ダイの大冒険ヴェルザー(冥竜王)の強さは?バランやバーンより弱いかを考察

ダイの大冒険に登場する冥竜王、ヴェルザー。

物語では、大魔王バーンと魔界の覇権をめぐり争った"最強クラスのキャラクター"と描かれています。

今回は、ダイの大冒険に登場するヴェルザーの強さについて考察して行きます。

バランやバーンとの強さについても比較していきます。

ダイの大冒険ヴェルザー(冥竜王)の強さは?

ダイの大冒険に登場する冥竜王、ヴェルザーの強さについて深掘りしていきます。

強さを考察するにあたり、物語上のヴェルザーの位置づけから確認していきましょう。

ヴェルザーはかつて、大魔王バーンと魔界の覇権を争った存在でした、

ヴァルザーはバーンやハドラーのように人型ではなく、完全に竜の姿をしているのも大きな特徴です。

かつてバーンと争った存在であることを考慮するれば、相当な手練れであることは間違いありません。

ヴェルザーとバーンについては戦いで決着をつけた訳ではなく、あくまでも協定という形で終戦をしています。

そして、終戦後は結果的にヴェルザーはバーンの部下になっています。

しかし、ヴェルザーとバーンの考え方は全く異なっており、

・ヴェルザー : 地上を支配したい
・バーン : 地上を消し飛ばして新しい世界をつくりたい

という思想です。

そのため、協定こそ結んだものの、ヴェルザーはバーンを疑っており、キル・バーンを監視役として派遣しています。

キル・バーンがヴェルザーの手下であることは物語の最後で明らかにされていますね。

ただ、ダイの大冒険ではヴェルザーは登場しておりません。

ヴェルザーはダイの大冒険の世界ではすでにバランの手にとって封印されており、漫画ではバランの回想シーンに少しだけ登場しています。

ヴェルザーとバランが戦った理由については後述します。

時系列が少し曖昧なってしまいましたが、整理とすると下記の順番です。

・ヴェルザーは魔界最強クラスとしてバーンと覇権を争う

・しかし、ヴェルザーはバーンと協定を結ぶことで表向きは終戦する

・その代わりヴェルザーはキル・バーンを派遣する

・ヴェルザーはバランと決闘するも、破れて封印される

・ダイの大冒険の世界がスタート
→ダイがアバン先生と出会った時には、ヴェルザーは封印されている

さて、ここまで記載すると、ヴェルザーの強さはダイの大冒険の中でもトップクラスに強い存在であることは明らかですね。

では、続いてどのくらいの強さなのか、具体的には何番目に強いのかについては次の項目から記載していきます。

ダイの大冒険ヴェルザーはバランより弱い?

先ほども少し記載しましたが、ヴェルザーはかつてバランを戦いをしています。

結果を先に述べると、ヴェルザーはバランに封印をされています。

なぜ、「封印」なのかというと、ヴェルザーは不死身の魂を持っており、死んでも蘇生することが可能です。

つまり、ヴェルザーにとっては死は意味をなさず、生きたまま封印をすることが唯一、勝つ方法でした。

バランは戦闘能力だけでなく、冷静な判断を持ち合わせているため、見事、ヴェルザーの退治に成功します。

ヴェルザーがバランを戦った理由は、バーンの部下として表向きは大人しくしていたヴェルザーが水面下で魔界制圧を企んでおり、その行動をバランに見破られたからでした。

当日のバランは魔界の中では割と正統派の人間であり、暗躍を仕掛けたヴェルザーを退治した経緯があります。

ちなみに、その時にヴェルザーは「黒の結核」を使用し、大陸を吹っ飛ばしています。

この「黒の結核」はキル・バーンの頭にも埋め込まれていた爆弾であり、物語の最後の最後でダイを追い詰めました。

さて、ここまでくればヴェルザーとバランの強さの比較については大方の予想ができるでしょう。

なにせ直接対決をして、ヴェルザーはバランに封印をされているのであれば、必然的にヴェルザーはバランよりは弱いことになりますね。

ダイの大冒険ヴェルザーはバーンより弱い?

続いて、ヴェルザーと大魔王バーンの強さについて比較をしていきます。

ダイの大冒険については、2人のバーンが存在しますね。

一人は物語の大半で登場していた頭脳だけを残した大魔王バーン、そして、もう一人はミスト・バーンと合体をした真・大魔王バーンです。

そして、結論から述べると、

・ヴェルザー 〉 大魔王バーン
・ヴェルザー 〈 真・大魔王バーン

でしょう。

大魔王バーンは魔力こそ最強ですが、肉体は明らかに衰えているため、ドラゴンであるヴェルザーに分があるはずです。

しかし、ミスト・バーンと合体した真・大魔王バーンであれば話は別です。

先ほど、ヴェルザーはバランに事実上破れており、そのバランより強い真・大魔王バーンには勝てないと推測するのが妥当です。

つまり、ここまで登場したキャラクターを整理すると、

①真・大魔王バーン
②バラン
③ヴェルザー
④大魔王バーン

という順番で強いことがわかります。

ただし、物語全体を通して考えるとダイが最強であることは間違いないため、ヴェルザーは物語で4番目の強さと考えるのが良いでしょう。

バランが全力で戦ったということを考慮すれば、ポップ、ハドラー、ヒュンケルでは太刀打ちできない相手だとも考えることができますね。

少し余談ですが、ダイの大冒険の続編として「ヴェルザー編」も構想に上がっていたそうです。

これは、最後にダイが黒の結晶を抱えたまま魔界にとび、そのままヴェルザーを退治していくという設定だったようです。

もちろん、実際には漫画化をされていないため、あくまでも噂レベルの話ですね。

まとめ

今回は、

●ダイの大冒険ヴェルザー(冥竜王)の強さは?

→かつてはバーンと覇権を争った存在であり、作中でも最強クラス

●ダイの大冒険ヴェルザーはバランより弱い?

→ヴェルザーはバランに封印されており、バランより弱い

●ダイの大冒険ヴェルザーはバーンより弱い?

→ミストバーンと一体化した真・大魔王バーンよりは弱い

これらについてまとめました。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう