ジェンダーレスモデルとして注目を浴びている中山咲月さん。

 
かっこいいクールなファッションで女性・男性と幅広い層から人気が出ています。

 
2018年10月からはドラマ「中学聖日記」にも出演しており、さらなるブレイクが予感されますね。

 
中山さんはモデルとして活躍もしており、水着画像はあるのか気になります。

 
その他にも、

 
・カップ数
・好きなタイプ
・憧れの存在
・恋愛対象
・メイク
・リップ
・ワックス

 
など、いわゆる「女性らしい部分」についても調べてみました!

 
 

中山咲月の水着・カップ数が知りたい!

水着と下着の画像はあるの?

それでは早速、中山さんの「水着」「下着」について調べてみることにしました。

 
デビュー当初はピチレモンというファッション誌でモデル活動をしており、過去分も遡ってみました。

 
残念なことにファッション誌などでの水着画像を見つけることができませんでした。

 
おそらくですが、そもそも水着のモデルにはなっていない可能性が高いです。

 
しかし、過去のSNSを遡ってみると、Twitterにプールに向かった画像がありました!

 

 
さらに!

 
公式のブログにもプールへ入ったことが記載されていますね。

 

そんでもって昨日は
プール行ってきました

焼けるのが嫌だったし...
ナイトプールもあまり行きたいと思わなかったし...

避けてきたプールでしたが

やっぱり水入ったら
プール好き...
ってなりました

むかーし昔水泳を習っていたのもあってか

まだ泳げた...良かった...

 
そして、その時の画像がこちらです!

 
中山咲月 水着画像①

 
中山咲月 水着画像②

 
画像を良く見と、上はパーカーのようなスタイルで、下はスパッツタイプですね。

 
それにしても足が細くて真っ白、非常に綺麗ですね。

 
ブログの本文を読んでみると、女性用の水着ではなく、男性用のようです。

 
中山さんはどうやら水着を持っておらず、弟のものを借りてプールに入ったとのことでした!

 

なんですか?

鯖食べたそう?
常に水着着てていつでも脱げます?
嬉しい
(伝われ)

まさか今年プールに行くと思わなかったから
水着持ってないので
弟の水着を借りて行きました

水で足が歪んでキモいです
己の手によって加工で歪ませるとか
そんな事はしてません。

私ズボンばっかり履くようになりましたけど
足も太らない用頑張っております
(よっ 見えない努力)

 
Instagramには投稿アップはなかったので、上記は貴重な水着画像ということになりますね。

 
また、下着画像はありませんでしたが、下着については本人がTwitterに下記の投稿をしています。

 

 
女性用のボクサーということでしょう。

 
現在は女性でもボクサーパンツを履くことが多く、需要が高いですからね。

 
運動をするにも最適ですし、締め付けもないことも要因です。

 
ネット上では検索すると下記のようなイメージ画像が出てきました。

 
中山さんもこのようなボクサースタイルだと予想されますね。

 
ユニクロのをお持ちのようです。

 

 
女性用ボクサーパンツ画像①

 
女性用ボクサーパンツ画像②

 
女性用ボクサーパンツ画像③

 
女性用ボクサーパンツ画像④

 

カップ数はいくつ?

続いて、中山さんのカップ数についても調べてみることにしました。

 
それでは早速、下記の画像をご覧になってください。

 

 
かなり男前の画像ですね。

 
黒いタンクトップで体にある程度フィットしている感じがありますね。

 
しかし、黒だと引き締まって見える効果もあるため、カップ数までは判別できません。

 
よく探してみると下記のような白のタンクトップ画像もありました。

 

 
これらを見ると中山さんのカップ数もだいたい想定できます。

 
中山さんはスリーサイズは公表されており、B71/W61.5/H87でした。

 
H87は意外な大きさですね、

 
ネット上の噂にもありますが、Bカップではないでしょうか。

 
身長は164㎝で体重はおそらく45〜48㎏だと思います。

 
そう考えるとかなりスラッとした体型ですね。

 
少し余談にはなりますが、昔から身長は欲しかったみたいですね。

 
小魚を食べ、牛乳をよく飲んでいたみたいです。

 
ジェンダーレスモデルとしては男前の雰囲気もプラスに働きますので、身長は高いほうが良いですしね。

 

中山咲月の好きなタイプは?

憧れの存在は誰?

ジェンダーレスとは男女の差がない、境界がない・なくそう、という考えです。

 
中山さんはジェンダーレスモデルとして活動の幅を広げていますが、憧れの存在はいるのでしょうか。

 
色々と調べていくと、どうやら中山さんは韓国モデルのカイトさんに憧れているようです。

 
カイトさんも一見男性に見えるファッション・容姿ですが、韓国でジェンダーレスモデルとして活動をされています。

 
中山さんはピチレモン時代から周囲のモデルに「イケメン」と言われていたようです。

 
本人もイケメンと言われることは嬉しかったと話していますね。

 
「私にとってイケメンは1番の褒め言葉です。これからもイケメン目指して頑張ります!」

 
そして、徐々に女の子らしく、可愛らしい格好をすることに違和感を感じ始めたようです。

 
そんな時に出会ったのが、韓国モデルのカイトさんでした。

 
「女の子が男性の服を着てもいいんじゃないかというスタンスが好き!!韓国のブランドモデルさんが中性的だったので自分もこうなりたいと思いました」

 
と、かなり好意的なコメントをしています。

 
カイトさんのファッションも黒を基調にした男前な格好であり、中山さんの現在の姿にそっくりですね。

 

 
中山さんがリスペクトして参考にしているのでしょう。

 

恋愛対象のタイプ

中山さんはジェンダーレスでモデルであるため、恋愛対象はどちらかが気になりますね。

 
性別は女性ですが、「実は男の子なの?」という声も上がっていますね。

 
恋愛対象については現時点では不明ですが、過去に下記のようなツイートをしています。

 

 
あまり興味がないというのが本音ではないでしょうか。

 
また、恋愛に対しては「愛があればどっちでも」という男性でも女性でも恋愛対象になり得ることを発言しています。

 
実際、中山さんの写真や画像を振り返ってみると、女性とのツーショットも多いです。

 
それもかなりお似合いですからね。

 
本当のところは本人しかわかりません。

 

View this post on Instagram

19歳。 #制服ディズニー 隣のウィッグ中山がアレンジした←

中山咲月さん(@nakayama_satsuki)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

池袋 ザ・フーパーズさんのリリイベ...!! カッコよかったです👍

中山咲月さん(@nakayama_satsuki)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

大江戸温泉 通いたい 癒し

中山咲月さん(@nakayama_satsuki)がシェアした投稿 -

 

中山咲月はメイクをどうしている?

メイク方法が知りたい

中山さんはジェンダーレスモデルとして男前メイクを披露愛しています。

 
かなりカッコイイですし、バッチリ決まっていますね。

 
白い肌で、目元にもメイクを施していますね。

 
カラコンもして目の色も変えています。

 

View this post on Instagram

ランドールボッグス風メイク linelive終了しました👍

中山咲月さん(@nakayama_satsuki)がシェアした投稿 -

 
中山さんのブログを見ると、メイク道具をアップされていましたね。

 
基本の道具は全部で7つ。

 
ブランドまで記載されており、これで真似したい人はトライできますよ。

 

 

1→『クッションファンデ』TONYMOLY グリーンベース 韓国購入
2→『コンシーラー』THE FACE SHOP 韓国購入
3→『アイシャドウ』KATE 1番左のみ使用
4→『アイシャドウ』KATE 左から2番のみ使用
5→『アイライン』KATE 黒
6→『アイブロウ』ETUDE HOUSE 韓国購入
7→『ジェルライン』IT'S SKIN 黒

〜(中略)〜

薄いものから濃いものまで
とりあえず基本となるものは全部コレでやってます

基本的にはアイラインの太さを変えたり
アイシャドウの濃さを変えたり
下の粘膜を埋めるか埋めないか
下まで黒くして囲みメイクをしないか

 
中山さんのブログを見ると、「まつげ毛はノータッチ」「アイライン長めに引いて横に長く見せる」とありますね。

 
さらには、二重や鼻がコンプレックスであることも記載しています。

 
かなり美形であるため意外なことですが、コンプレックスもあるのですね。

 
しかしながら、画像を見るとかなり綺麗であることは一目瞭然です。

 

リップ・ワックスは何を使っている?

気になるリップとワックスですが、現時点では公表されていませんでした。

 
髪型の変化はあまりなく、画像を見る限り髪はナチュラルにしており、ワックスは使用していないかもしれませんね。

 
中山さんには「ビアンなの?」という声があり、そちらについても調査をしてみました。

 

 
 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 
 

Twitterでフォローしよう