漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」では、スリーポイントシューターとして海南大付属の神宗一郎が登場します。

 
かなり高確率でシュートを決めており、神奈川県大会(インターハイ予選)では最多得点に輝いているシューターです。

 
非常に優れた選手であり、今回は神のシュート精度について深掘りしていきます。

 
そして、同じスリーポイントシューターである湘北の三井寿とどちらが上になのか、2人の実力についても比較していきます。

スラムダンクの神宗一郎はシュートが下手だった?

スラムダンクに登場する神宗一郎は、作中でトップクラスのスリーポイントシューターです。

 
身長189cm、体重71kgと細身の体格であり身体能力も海南では目立つ選手ではないですが、人一倍の努力でシューターとしての地位を築きました。

 
海南に入学直後はセンターでしたが、練習では牧紳一、高砂一馬にふっとばされ続けたことで高頭監督から「センターは到底無理」と失格の烙印を押されてしまいました。

 
作中でも、

 

特に足が早い訳でもない

ジャンプ力もふつう

運動能力という点では

牧や今年の清田などとは比べものにならなかった

 
と描かれています。

 
しかし、神はそこで諦めることなく、毎日500本のアウトサイドシュート欠かさず行い、海南を象徴する選手の一人になりました。

 
高頭は神のことを

 

黙々とアウトサイドシュートの練習をする神を見て

神が何も持たない選手ではないことに私は気づいた

 
あいつは内に秘めた闘志と・・・きれいなシュートフォームを持っていた

 
と評価しています。

 
もともとはセンターであったためスリーポイントシュートはもちろん、アウトサイド全般のシュートは下手だったでしょう。

 
しかし、飽くなき反復練習を繰り返し、県内屈指のシューターへと変貌を遂げています。

 
牧のペネトレイトでインサイドにディフェンスが集中したところを、神のアウトサイドで攻めるというパターンは海南の強力な武器になっています。

 
神はスリーポイントシュートの技術はもちろん、的確なパスや

神宗一郎が外したシュートは1本だけ?

神は自らのいうように、「一度入りだすと止まらなくなるタイプ」のシューターです。

 
作中では湘北戦では途中でベンチに下がりながら22得点を決めています。

 
さらにはインターハイ予選にあたる神奈川県大会では、1試合平均30.3得点を決めており得点王に輝いき、ベスト5に選出されています。

 
作中では神がシュートを外したシーンはたった1つしかなく、それは湘北戦で桜木花道にブロックショットをされた場面でした。

 
これはシュートを打った瞬間に桜木はボールをブロックしており、神がきちんとボールを放った場合は1本も外していないことになります。

 
もちろん、NBA選手で平均35%、高い選手でも40〜45%ということを考えれば神も試合で多くのスリーポイントシュートを外していると思います。

 
ただ、外したシーンを描かないということは、それほど作者の井上先生が神のスリーポイントシュートの威力を読者に植え付けたかったのでしょう。

神宗一郎のモデルはNBA伝説のシューター

神のモデルになった選手は、元NBA選手のレジー・ミラーといわれています。

 
レジー・ミラーは1987年にNBAドラフト1順目11位でインディアナ・ペイサーズに指名され、以降2004-05シーズンまでずっとペイサーズに所属しています。

 
持ち味はスリーポイントシュートであり、

 
・通算3ポイントシュート試投数:2位(6,486本)
・通算3ポイントシュート成功数:2位(2,560本)
・通算得点:14位(25,279得点)
・通算プレイ時間:6位(47,619分)
・プレイオフ通算3ポイントシュート成功数:2位(320本)

 
という、NBAの中でもレジェンドとよばれるほどの記録を残しています。

 
背番号31はペイサーズの永久欠番であり、2012年にはNBA殿堂入りを果たしています。

 
レジー・ミラーは201cm、88.5kgとNBAでは細身の体格であり、シュート面以外でも、この体格も似せていると思います。

 
スラムダンクの連載開始が1990年、レジー・ミラーがNBAでプレーを始めたのが1988-89シーズンからであり、時系列的にもピッタリでしょう。

スラムダンクの神宗一郎は三井寿とどっちが上手い?

スラムダンクに登場するスリーポイントシューターでは神だけでなく、湘北の三井寿もかなり実力者です。

 
2人はポジションが正確には神がSF、三井がSGと若干異なりますが、アウトサイドの選手をマークするという点では同じです。

 
実力を比較した際、どちらが上になのでしょうか。

神宗一郎が優れている点

まずは、神が三井より優れている点から記載していきます。

 
・シュート成功率
・プレイにムラが少ない
・1試合を走れる体力
・高さ(神189cm、三井184cm)ある

 
と、これらになるでしょう。

 
スリーポイントも含めたシュートについてこれまで説明した通りです。

 
作中では外している描写がなく、それほど重要な場面で決めきれる選手なのでしょう。

 
たまに、神のシュート確率は100%であることから、"シュートを100%入る能力がある"と考える人がいますが、それが違います。

 
高校生のスリーポイントの確率40%前後であり、神はそこよりも少し高いくらいでしょう。

 
海南のスタメンになるほどのため、1試合走りきる体力は備わっており、最終巻後の物語「あれから10日後」では朝から夕方までずっと走っていました。

 
弱点ももちろんあり、1対1など自らカットインをして抜き去ることはそこまで得意ではなさそうです。

 
1シーンだけでしたが、桜木にブロックショットをされる際は途中で追いつかれてしまっています。

三井寿が優れている点

一方で、湘北の三井が神より優れている点は、

 
・カットインなどドリブル系のプレイもできる
・複数ポジションでもプレイ可能
・ディフェンス能力が高い

 
という点でしょう。

 
三井が神より優れている点は、バスケットに対して非常にオールラウンドにプレイできるところです。

 
2年間のブランクがあるためプレーにはムラがありますが、それでもブランクがありながらインターハイ含めて大活躍をしています。

 
スリーポイントシュートの上手さはもちろんですが、山王戦ではカットインで一ノ倉を振り切り赤木へアシストしたり、シューティングガードとしてゲームを組み立てることも行なっており、多彩な選手なのでしょう。

 
チームメイトで同じバックコートでプレイする宮城リョータからも、

 

3点だけじゃねーんだあの人は

 
といわれています。

 
さらに、赤木剛憲からも、

 

やはりバスケセンス抜群

 
といわれており、非常にクレバーな選手です。

 
練習とはいえ流川の1om1のディフェンスをきちんと止めるなど総合力が高く、陵南戦ではパワーフォワードのフクちゃん相手になんとかディフェンスも行なっていました。

 
元の能力が高いため、ガード・フォワードであれば一定のレベルで行うことができる選手です。

 
ただ、唯一の難点は1試合を通して戦える体力がないことです。

 
これは2年間のブランクがゆえ、やむ得ないことかもしれませんが、監督からすれば1試合を走りきれない選手が計算しにくいでしょう。

【結論】

では、神と三井はどちらが上なのか。

 
結論は、

 
・スリーポイントシューターとしては神が上

・それ以外の総合力は三井が上

 
となります。

 
神の成功確率や牧とのコンビネーションは非常に魅力であり、シューターとして重宝したいですね。

 
一方、三井は少しムラっ気はありますが、何よりバスケに対する総合力が非常に高いため、1on1では神に圧勝するのではないでしょうか。

 
個人的には三井は「体力がない」「ブランクがある」という面で劣ってはいますが、むしろ、ブランクがあっても技術面では全国でも十分に通用しており、根本的な能力が非常に高いです。

 
もし自分が監督で、作中だけの描写でどちらかを決めるのあれば神をセレクトします。

 
能力は少し三井より劣っていますが、1試合を走りきれる体力があるため、最低限の計算ができるからです。

 
ただ、インターハイが終わり冬のウインターカップがあるなら体力が戻っている三井をメンバーに加えますね。

まとめ

今回は、

 
●スラムダンクの神宗一郎はシュートが下手?
 
●スラムダンクの神宗一郎は三井寿とどっちが上手い?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう