なつぞらで川谷幸一役の俳優は岡部たかし?足が悪い男性の経歴プロフィールについて

2019年の朝ドラこと、連続ドラマ小説の「なつぞら」。

6月17日放送の第67話では、なつと咲太郎が妹・千遥がいるはずの住所へ向かいました。

そこで登場したのが、川谷幸一という男性です。

川谷幸一を演じている俳優が気になりますね。

今回は、朝ドラ「なつぞら」で川谷幸一役の俳優の経歴・プロフィールについて記載していきます。

朝ドラ「なつぞら」川谷幸一役の俳優は誰?

朝ドラ「なつぞら」川谷幸一役の俳優は、岡部たかしさんです。

実は、川谷幸一役の俳優さんについては、放送前の段階ではまだ公表されていませんでした。

しかし、「なつぞら」の6月17日(月)放送の第67話の出演者予告には、下記の文章がありました。

なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)は、12年前に生き別れた妹・千遥がいるはずの住所を尋ねる。
不意にその部屋から出てきた若い女性の姿になつは・・・

【作】大森寿美男,
【出演】広瀬すず,岡田将生,工藤阿須加,岡部たかし,池間夏海,山口智子
【語り】内村光良,
【音楽】橋本由加利

これまでに登場をしていない役者は、

・岡部たかし
・池間夏海

この2人になります。

しかし、池間夏海さんは女性であるため、必然的に川谷幸一=岡部たかしさん、この可能性が非常に高いという予想があがっていました。

川谷幸一は、なつの母のいとこ(=おばさん)・川谷としの旦那さんになります。

松葉杖をしていたのは、戦争で片足を怪我してしまったためです。

作中では、千葉の船橋にある「栄春荘」というアパートで暮らしていました。

朝ドラ「なつぞら」川谷幸一役の俳優の経歴プロフィール

朝ドラ「なつぞら」川谷幸一役の俳優は岡部たかしです。

岡部さんは、なつぞらで2回目朝ドラ出演になりました。

以下、岡部さんのプロフィールを記載していきます。

(写真はこちら。左の俳優です。)

名前岡部 たかし
よみかたおかべ たかし
性別男性
出身和歌山県
生年月日1972年6月22日
職業俳優、ナレーター
事務所クリオネ

劇団東京乾電池出身。劇団退団後、山内ケンジさんプロデュースの「城山羊の会」など、数多くのプロデュース公演に出演を果たします。

自身でも演劇ユニット「切実」を立ち上げており、演出も担当されているなど、マルチな活躍をされています。

芸能界に入られる前は一般企業のサラリーマンとして、測量の現場監督の仕事をされていたそうです。

しかし、その仕事は好きでななく、現実逃避の意味もあり、芸能界を目指されたようです。

芸能界に入るため、最初は同じ和歌山県出身の大俳優、小林稔侍さんへ「かばん持ちやります」という手紙を送ったこともあったそうです。

その後、1997年の24歳の時に上京。

劇団「東京乾電池」のオーディションを受けると、見事に合格を果たします。

以降は同劇団の舞台やプロデュース業を担い、2000年に退団されます。

2002年には自身がプロデュースをした「ジャッキー・ホイの小豆脳TV」公演を開催、2003年にはユニット「午後の男優室」(村松利史さん、岩谷健司さん、岡部さんの3人)を結成し活動します。

2006~2016年には、CMディレクター山内ケンジさんのプロデュース公演「城山羊の会」に全公演出演.

発足当初は、劇団員でビラ配りなどもされていたそうです。

当時の心境については、

腰が砕けそうになったというのが、強烈な思い出ですね(笑)。

あれはいったい、何枚折り込んだんだろう。

日が暮れて「もう帰ってください」

と言われるまでやっても終わらなかった(笑)。

このように語っておられます。

2017年1月には、電子書籍サービス「Renta」のCM出演で話題になりました。

岡部さんは麻生久美子さんの上司役を演じられているのですが、その役は嫌味ったらしく、反響が大きかったそうです。

麻生さん演じる部下OLに対して、

「漫画いいよな~」
「でも、仕事にメリットのある本読んでおかないと・・・」

と、女性かたはイラっとするようなセリフをはいていました。

もちろん、岡部さんの人柄とは無関係ですが、役としては多くの人の印象に残っていると思われます。

朝ドラ「なつぞら」川谷幸一役の俳優の出演作

岡部さんは2010年以降、テレビドラマへの出演も非常に多く、2017年からの出演番組をピックアップしただけでも下記になります。

岡部たかし 近年出演のテレビドラマ
【2017年】
・フジテレビ「大貧乏」
・フジテレビ「きみはペット」
・関西テレビ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」
・NHK 連続テレビ小説「ひよっこ」
・NHK「眩〜北斎の娘〜」(2017年)
・テレビ朝日「BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ」
・NTV「奥様は、取り扱い注意」2話

【2018年】
・TBS「都庁爆破!」
・フジテレビ「直撃!シンソウ坂上」 緊急ドラマ!オウム終わらせた男
・フジテレビ「絶対零度 (テレビドラマ)」
・テレビ朝日「dele」

【2019年】
・テレビ朝日「松本清張ドラマスペシャル 疑惑」
・TBS 「わたし、定時で帰ります。」
・NTV「俺のスカート、どこ行った?」 第4話
・NHK 土曜ドラマ「デジタル・タトゥー」 第3回

出演した作品でも、主な代表作は下記3つではないでしょうか。

・真田丸 ・ひよっこ ・わたし定時で帰ります。

真田丸

「真田丸」は2016年1月10日から同年12月18日まで放送されたNHK大河ドラマ。

岡部さんは武将の大井政吉を演じていました。

「真田丸」には、なつのおじいちゃん役で草刈正雄さんも出演をしています。

「なつぞら」では直接的な共演ではありませんが、共に真田丸に出演をされており、ネット上では"真田組"として期待されています。

ひよっこ

「ひよっこ」は、2017年度上半期放送のNHK「連続テレビ小説」。

岡部さんは、向島電機へ機械を引き取りに来た運送業者でリーダーの役を演じていました。

最初はたてこもる行員に困惑する姿を見せるも、最後が良い人柄全開で、仕事に取り組まれていました。

わたし、定時で帰ります。

「わたし、定時で帰ります。」は、TBSテレビ「火曜ドラマ」にて吉高由里子さん主演のテレビドラマ。

岡部たかしさんは、吉高さん演じる東山結衣が働いているネットヒーローズ株式会社の丸杉常務役で出演していました。

丸杉常務は東山結衣のチームに無理な案件を押し付けるなど、ちょっと嫌な役での出演でしたね。

もう一つ気になる点は、なつ(広瀬すず)の妹・千遥役の女優でしょう。

幼少期で登場して以来、行方不明になっていますが、今後の出番がありそうですね。

なつ(広瀬すず)の妹・千遥役の女優さんについて詳しく知りたい人はこちら。

まとめ

今回は、

●朝ドラ「なつぞら」川谷とし役(なつ母親のいとこ)の女優は誰?

●朝ドラ「なつぞら」川谷幸一役の俳優の経歴プロフィール

●朝ドラ「なつぞら」川谷幸一役の俳優の出演作

これらについてまとめました。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう