アグネスチャンの学歴と出身大学はどこ?子供をスタンフォードに入れた勉強方法は?

かつては日本のアイドルとして活躍していたアグネス・チャンさん。

大晦日の恒例番組、紅白歌合戦にも出場を果たしていましたね!

現在は活動の幅を広げてユニセフ・アジア親善大使に就任するなど、歌手の領域を超えて国際的な社会奉仕や貧困問題の解決への活動を行っています。

ご年齢は62歳ではありますが、現在は3人の息子がいる母親でもあり、非常に多忙な時を過ごしているのではないでしょうか。

アグネスさんの3人の息子は全員がスタンフォード大学という超が付くほどの高学歴です。

世界的に見ても三兄弟全員がスタンフォード大学というのは非常に珍しいことではないでしょうか。

今回はアグネスさんの学歴や出身大学を調べるとともに、スタフォード大学に入学させた勉強方法も調査してみました!

アグネス・チャンのプロフィールと経歴

歌手活動でデビュー

まずは、アグネスさんのプロフィールをチェックしてみましょう!

プロフィール
・生年月日:1955年8月20日
・年齢:62歳
・出身:イギリス
・職業:歌手、タレント、エッセイスト、教育学博士
・大学:トロント大学、スタンドフォード大学院

アグネスさんが日本で歌手デビューをしたのが、1972年「ひなげしの花」。

少したどたどしい日本語で歌う様子が多くの反響を呼び、一躍アイドルの仲間入りを果たします。

年齢はわずか17歳でそた。

その後も「草原の輝き」、「小さな恋の物語」、「星に願いを」、「ポケットいっぱいの秘密」、「愛の迷い子」、「恋人たちの午後」「白いくつ下は似合わない」など多くの歌を世の中に出していきました。

1973年には日本レコード大賞新人賞に輝き、同年から3年連続で紅白歌合戦に出場も果たしています。

1974年はブロマイドの売上成績が1位に輝くなど若くして日本で大活躍を果たしています。

同年には国際的な活動・教育方針で有名な上智大学国際学に入学を果たし、まさに人気アイドルながら学歴もあるという当時では大変珍しい文武両道の芸能人の一人でした。

学歴と出身大学

アグネスさんの学歴をみると非常に高学歴であることがわかります。

1974年に上智大学に進学後、1976年には芸能活動を休止してトロント大学(カナダ)に入学をし、無事に1978年に卒業も果たしています。

海外の大学は入学よりも卒業が難しいため、しっかりと学のあるお方なんだなと感じました。

トロント大学の卒業後は芸能界に復帰を果たしますが、徐々にアイドルよりも社会性を帯びた活動に力を注がれていきます。

1984年に国際青年年記念平和論文にて特別賞を受賞、1989年にはスタンフォード大学教育学部博士過程に留学もしています。

歌手活動はもちろんのこと、ボランティア活動や働く女性の象徴として社会的な活動を精力的にこなされていました。

現在はユニセフ大使を経て、アジア親善大使を任されており、国際的に非常に重要な役割を担われていますね。

一方で、アグネスさんは過去にテレビで豪邸を披露していましたが、この豪邸がユニセフの義援金で建てられたという噂があります。

日本ユニセフとは、国際連合児童基金(ユニセフ)とは別の段階です。

日本ユニセフは寄付額の25%が活動費等国内事業に充てられているといわれており、この金が使用されたのではないと言われているのです。

しかし、経歴を振り返ると、アグネスさんの豪邸が建てられたのが1995年、日本ユニセフの協定大使の任命が1998年です。

時系列で考えるとアグネスさんが着服したという疑惑は明らかに不当な内容であることがわかりますね。

アグネス・チャンの息子はスタンフォード大学?

息子の国籍

アグネスさんは1986年に元マネジャーである金子力さんとご結婚をされています。

国籍は純日本人なのあ、在日の方なのかなどは定かにはなっていません。

韓国国籍の噂もありますが、外部はあまりに気にする必要はないとは思いますけどね。

アグネスさんには3人の息子さんがいらっしゃいますが、なんと、家族全員の国籍が異なります。

・アグネス・チャン:イギリス国籍
・金子力さん:日本or韓国国籍
・長男 金子和平(かねこ かずへい)さん:カナダ国籍
・次男 金子昇平(かねこ しょうへい)さん:アメリカ国籍
・三男 金子協平(かねこ きょうへい)さん:中国国籍

旦那さんある金子さんの国籍は不明ですが、息子さんの国籍は出産した場所が異なる関係で国際色豊かになっているようです。

アグネスさんご自身も生まれは中国ですが、現在の国籍はイギリスです。

グローバル化が進む昨では、あまり国籍は関係ないかもしれません。

スタンフォード大学に合格

びっくりすることはご家族の国籍だけではありません。

息子さん3人は全員、スタンフォード大学に合格をされています。

スタンフォード大学といえば、世界的にも有名であり、最高峰の大学です。

2018年の世界大学ランキングでは同率3位に輝いています。

2005年にはスティーブ・ジョブス氏、2014年にはビル・ゲイツ氏が卒業式でスピーチを行っており、超が付く高学歴の大学です。

余談ではありますが、学業では下記の7つの学部があります。

* Graduate School of Business(経営大学院)
* School of Earth Sciences(地球科学部・大学院)
* School of Education(教育学大学院)
* School of Engineering(工学部・大学院)
* School of Humanities and Sciences(人文・理学部・大学院)
* School of Law(法科大学院)
* School of Medicine(医科大学院)
※このうち、地球科学部、工学部、人文・理学部には学士課程がある。その他は大学院のみ。

アグネスさんの息子さんがどこの学部出身かは定かではありませんが、いずれにせよかスタフォード大学という世界屈指の大学に通われていることは間違いないのです!

また、さらに息子たちの経歴をさらに振り返ると、東京都港区にある西町インターナショナルスクールというところに通われていたそうです。

出身高校は校名は明らかにされていませんが、米カリフォルニア州にあるボーディングスクール(全寮制)でした。

アグネス・チャンの教育方針

勉強方法と教え方

アグネスさんには明確な教育方針があるようです。

それは、

「子供が自信を持って自分という人間を受け止める。その自信をつけるのが子育ての基本。そのためには比べない。競争するなら昨日の自分と今日の自分」

と、比較するのは他人ではなく、自分と話されています。

周囲と比べるのではなく、昨日の自分と比べることで常に成長を促すことを心がけられていたのでしょう。

確かに、積小偉大という言葉があるように、小さな積み重ねこそが大きな成果を生みますからね。

さらに、3つの教育方針があるようです。

 1つは「1歳半まではなるべく一緒に過ごす」。子供は1歳半までで歩いたり、言葉をしゃべったりなど人生で「初めて」の経験が数多くあることから「その時に励まして一緒に喜ぶのは大切」だと訴えた。

2つ目は「子供を子供扱いしない」。赤ちゃん言葉は使わず、大人に話しかけるようにしゃべることで「早め、早めに普通の言葉を理解できる。むしろ赤ちゃん言葉はいらないんじゃないか」とした。

また、大人の会話に入れることで効果的に言葉を覚え、分からない内容でも「どう思う?」と質問し、自分で物事を理解する訓練になるとした。

最後は「文字を愛する子供に」。絵本の読み聞かせはもちろん、読み終わった後、父親にストーリーを話してあげることで、理解力も培えると説明していた。

アグネスさん自身が頭が良いということもあり、しっかりとした教育方針で育たられたことで息子さんの才能も開花したのですね。

息子たちの現在の職業は?

3人の息子は海外でそれぞれ独立し、活躍をされています。

長男はアメリカで不動産系ベンチャー企業のCEO(最高経営責任者)を努めているようです。

次男は音響エンジニアとして活躍しながら、俳優デビューまでされています。

三男はスタンフォード大学4年性であり、これからの進路が気になりますね!

将来有望な方だと思うので、これからが非常に楽しみですね。

まとめ

今回は、

●アグネス・チャンのプロフィールと経歴

→歌手としてデビューを果たし、ユニセフ大使などを努めている

●アグネス・チャンの息子はスタンフォード大学

→3人の息子は全員、スタンフォード大学

●アグネス・チャンの教育方針

→子供の時から英才教育をしているが、自立心を伸ばす柔軟な方法

これらについてまとめました。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう