『るろうに剣心』の闇乃武のリーダー・辰巳の強さと結末を解説します。

映画では、北村一輝が辰巳を演じていますが、映画の内容もネタバレでまとめています。

るろうに剣心の辰巳とは?

はじめに、『るろうに剣心』の闇乃武のリーダー・辰巳の人物像を解説します。

闇乃武のリーダー

辰巳は、リーダーとして闇乃武という組織を率いています。

闇乃武とは幕府直属の暗殺集団で、幕末では東の御庭番衆、西の闇乃武と棲み分けされたほどの集団でした。

闇乃武は辰巳以外には、村上、中条、角田に加え、後に縁に協力する八ツ目無名異も刺客として参画しています。

5人全員が黒の闇装束のような忍者服を着ていて、普段から光の当たらない闇の戦闘集団であることがわかります。

戦い方も正当な剣術というよりも、磁場が強い魔の森「結界の森」で鍛錬を積んだことで、相手の動きを封じなら仕留めていくという手法が得意です。

巴を利用する

闇乃武は当初、巴をバックアップする組織として物語に登場します。

巴は許嫁を剣心に殺されて復讐心に溢れていたため、闇乃武のリーダー・辰巳が巴に"剣心に近づいて弱点を探ってこい"と指示を出します。

しかし、辰巳は巴に弱点を探らせる一方で、巴と剣心が恋仲となった段階で、巴を拐う計画を企てました。

辰巳は巴との会話で真相を明かしています。

巴「では弱点を探るというのは仮の目的で、本来の目的は…」

巴(私を彼の「弱点」として仕立て上げること)

辰巳「無いかもしれぬ弱点に期待するより いっそこちらで弱点をつくってしまう方がより確実というもの

弱点がない剣心でしたが、結果的に妻の巴が弱点になってしまい、辰巳はその弱みを上手く利用して剣心を誘き寄せることに成功します。

剣心との戦い

闇乃武のリーダー・辰巳は、巴を人質にとり、剣心との戦いを実現させます。

辰巳単体での強さもそこそこあるだけでなく、闇乃武メンバーとのコンビネーションで剣心を追い詰めることに成功しています。

闇乃武メンバーが人結界になることで剣心を追い詰め、視覚・聴覚・直感を奪うことに成功します。

・「結界の森」の効果:直感を奪う
・中条:聴覚を奪う
・角田:視覚を奪う

辰巳自らのことを「老獪」と言っていますが、確かに戦術的にはギリギリまで剣心を追い詰めているため、戦闘経験が豊富であることが間違いありません。

辰巳は剣心を倒せるあと一歩まで迫りますが、結果的には剣心に敗れて死亡してしまうのです。

るろうに剣心の辰巳の強さ

続いて、闇乃武のリーダー・辰巳の強さを考察します。

強さランキング

辰巳は剣心の抜刀斎時代の相手ということもあり、敵役の中での時系列が少し異なるため、強さを測りにくい存在です。

考察する前に、るろうに剣心の強さランキングをまとめたサイトがあるので、そちらを参考にしてみましょう。

サイト名サイトテーマ順位
Aidoly
ファン向けエンタメ情報サイトランク外(トップ42)
COMIC MATE漫画・アニメの総合情報サイト27位(トップ30)
RANK1プロが紹介するランキングサイト26位(トップ40)
3つのサイトのランクで、1サイトだけ「ランク外」でしたが、残る2つのサイトでは26位、27位でランクインしています。

キャラクター同士が戦うシーンが少ないため、主観の要素は一定入ると思いますが、概ね20代半ばであることは間違いありません。

強さを考察

辰巳の強さの指標の1つとして、戌亥番神の師匠であることがあげられます。

ただ、戌亥番神は辰巳を「負け犬」と発言をしているため、純粋は実力では「戌亥番神>辰巳」だと考えられます。

とはいえ、辰巳自身も剣心を追い詰めた実績から、そこまで弱くないとも考えられるので、21位〜25位のどこかにはランクインするのかなと思われます。

筆者が考える、るろうに剣心のトップ25は下記です。(原作の登場人物に限るランキングです)

1位:比古清十郎(ひこせいじゅうろう)
2位:緋村剣心(ひむらけんしん)
3位:志々雄真実(ししおまこと)
4位:雪代縁(ゆきしろえにし)
5位:瀬田宗次郎(せたそうじろう)
6位:斎藤一(さいとうはじめ)
7位:四乃森蒼紫(しのもりあおし)
8位:魚沼宇水(うおぬまうすい)
9位:鵜堂刃衛(うどうじんえ)
10位:外印(げいん)
11位:相楽左之助(さがらさのすけ)
12位:悠久山安慈(ゆうきゅうざんあんじ)
13位:不二(ふじ)
14位:八ツ目(やつめ)
15位:明神弥彦 (みょうじんやひこ)
16位:四星(四神)
17位:鯨波兵庫(くじらなみひょうご)
18位:柏崎念至(かしわざきねんじ)
19位:夷腕坊(いわんぼう)
20位:戌亥番神(いぬいばんじん)
21位:辰巳(たつみ)
22位:般若(はんにゃ)
23位:沢下条張(さわげじょうちょう)
24位:月岡克浩(つきおかかつひろ)
25位:劣角(せんかく)

上記の記載の通り、辰巳の強さは作中21位としました。闇乃武のメンバーは描写が少ないのでランク入りは割愛させています。

また、四星も本来は4人で強さを分けるべきですが、メンバー間での強さに違いはないため「四星」としてランクインさせました。

辰巳は剣心を追い詰めましたが、それは闇乃武のメンバーと共同した結果であるため、個人の強さはでは戌亥番神以下だと思われます。

一方で、幕末で戦闘していた戦歴や経験も踏まえて21位という位置付けにしました。

般若や沢下条張も弱くはないですが、人斬りを辞めた剣心に敗れていることを考えると、やや辰巳の方が優勢でしょう。

辰巳の強さについは、もし四星を4人でランク分けするとそのまま順位が下がるため、やはり他サイト同様に25位前後の強さのキャラクターと考えて間違いないでしょう。

るろ剣【映画】北村一輝の結末をネタバレ

闇乃武のリーダー・辰巳は映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』でも登場します。

演じるのは北村一輝です。辰巳の傲慢でちょっとニヒルな雰囲気にぴったりの配役といえるでしょう。

北村一輝が演じる辰巳も原作同様、剣心に敗れて死亡する運命にありました。

映画の人物像

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』での辰巳は原作に忠実に描かれています。

演じるのが北村一輝のため、見る人によっては「カッコ良すぎる」と感じるかもしれませんが、演出的には全く問題ありません。(原作の辰巳の見た目はもうちょっとオジサンです)

巴を利用して剣心を誘き寄せ、巧みな戦術で追い詰めていく様は原作に忠実です。

違いをあげるとすれば、原作ではメリケンサックのような装備を付け拳のみで戦うのに対し、映画では刀を使って戦っている点です。

映画で刀を使った理由は明らかになっていませんが、殺陣の間合いや演出的な要素でそうなったのでしょう。

また、映画では自身を含めた闇乃武が、徳川幕府を維持するために戦っていると宣言したことも違いといえるでしょう。

原作とアニメではそのような描写はなく、あくまでも剣心を倒すという目線で戦いを挑んでいました。

映画では視点が広がり、幕府軍として戦う大義名分が非常に伝わってくるため、ただの悪役とは違いました。

辰巳には辰巳で、幕府側の政治をこれからも継続させるという意思を明確に持っており、ただの戦闘マシーンではないことは明らかでした。

原作・アニメの人物像

辰巳は原作とアニメでは若干描かれ方が異なっています。

原作では暗殺集団のリーダーとして、かなり卑劣な手を使っても剣心を殺そうと躍起になります。

巴が剣心と恋仲になったとみるや、すぐに巴を誘拐するあたりに非情な性格が滲みでています。

一方で、アニメでは巴の気持ちも理解している節があり、巴が自殺を試みたところをたしなめるシーンがあります。

アニメ版の方が顔つきも若干優しくなっており、悪役という側面よりかは幕府側の人間として剣心を狙う側面が強いです。

 

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の原作の違いについては下記に詳しくまとめています。

まとめ

今回は、

●るろうに剣心の辰巳とは?

●るろうに剣心の辰巳の強さ

●るろ剣【映画】北村一輝の結末をネタバレ

これらについてまとめました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう