数は、全部で4回です。

対戦試合対戦相手どんな場面
練習試合陵南仙道のディフェンスで追い込まれたから
神奈川県決勝リーグ海南海南の高砂、清田、武藤に囲まれたから
神奈川県決勝リーグ海南ルーズボールを追いかけてパス相手を見てなかった
全国大会2回戦山王ルーズボールをとった先に流川がいたから
4回パスをしていますが、そのうち意図的に桜木が流川へパスをしたのは、山王戦だけでしょう。山王せんでは流川を顔を見てしっかりとパスを出しています。

それ以外の3回については結果的に相手が流川だったという内容でした。

流川から桜木へのパス

流川から桜木へのパスの回数は、全部で3回です。

対戦試合対戦相手どんな場面
練習試合陵南仙道のディフェンスでパスコースが限定されたから
湘北の紅白戦2・3年生チーム2対1の状況でリターンパスをもらうため
全国大会2回戦山王最後の攻撃でフリーの桜木を見つけたから
3回のうち、意図的に桜木へパスをしているのは2回です。流川は基本、1on1で攻める選手であるため、3回というのは決して少なくないと思います。

【スラムダンク】流川と桜木のハイタッチは何話?

最後に、流川と桜木がハイタッチをした話数を記載します。流川と桜木のハイタッチのシーンは、全国大会2回戦の山王との試合でした。

話数だと#275「and 1」です。スラムダンクの最終回が#276「湘北高校バスケットボール部」のため、最終回の一つ前の話数です。

まとめ

今回は、

●【スラムダンク】流川と桜木は仲良しの関係?

●【スラムダンク】流川と桜木のパスの回数は?

●【スラムダンク】流川と桜木のハイタッチは何話?

これらについてまとめました。

以上となります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう