漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」には高校生ながら190cmを優に超えるセンターが多数登場します。

 
神奈川県予選を突破した後に登場した山王工業の河田雅史、名朋工業の森重寛はその代表格でしょう。

 
もし2人が試合でマッチアップした場合、どちらに軍配があがるのでしょうか。

 
今回はスラムダンクの河田雅史と森重寛の上手さについて比較、考察をしていきます。

スラムダンクの河田雅史の上手さは?

スラムダンクに登場する河田雅史は、作中で試合をした選手で「最強」と表現しても過言ではない存在です。

 
インターハイでの湘北戦では全日本の杉山から
 
 

「河田が今大学に入ったら、センターでベスト3に入る」

 
と評価されています。

 
高校を卒業していない選手が大学のトップ3に入る評価を得るのは尋常ではありません。

 
通常、ガードやフォワードに比べてセンターはスピードよりフィジカル面が重視されるため、高校生と大学生では雲泥の差が出てしまいます。

 
この評価で河田の凄さが物語られています。

 
試合には敗れたものの、インターハイでは神奈川県No.1センターである湘北・赤木剛憲をあっけなく蹴散らしています。

 
赤木も、

 

「神奈川の猛者どもが子供に見える程に・・・河田雅史は住む世界が違う・・・・!!」

 
と半ば絶望を感じさせるセリフを吐き出していました。

 
河田は身長194cmと作中のセンター陣に比べると決して背が高いわけではありません。

 
赤木と花形透(翔陽)は197cm、魚住純(陵南)は202cmであり、赤木を圧倒していますが上背は低いです。

 
しかし、河田はそれを補うことができる「」の持ち主であり、具体的な描写ありませんが、ジャンプ力も相当なものでしょう。

 
さらに、河田は高校1年時は身長165cmでガードとしてプレーし、身長が伸びるにつれてポジションを変更していった点も他のセンターとは異なります。

 
3Pシュートも難なく打つなど平面の動きもフォワード同等の技量を持っており、パワーとテクニックを高いレベルで兼ね備えた選手です。

 
他にも赤木の攻めのパターンを瞬時に判断したり、桜木花道を前にして「飛ばせないことが先決、ボールを取るのは後でいい」と分析するあたり、バスケIQも相当高いです。

 
作中では最も弱点がない選手の一人であり、明らかなミスをしている描写もありませんでした。

スラムダンクの森重寛の上手さは?

河田に対抗できる存在としてよくあげられるのが、森重寛です。

 
森重は愛知県1位でインターハイに出場した名朋工業に所属するセンターです。

 
高校1年生ながら199cm・100kg、という恵まれた体格を存分にいかし、コート上で相手を蹴散らすほどのパワーを持っています。

 
愛知県大会決勝では、愛和学院の選手たちのディフェンスを前にして臆することなくダンクをかまし、コート上で吹っ飛ばしていました。

 
吹っ飛ばすというのは森重のダンクを止めにディフェンスに入った選手たちが、そのパワーに押されてしまったということです。

 
バスケットボールには戦略的な面で「ファールで相手を止める」ということをする場合もありますが、それすらもさせない森重のパワーは圧倒的です。

 
桜木花道が廊下ですれ違い様に肩をぶつけた際も、森重は「すまん」というだけであり、逆に桜木がその場に倒されて尻餅をついていました。

 
森重がバスケットを始めたのは中学2年からであり、逸材という言葉は彼にもあてはまるかもしれません。

 
インターハイでも初戦に静岡の常誠高校に102-56で勝利するなど、実力は全国レベルであることは明らかです。

 
名朋工業の監督も

 

「王朝を倒すためには・・・」

 
と語っており、森重の実力にはかなりの自信を持っている様子でした。

スラムダンクの河田雅史と森重寛はどっちが上手いか考察

スラムダンクに登場する河田雅史と森重寛。

 
2人は果たしてどちらが上手いのでしょうか。

 
結論からいうと、

 
森重寛も全国トップクラスだけど、直接対決では河田雅史が圧勝

 
だと思います。

 
以下、詳細を記載していきます。

河田雅史が優れている点

森重を前にしても河田は問題なくマッチアップしていくでしょう。

 
河田のバスケIQであればそんな森重の弱点もすぐに見つけると思います。

 
森重はバスケ歴が浅いため、ゴール下のパワーは脅威ですが、インサイドから引きずり出せばそこまで脅威とはなりません。

 
河田のスピードとテクニックでディフェンスをすれば、ポストプレーをさせないようにうまく回り込むと思われます。

 
桜木が河田美紀男(弟)を圧倒したように、身長差以外での武器で河田に大きく分があることは明らかです。

 
河田がオフェンスになると力の差はより顕著に現れるでしょう。

 
森重は、ガードとフォワードでキャリの大半を過ごしている河田の平面の動きについていくことはできず、1on1で勝てる要素はありません。

 
外に釣りだして1on1をしながら5ファールを狙うということも可能です。

 
河田の武器は「強力なインサイドプレイ」「鋼のような肉体」という圧倒的な強さに加え、相手に合わせて戦い方を変えることができる柔軟な面が非常に魅力的です。

 
大学に入ったら3〜5番と幅広いポジションで起用されていくでしょう。

森重寛が優れている点

森重が優れている点は、とにかくパワーがあるということです。

 
日本人の高校1年生で199cm・100kgは十分すぎる体格であり、全国で対抗できる存在はほぼいないでしょう。

 
愛知県大会決勝で愛和学院の選手3人を蹴散らすのは並大抵の強さではないとわかります。

 
(愛和学院は愛知2位で全国へ出場して3回戦で湘北を打ち負かしています)

 
純粋な力だけなら河田以上かもしれず、全国でもトップクラスのセンターであることは間違いありません。

 
しかし、森重寛が河田より優れている点はパワーだけであり、マッチアップした場合はあまり活躍はできないと思います。

 
もちろんバスケの試合のため少しの得点は入れられると思いますが、思うようにプレーさせられず、フラストレーションが溜まりファールするという展開になる可能性もあります。

 
ただ、森重はまだ高校1年生でバスケ経験も浅いことから、伸びしろは十分にあります。

 
身長も日本人離れしており、3年時のインターハイでは敵なしの存在になっているに違いないでしょう。

まとめ

今回は、

 
●スラムダンクの河田雅史の上手さは?
 
●スラムダンクの森重寛の上手さは?
 
●スラムダンクの河田雅史と森重寛はどっちが上手いか考察

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう