『蜘蛛ですが、なにか?』のマザーの正体をネタバレで解説します。マザーの正体、強さ・ステータス、スキルを深掘りした後、主人公との戦いの結末もまとめました。

【蜘蛛ですが、なにか?】マザーの正体をネタバレ

『蜘蛛ですが、なにか?』のマザーの正体を、ネタバレ含めて解説します。

正体は魔王アリエルの分身

マザーの正体は、魔王アリエルの直接の分身です。言葉を変えれば「眷属」とも呼べるでしょう。

魔王自らが生み出した、全世界に5匹しか存在しないクイーンタラテクトの1匹です。魔王の分身であるため、ステータスも非常に高く、戦闘力も半端ない強さです。

クイーンタラテクトは、それぞれが各エリアの魔物の頂点に君臨しています。全5匹のため、異世界ではマザー以外のクイーンタラテクトは4匹存在していますが、作中では登場しません。

マザーは魔王アリエルの分身であるため、直接、アリエルとコンタクをとることができます。マザーが主人公・蜘蛛子と対戦して攻撃を受け続けた際、危機に陥ったことをアリエルに伝えていました。

マザーの役割は?

マザーは、エルロー大迷宮内の全タラテクト種の親となる存在です。スキル「眷属支配」により、ピラミッド構造の頂点に君臨しています。

転生した主人公の産みの親でもありますが、親子の感情は一切ありません。マザーは自ら産んだスモールレッサータラテクトを餌として食し、支配を優先して存在する不気味な存在でもあります。

マザーの初登場

マザーの初登場は、主人公はスモールレッサータラテクトとして転生した直後でした。主人公の前でいきなり、子供として産んだスモールレッサータラテクトを食べています。

読者はかなり衝撃的なシーンだったのではないでしょうか。主人公もなぜかこの段階で「マザー」と認識していますね。

マザーと主人公が大きく交わるのは、地龍アラバを倒した後です。主人子がエルロー大迷宮内を抜け出し、地上に出たこと察したマザーは、ブレスで出入り口ごと吹き飛ばし、主人公の前に登場しています。

以降、マザーと主人公の戦いが始まり、途中からアリエルが参戦します。

魔王アリエルとは?


少しだけ、マザーを生み出したあアリエルについても解説します。アリエルは「最古の神獣」と呼ばれる「魔王」です。登場時には「始祖の蜘蛛、蜘蛛族の頂点!!」と説明されていました。

少女の容姿ですが、本来は蜘蛛であり、異世界で存在する蜘蛛の魔物の出生を遡ると全てアリエルにたどり着きます。

クイーンタラテクトを分身としていた理由は、自らの本質が蜘蛛だからです。

マザーとの一戦から主人公とは対立していましたが、ともに時間を過ごすことで深い友情が芽生え、最後は主人公とアリエルがタッグを組んで活動を進めていきます。

【蜘蛛ですが、なにか?】マザーの強さ・スキル


『蜘蛛ですが、なにか?』のマザーの強さを解説します。異世界での強さは、ステータスで表されるので、早速チェックしていきましょう。

ステータス

能力が全て2万以上という圧倒的な数値です。主人公が捨て身で勝利した地龍アラバの5倍(5体分)以上の強さを誇っています。

ステータス数値
HP24,557
MP22,301
23,991
SP23,097
攻撃24,439
防御20,286
魔法21,977
抵抗力21,946
速度24,400

スキル

マザーのスキルは全部で91個あり、そのうち41個がレベル10と凄まじいです。

スキルの中で特筆すべきは下記2つでしょう。

・眷属支配
・神織糸

「眷属支配」は自らが産んだ蜘蛛の魔物を操り、命令することができるスキルです。マザーの「眷属支配」はレベル10とかなり強力であり、主人公の「畏怖効果」を無視してスモールレッサータラテクトが襲いかかっていました。

コンビ技ではないですが、スモールレッサータラテクトはレベル10のスキル「産卵」でほぼ無限に増やすことができます。「産卵」→「眷属支配」により、自らの手を下すことなく、遠隔で相手にダメージを与えることができます。

マザーは人形も増やすことができるため、支配的に周囲に強者を集め、相手を追い込んでいきます。

「神織糸」は糸の色や質感を自由に変えることができます。これは直接的な攻撃以外にも、トラップを仕掛けることができます。

主人公も「神織糸」には手を焼いていて、下記のように嘆いていました。

あれか〜色とか変わる程度じゃポイントもったいなくて取得しなかったけど(どうせ進化するし・・・)
いざ、使われるとトラップとの相性がエグすぎる!!

それでは、マザーの全91個のスキルをご覧ください。

スキルレベル
HP超速回復レベル4
MP高速回復レベル10
MP消費大緩和レベル10
魔神法レベル3
魔力付与レベル5
大魔力撃レベル1
SP高速回復レベル10
SP消費大緩和レベル10
破壊大強化レベル5
打撃大強化レベル6
斬撃大強化レベル3
貫通大強化レベル5
衝撃大強化レベル5
状態異常大強化レベル10
闘神法レベル9
気力付与レベル10
技能付与レベル10
大気力撃レベル3
神龍力レベル6
龍結界レベル6
猛毒攻撃レベル10
強麻痺攻撃レベル10
外道攻撃レベル7
毒合成レベル10
薬合成レベル10
糸の天才レベル10
神織糸
操糸レベル10
念力レベル3
投擲レベル10
射出レベル10
空間機動レベル10
脊属支配レベル10
産卵レベル10
集中レベル10
思考加速レベル9
未来視レベル3
並列思考レベル9
高速演算レベル10
思考加速レベル9
回避レベル10
確率大補正レベル10
隠密レベル10
隠蔽レベル10
無音レベル10
無臭レベル10
帝王レベル10
外道魔法レベル10
影魔法レベル10
闇魔法レベル10
暗黒魔法レベル4
毒魔法レベル10
治療魔法レベル10
魔王レベル5
飽食レベル10
破壊大耐性レベル4
打撃無効-
斬撃大耐性レベル4
貫通大耐性レベル4
衝撃大耐性レベル4
火炎耐性レベル2
水流耐性レベル1
暴風耐性レベル1
大地耐性レベル2
雷光耐性レベル1
光耐性レベル9
暗黒耐性レベル4
重大耐性レベル1
状態異常無効-
酸耐性レベル3
腐蝕耐性レベル8
気絶耐性レベル5
恐怖耐性レベル8
外道耐性レベル9
苦痛無効-
痛覚無効-
暗視レベル10
万里眼レベル1
五感大強化レベル10
知覚領域拡張レベル8
神性領域拡張レベル2
天命レベル10
天魔レベル10
天動レベル10
富天レベル10
剛毅レベル10
城塞レベル10
天道レベル10
天守レベル10
韋駄天レベル10
禁忌レベル10

称号

マザーが持つ称号は17個です。

血縁喰ライ
悪食
毒術死
魔物殺し
糸使い
暗殺者
人族殺し
無慈悲
魔物の殺戮者
竜殺し
龍殺し
覇者
魔物の天災

人族の殺戮者
竜の殺戮者
人族の天災

【蜘蛛ですが、なにか?】マザーの強さを考察

続いて、『蜘蛛ですが、なにか?』のマザーの強さを考察していきます。

マザーは推定で全高30mを超える巨大な蜘蛛です。ステータスは平均で2万台と、地龍アラバの5倍の強さです。

レベル10のスキルを多数保有していますが、ブレスの破壊力は半端ではありません。

ブレスはエルロー大迷宮を地下から地上まで一気に破壊するほどの威力であり、過去の戦いでは火龍軍を一撃で葬り去っています。

また、攻撃力の高さに加えて、「眷属支配」や「神織糸」など遠隔的な攻撃も多彩に繰り出します。

床一面に糸の罠を張るなど高い知能も持ち合わせていて、戦闘においてはバランスが取れている魔物でしょう。

どんなに追い込まれてもギリギリまで主人公を倒そうと策を練るなど精神的にも強く、アリエルの直接の分身として遺憾無く強さを発揮しています。

【蜘蛛ですが、なにか?】マザーと主人公の戦いの結末

最『蜘蛛ですが、なにか?』、マザーと主人公の戦いの結末をネタバレ解説します。

地上での戦い

マザーは「眷属支配」により主人公に干渉してきますが、主人公はその精神的な繋がりを利用して「並列意思」を使ったため、マザーは精神攻撃を受けてしまいます。

精神攻撃を受けているマザーを横目に、主人公はエルロー大迷宮からの脱出に成功します。しかし、主人公を逃がすまいとマザーがブレスでエルロー大迷宮の入り口をぶっ壊して、地上に現れます。

直接対決では勝てない主人公は判断して、再びエルロー大迷宮に戻ります。今後はそこでマザーの「眷属支配」を受けた魔物を戦いますが、なんとか切り抜けます。

、「並列意思」で弱体化

主人公はその後、「並列意思」でマザーを弱体化させること、その間に「眷属支配」を受けた魔物を減らすことを決意します。

しかし、マザーからコンタクトを受けたアリエルが登場し、主人公を瞬殺します。主人公はスキル「不死」のお陰でなんとか助かり、再び「並列意思」でマザーを弱体化させていきます。

そして、しばらくして弱体化したマザーと主人公の戦いがスタートします。

主人公は最初、マザーの罠やブレス、糸攻撃に大苦戦します。しかし、精神攻撃をしていた「並列意思」が戻り、弱体化していたマザーのステータスを吸収することができたため、見事勝利をおさめます。

主人公の中期的な取り組みが、マザーに徐々にダメージを与えていて、最後にそれが花開いたといっても良いでしょう。

まとめ

今回は、

●【蜘蛛ですが、なにか?】マザーの正体をネタバレ

●【蜘蛛ですが、なにか?】マザーの強さ・スキル

●【蜘蛛ですが、なにか?】マザーの強さを考察

●【蜘蛛ですが、なにか?】マザーと主人公の戦いの結末

これらについてまとめました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう