大ヒット漫画・アニメ「幽遊白書」には、魔界編から躯が登場します。

 
作中では珍しく女性の妖怪であり、魔界での三大妖怪の一人です。

 
躯は魔界トップクラスの強いさを持つ一方で、読者や視聴者からは「飛影が好きなのか?」と疑問に思われることもあります。

 
一体、2人の関係はどのようなものなのでしょうか。恋愛ないし恋人と表現して良いのでしょうか。

 
今回は、幽遊白書に登場する躯と飛影について深掘りしていきます。

【幽遊白書】躯は飛影が好き?

幽遊白書では、登場する躯と飛影の関係について”怪しい”と感じる人は少なくありません。

 
ストーリーから考えていくと、躯が飛影に対して関心を抱いているシーンが多々見受けられるため、「躯は飛影が好き?」という疑問を抱く人もゼロではないようです。

 
最初の2人が出会ったのは、躯が自軍に飛影を加入させようとスカウトしたことがきっかけです。

 
幽助は父であり後継する必要がある雷禅の部下を指揮し、蔵馬は妖狐時代からの旧知の仲である黄泉に協力して魔界入りを果たしています。

 
その点、生まれも遅く特段魔界にコネのない飛影でしたが、躯が遣いを派遣して面会を希望しました。

 
魔界では三大妖怪といわれていましたが、あくまでも均衡を保つ意味のトライアングルであり、純粋な力では雷禅と躯の二大巨頭であり、その下に黄泉だと思います。

 
特に躯の軍は雑魚兵でもA級妖怪とわけがわからないほど強いにも関わらず、飛影をスカウトしており、相当腕を勝っていると解釈できます。

 
この段階ではまだ恋だの愛だの感情的な部分は出てきていません。

 
ただ飛影と出会ったことで躯は、

 
・なぜか服を脱いで全身を見せた
・なぜか自分の過去を全て語り飛影と共有した
・以前の軀からは考えられないくらい心が穏やかになった

 
という、半端ない強さのわりには、意外な描写が多いのも事実です。

 
躯の登場は魔界編からであり飛影との関係はそこまで深くないにも関わらず、です。

 
躯はもともと、幼い頃からA級妖怪だった飛影のことは知っており、さらには飛影が探していた氷泪石の持ち主でもありました。

 
もしかしたら、ずっと前から存在知っており、仙水との戦いでの妖気を感じ取り、改めて強さを実感してスカウトしたのかもしれません。

 
また、物語の後半では躯は幽助と飛影との絆に対して「少しうらやましい」と語っています。

 
これは戦友としてなのか、仲が良すぎるための嫉妬なのかは定かではないですが、このセリフをいうのは飛影と関係をさらに深めたいろと思っている証でしょう。

 
強さばかりに目がいってしまいますが、セリフや言動から結構アクティブであることがわかります。

【幽遊白書】躯が飛影へパンチした理由は?

作中では躯が飛影へパンチするシーンがあります。

 
これは躯が誕生日が近くなると感情が高ぶりうつ状態になり、ちょっとした刺激でも相手に暴力を振るうという習性があるからでした。

 
誕生日には大きな傷をつけるという"プレゼント"もあったそうです。

 
躯は父親の奴隷商人・痴皇により6歳まで玩具奴隷として人生を歩みましたが、7歳の時に自ら酸をかぶって興味の対象から外れていきました。

 
以降は妖怪を次々に殺すことで戦闘能力をあげていき、魔界での地位を確率していきます。

 
しかし、痴皇は躯の頭に復讐の禁止の催眠をかけていました。

 
躯が痴皇を殺そうとすると優しかった偽りの想い出が喚起されるようになっており、現実と記憶の乖離に躯が悩み、感情の起伏が激しくなっていくのです。

 
そんな時に飛影が躯の元を訪れ軽い挑発をしたところ、思いっきり腹をパンチされ、一撃で移動要塞の外まで吹っ飛ばされてしまうのでした。

 
ただ、その飛影の傷を見たい蔵馬は「痴話ゲンカか」とからかっており、外から見ても良い関係であることは間違いなさそうです。

【幽遊白書】躯と飛影の関係は?

躯と飛影の関係はどのようなものなのでしょうか。

 
人間関係を段階わけすると、

 
①恋人同士

②躯は飛影に恋愛感情、飛影はその気なし(戦闘力に惹かれている)

③飛影は躯に恋愛感情、躯はその気なし(戦闘力に惹かれている)

④お互いに戦闘力に惹かれている

 
となります。

 
ただ、明らかに異なるのは、①恋人同士でしょう。

 
これはかなり話が飛躍をしており、少なくとも作中では読み取ることはできません。

 
④お互いに戦闘力に惹かれているもストーリーを考えると可能性が低く、個人的には、

 
②躯は飛影に恋愛感情、飛影はその気なし(戦闘力に惹かれている)

 
でないかと推測します。

 
特に骸は早い段階から飛影に対して心を開いており、結構グイグイ系です。

 
恋愛感情まではないものの、結構な関心を抱いており、飛影-幽助の関係を羨ましいというあたり、飛影との仲を深めていきたいのではと推測できます。

 
一方、飛影も誕生日プレゼントを送っているあたり、他の人間よりかは特別視をしている様子です。

 
決め台詞に「ハッピーバースデー」とはなかなかのものです。

 
ただ、お互いに相手に愛されると経験がないため、関心を抱きつつも平行線の期間が長いのではと感じます。

 
作者の冨樫先生いわく、躯は「飛影に恋人ができるとしたら」と仮定して作り込んだキャラクターだそうで、そう考えると2人が親密にしていてもおかしくはありませんね。

 
これについては様々な意見があり、読者についても下記のようないろんな感想をお持ちのようです。

 
2人のシーンはかなり反響があり、実際に躯は登場が物語後半ながらも、人気キャラランキングで5位となっています。

まとめ

今回は、

 
●【幽遊白書】躯は飛影が好き?
 
●【幽遊白書】躯が飛影へパンチした理由は?<   ●【幽遊白書】躯と飛影の関係は?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう