ドラマ、映画で大人気の「コンフィデンスマンJP」。

 
2019年5月17日に映画「ロマンス編」が公開、翌18日にSPドラマ「運勢編」が放送されます。

 
映画の次の日にSPドラマが放送されるケースはありませんね。

 
しかし、「コンフィデンスマンの世界」ではストーリーは独立していますが、各話でつながりや時系列があり、より深く楽しめる設定になっています。

 
今回はコンフィデンスマンJP【映画】ロマンス編と【SPドラマ】運勢編のつながりを深堀りしていきます。

コンフィデンスマンJP【映画】ロマンス編のあらすじ・ネタバレ

5月17日に公開された映画「ロマンス編」では、下記のあらすじになります。

 
ネタバレは予告に含まれている内容にとどめています。

 
映画から、5人目のコンフィデンスマン、モナコ(役:織田梨沙)が加わっています。

 
他にも、新しい主要登場人物して、ラン・リウ(役:竹内結子)、ジェシー(役:三浦春馬)が加わっています。

 
実は上記3名以外はドラマと変わっておらず、ドラマに登場した多くの人物がそのまま映画に出ています。

 
下記はあらすじと予告編で発表されているネタバレです。

 

華麗に大胆に人を騙し続ける百戦錬磨のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)、ダー子、ボクちゃん、リチャード、そして五十嵐。

次なるオサカナ(=ターゲット)は、香港マフィアの女帝で、その冷酷さから<氷姫>という異名を持つラン・リウ。

彼女が持つと言われている伝説のパープルダイヤを狙って、3人は香港へ。

ランに取り入ろうと様々な策を講じるが、なかなかエサに食いつかず苦戦する。

そんな中、天才詐欺師ジェシーが現れ、同じくランを狙っていることがわかる。

そして、以前ダー子たちに騙され恨みを持つ日本のヤクザ・赤星の影もちらつき始め、事態は予測不可能な展開に。

騙し騙されの三つ巴の戦いを制するのは誰なのか!?

コンフィデンスマンJP【SPドラマ】運勢編のあらすじ・ネタバレ

映画公開の翌日18日に放送されるSPドラマ「運勢編」。

 
すでに公表されているあらすじは下記になります。

 
今回のお魚ことターゲットは、北村一輝さん演じる阿久津晃。

 
しかし、ダー子の運勢が低下してしまい、過去ない失敗を繰り返してしまうようです・・・。

コンフィデンスマン=信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、宇宙に行きたいと切実に願うアプリ開発会社の社長・松崎(船越英一郎)を巧みにだまし、大金をせしめる。

だがボクちゃんは、「今回はまれにみるひどい作戦だった」とダー子を責め、詐欺師を辞めると言い出す。

いつもたまたまついているだけ、とボクちゃんから言われたダー子は、幸運の女神に守られている、と返すが……。

そんなダー子が、新たなターゲットとして狙いを定めたのは投資家の阿久津晃(北村一輝)。

阿久津は投資家とは名ばかりの闇金業者で、賭けポーカーの元締としても暗躍し、債務者をギャンブル漬けにするなど、卑劣な手口で稼ぐ危ない男だった。

ボクちゃんとリチャードは、相手が悪いと反対した。

しかしダー子が耳を貸すはずもなく、なかば強引にボクちゃんたちを巻き込むと、証券マンを装い、犯罪がらみの現金を洗浄するといって阿久津に接触する。

だが、ダー子たちの正体を見抜いていた阿久津に、用意した見せ金の5000万円をあっさり奪い取られてしまう。

リチャードの占いによれば、ダー子の運はこれから下がり続けるという。

ダー子は、占いなんて迷信だと証明する、といっていくつかのターゲットを狙ったものの、信じられないような不運が続き、連戦連敗してしまう。

それでも阿久津へのリベンジを諦めないダー子に呆れたボクちゃんとリチャードは、彼女の元を去ることに……。

ほどなくボクちゃんは、渡辺若葉(中山美穂)が社長を務める遺品整理会社『おもかげ』で働き始める。

一方、海辺の町でサーフィンを楽しんでいたリチャードは、夫を亡くし、ひとりで中華料理店を切り盛りする韮山波子(広末涼子)に心をひかれていた。

ダー子は、弟子のモナコ(織田梨沙)をボクちゃんとリチャードのもとへ送り、阿久津へのリベンジに協力を求めた。

しかし、ふたりから拒否されてしまったダー子は、五十嵐(小手伸也)とともに再び阿久津に挑むが……。

コンフィデンスマンJPロマンス編と運勢編のつながり・時系列

コンフィデンスマンJPは、ドラマ放送で各ストーリーがつながっていますが、実は時系列は全部バラバラです。

 
最終回(10話)が最後の話になる、という常識を大きく覆すドラマになっています。

 
はっきり確定している事実して、【ドラマ1話〜10話】→【映画-ロマンス編-】であることは間違いありません。

 
映画では5人目のコンフィデンスマン・モナコが加わっており、彼女が登場しないドラマは必然的に、映画前のストーリーになります。

 
ただ、ドラマSP【運勢編】が時系列でどこにつながってくるは非常に興味深いです。

 
公開・放送通りであれば、ロマンス編→運勢編、になります。

 
個人的には、ドラマ1〜10話とロマンス編の間に入るストーリーだと予想しています。

 
もっと厳密にいうと、ロマンス編で香港に飛び立つ前、に起きた出来事でないかと予想しています。

 
映画の公開翌日にそのネタバレになるようなドラマは通常、やらないでしょう。

 
また、映画では【1ヶ月】と時系列が飛んだシーンがありました。

 
モナコが仲間に入り、香港に入るまでの間のシーンです。

 
ダー子こと長澤まさみが「モナコも実践を多くこなした」旨のセリフを話しており、その実践の中に運勢編の信用詐欺があると予想しています。

 
【追記】
5月18日の放送開始直前、五十嵐が「映画の後」をしっかりと話していましたね。

 
つまり、ドラマ1話〜10話、ロマンス編、運勢編、という順番です。

 
そして、ロマンス編のエンドロールで登場した生瀬勝久さんが次のターゲットというのが、運勢編で明らかになりましたね。

 
順番を整理すると、ドラマ1話〜10話、ロマンス編(本編)、運勢編、ロマンス編(エンドロール後)、となります。

 
運勢編の作中に登場した小ネタもまとめています。サンシャイン長澤、涼宮日ハルヒ、ララランドなど、驚くようなネタが満載です!

まとめ

今回は、

 
●コンフィデンスマンJP【映画】ロマンス編のあらすじ・ネタバレ
 
●コンフィデンスマンJP【SPドラマ】運勢編のあらすじ・ネタバレ
 
●コンフィデンスマンJPロマンス編と運勢編のつながり・時系列

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう