『東京リベンジャーズ』の黒幕はナオト(橘直人)でないかと怪しまれています。今回は、ナオトが怪しい理由をネタバレで考察しました。

【東京卍リベンジャーズ】黒幕はナオト?

『東京リベンジャーズ』の「黒幕」は、橘日向を殺害し続けている犯人をさします。ただ、実行犯ではなく、裏で糸を引いている主犯という意味です。

『東京リベンジャーズ』は連載途中の漫画であり、黒幕はまだ明らかにされていません。

しかし、物語のキーパーソンの一人、ナオト(橘直人)が黒幕ではないかと怪しまれています。

黒幕の候補

ナオト(橘直人)が怪しい理由を考察する前に、『東京リベンジャーズ』の黒幕候補を整理します。

読者からの意見をまとめると、下記の候補があがっています。

・キサキ(稀咲鉄太)
・半間修二
・ナオト(橘直人)
・マイキー(佐野万次郎)
・日向のお父さん(=ナオトのお父さん)

主人公・タケミチと敵対する"悪役"では、キサキ(稀咲鉄太)や半間修二が有力。一方で、タケミチの仲間からはナオト(橘直人)やマイキー(佐野万次郎)の名前もあがっています。

ダークホースとして、言動が怪しいからと日向のお父さん(=ナオトのお父さん)も候補になっています。

この中で最も怪しいのが「ナオト(橘直人)」という説があり、今回は、黒幕がナオトといわれる理由を考察していきます。

【東京卍リベンジャーズ】ナオトが怪しい理由

『東京リベンジャーズ』の黒幕がナオトと怪しまれている理由は、下記5つです。

●キサキの発言
●半間修二の発言
●ナオトがトリガー
●過去と未来を知る人物

それでは解説していきます。

キサキの発言

1つ目の理由はキサキの発言です。

黒幕最有力候補だったキサキから、第184話「Wind something up」で下記セリフが飛び出しました。

タケミチの「もう二度とオマエを未来に帰すワケにはいかねぇんだよ!!!」の言葉に対して、

「未来に帰す」…?だと…?
オマエ……まだ
オレがタイムリーパーだと思ってんのか?

そして、「オレは」と正体を言いかけたことで、トラックに追突されてしまいます。

タケミチの仮説では、キサキが黒幕であり、何かしらの理由があるから日向を殺害していると考えらえれてきました。

キサキはもう1人のタイムリーパーであり、タケミチが書き換えた未来をさらに書き換えている、と。

しかし、キサキ本人から自身はタイムリーパーではないと発言があったため、キサキの黒幕説は非常に可能性が低くなりました。

キサキは頭は良いですが、タイムリーパーでないなら、タケミチの行動を妨害できません。

「東京卍會」と「天竺」の争いで黒幕最有力候補だったキサキが死亡したことで、他のキャラクターが黒幕であると考えられています。

半間修二の発言

2つ目の理由は半間修二の発言です。

第32話「Rebuild」では、タケミチ、日向、ナオトの3人が現代で対面しました。この時の現代では、タケミチがタイムリープした直後も日向は生きていました。

ナオトの運転によりドライブすることになり、タケミチと日向は公園に2人きりになります。

公園でトイレに向かったタケミチはすれ違い様に半間と遭遇します。この時、半間の口から下記セリフが飛び出します。

あれ?車 乗ってねーじゃん
ダリィ
まと右手やっちまおうと思ったのになぁ

その後、駐車場で日向が乗る車に、アッくんが意図的に追突し、2人とも死んでしまいました。トイレに行っていたタケミチは日向の死を立ち会うという最悪の自体でした。

この時の半間の発言から、少なくとも半間とアッくんは、公園にタケミチと日向がいることは知っていることがわかります。

しかし、公園にタケミチと日向がいることは、運転したナオト以外は知る由がない情報でした。

ナオトしか知りえない情報を半間が知っていて、日向が死ぬ……つまり、ナオトが半間に情報提供をしたのではないかという考えるのが普通です。

第32話から、ナオトの黒幕説が一気に浮上しました。

ナオトがトリガー

3つ目の理由は、タケミチのタイムリープのトリガーである点です。

第194話が連載されている現在では、ナオトがなぜタイムリープのトリガーなのかという具体的な理由までは語られていません。

タケミチが最初のタイムリープで、小学生のナオトに未来を語ったことが原因といわれていますが、それだけだとちょっと説明としては弱いでしょう。

ナオトでなけれならない、何かしらの理由があるはずです。

一部では、握手でタイムリープできるのはタケミチだけなく、ナオトもできるのでは?という声もあります。

ナオトのタイムリープ説はあくまでも考察です。

しかし、仮にナオトがタイムリープできるのであれば、現代で表向きはタケミチと協力関係を築きつつ、自分の都合の良い未来にしたいと何度も書き換えている可能性はあります。

過去と未来を知る人物

4つ目の理由は、ナオトが過去と未来を知る唯一の人物だからです。

物語で過去と未来に一番精通しているのはナオトです。

タケミチはタイムリープして過去に戻ることはできますが、その結果、どんな未来になるのかという最も大切な点は現代に戻らないとわかりません。

そのため、タケミチは現代に戻っても、その現代の世界線を把握するのに一定の時間がかかります。

ナオトが黒幕といえる所以は、タケミチが書き換えた未来に対し、さらに、その未来(つまりは現代)で行動を起こせる唯一の人物となります。

もちろん、だからと言ってナオトが黒幕と断言はできませんが、かなり「怪しい」のは間違いありません。

【東京卍リベンジャーズ】ナオトは黒幕か考察

『東京リベンジャーズ』の黒幕がナオトなのか、考察していきます。

ナオトは黒幕ではない

ナオトは怪しいが、黒幕ではないとい考えもあります。

これは最もで、ナオトには実姉の日向を殺害する理由が一切ないからです。

未来では、理由なく日向が殺されてしまいますが、その犯人が弟のナオトでは動機がありません。

そもそも、ナオトがタケミチにタイムリープを明かしたのは、姉を救うためだったはずです。

そうすると姉を救うためにタケミチをタイムリープさせ、一方で現代では姉を殺害している……というかなりの矛盾を抱えることになります。

言動だけで考えれば、ナオトが最も怪しいですが、それだけで黒幕と断言するには動機が薄いです。

また、あえてナオトを怪し描き、読者をミスリードさせている可能性は非常に大きいです。

ナオトが黒幕か?

これまでの内容をまとめると。

ナオトは最も怪しいが、黒幕と呼べるほどの動機はない

となります。

ナオトはかなり怪しいですが、黒幕と断言できるほどの証拠も情報もないのが現状です。

第194話以降も話は展開していくため、ナオトがどのような行動していくのかは注視していきたいですね。

まとめ

今回は、

●【東京卍リベンジャーズ】黒幕はナオト?

●【東京卍リベンジャーズ】ナオトが怪しい理由

●【東京卍リベンジャーズ】ナオトは黒幕か考察

これらについてまとめました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう