『東京リベンジャーズ』最初のタイムリープを解説します。

最初のタイムリープでは、タケミチとナオトは握手していません。矛盾とトリガーについても考察しました。

【東京リベンジャーズ】最初のタイムリープとは?

『東京リベンジャーズ』のタケミチの最初のタイムリープについて説明します。

最初のタイムリープ

タケミチの最初のタイムリープは、第1話「Reborn」で描かれていました。

2017年7月4日、駅のホームで電車を待っていたタケミチは、何もかに突き落とされてしまいます。

『東京卍リベンジャーズ 』1巻より

 

『東京卍リベンジャーズ 』1巻より

 

線路に落とされたタケミチは、迫り来る電車を前に驚きます。

そして、同時に過去の出来事が走馬灯のように脳内を駆け巡ります。

その瞬間、なぜかタケミチはヒナ(橘日向)のことを思い出していました。

"死ぬ"と思った瞬間
思い出したのは親でも友達でもなく
橘ヒナタだった

今思えば中学2年生が全盛期
唯一オレに彼女がいた時代
これは走馬灯か?

ヒナとも思い出が脳内を駆け巡った後、タケミチはハッと目を覚まし、12年前の2005年7月4日、中学生時代に戻っていました。

タケミチは、マコト、アッくん、山岸、タクヤと一緒に渋谷駅に着く電車内にいたのです。

書き変わった現代

最初のタイムリープで過去に戻ったタケミチは、小学生のナオトと握手をしたことで、現代に戻ってきます。

そして、戻った現代では死んだはずのナオトが生きていて、線路に落ちたタケミチをギリギリで助け出していました。

最初のタイムリープでタケミチが小学生のナオトに、「2017年7月1日にヒナとナオトが死ぬこと」を伝えたことで、未来が変わってしまったのです。

12年後の7月1日
オマエの姉ちゃんは死ぬ
その時 オマエも一緒に死ぬんだ

"2017年7月1日"
この日を覚えておけナオト!!
そんで姉ちゃんを守ってくれ!!

小学生ながらナオトはその言葉を信じ、あらゆる手を尽くしてヒナの死を阻止しようと試みました。

ナオトはそのために刑事にまでなりましたが、結果的にヒナを助けることはできませんでした。

ナオトはタケミチに、タイムリープを駆使して「ヒナが生きている未来」に書き換えようと提案します。

タケミチにとってもヒナは大切な存在であり、断る理由はありません。

タイムリープできるタケミチ、全容を知るヒナの弟・ナオトが手を組み、ヒナの死を阻止するミッションがスタートします。

2回目以降のタイムリープ

ミッションをスタートさせる前に、ナオトはタケミチにタイムリープについて説明します。

タケミチのタイムリープは、

・"12年前の今日"にしか行けない
・ナオトと握手をすることがトリガーであること

という条件がありました。

現代から過去、過去から現代それぞれにおいても「ナオトとの握手」がトリガーです。

つまり、どちらかの世界でナオトが死亡してしまった場合は、タケミチはタイムリープすることができません。

これはこの時点でのナオトの分析でしたが、以降の物語でも破綻しておらず、間違いない条件といえるでしょう。

【東京リベンジャーズ】最初のタイムリープの矛盾

『東京リベンジャーズ』の最初のタイムリープには、いくつかの矛盾点が存在しています。

矛盾点とは、

・ナオトと握手していない
・タケミチが狙われた理由

この2つです。

それぞれを解説していきます。

ナオトと握手していない

タケミチの最初のタイムリープでは、電車を目の前にした後に勝手に過去にタイムリープしています。

走馬灯のように記憶が巡り、気づいたら中学生時代に戻っていました。

先ほど、タケミチのタイムリープの条件は「ナオトと握手」と説明しましたが、最初のタイムリープだけはナオトと握手をしていません。

これは『東京リベンジャーズ』の最大の謎であり、矛盾点でもあります。

1つ考えられるのは、本人は気づいていなかったが、タケミチは1人でタイムできる能力があったという設定です。

しかし、最初のタイムリープで現代のことをナオトに話したことで、結果的にナオトも能力の一部になってしまったという可能性は考えられます。

ナオトはタケミチに対して、

トリガーはボクとの"握手"です
恐らく君に助けられたボクは
君の能力の"一部"なのかもしれません

と語っています。

タケミチの最初のタイムリープの謎については、まだ判明していません。

というより、タイムリープそのものが、『東京リベンジャーズ』の伏線である可能性が高く、最終回まで全容は明かされないと思われます。

タケミチが狙われた理由

2つ目の矛盾点は、タケミチが電車のホームから線路に落とされた理由です。

これはタケミチが書き換えた最初の現代で、アッくんが実行犯、命令をした主犯はキサキだと判明しました。

ただ、この時はタケミチがタイムリープして未来を書き換えた影響の可能性が高く、どの世界でもアッくんがタケミチを突き落としたとは考えにくいです。

第1話で描かれた最初の世界では、タケミチは中学生以来ヒナと出会っておらず、かなり冴えない生活をしています。

フリーター・童貞の26歳、家賃も滞納しているという男であり、言ってしまえば、タケミチを殺してメリットのある人間はい無いのではないでしょうか。

東京卍會の幹部となったキサキが、ヒナにフラれた腹いせにヒナを殺し、かつての恋人のタケミチを殺したという説も考えられなくないです。

しかし、この時タケミチはヒナとは中学時代で別れていて、以降は会っていません。そんな相手をキサキが殺しても何になるのか……と思ってしまいます。

【東京リベンジャーズ】最初のタイムリープのトリガーは誰?

上記で説明した通り、タケミチの最初のタイムリープに関しては、ナオトと握手していません。

ここから考えられるのは、

・タケミチは元々、ナオトと握手をしなくてもタイムリープできた
・タケミチはその能力に気づいていなかった
・過去でナオトに未来を語ったことで、ナオトがトリガーとなった

という順番でしょう。

もし、「過去でナオトに未来を語ったことで、ナオトがトリガーとなった」のであれば、タケミチのタイムリープにより命を救われた人は、何かしらの影響を世の中に及ぼすのでしょうか。

極端な話ですが、もし目的通りヒナの命が助かったとすれば、ヒナもタイムリープのトリガーになり得る可能性もゼロではありません。

まとめ

『東京リベンジャーズ』は連載中の漫画のため、タイムリープについての全容は明かされていません。

タイムリープは物語の設定なのか、それとも大きな伏線となっているのか、これからの展開に期待したいと思います。

今回は、

●【東京リベンジャーズ】最初のタイムリープとは?

●【東京リベンジャーズ】最初のタイムリープの矛盾

●【東京リベンジャーズ】最初のタイムリープのトリガーは誰?

これらについてまとめました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう